福岡県久留米市初のご当地お芋スイーツの専門店 「Oyatsuimo Yotsuya」が12月15日にグランドオープン

2020.12.30

九州産紅はるかを使ったいきなり団子や、焼き芋、おいもモンブランなど、熟成させて自然の甘さを引き出したお芋を使った、スイーツを販売いたします。さつまいもも、季節に合わせて品種を変えながら「旬」を楽しみ、食べる「瞬」間が幸せであふれるような商品をお届けいたします。

美味しい旬と瞬を味わう「Oyatsuimo Yotsuya」

「Oyatsuimo Yotsuya」は、福岡県久留米市にて株式会社かがし屋がオープンするお芋スイーツ専門店です。

“さつまいも”は昔より日本で長く愛され続けた食品で、栄養価も高く、食物繊維やビタミンCなど多くの栄養素があり、準完全食品ともいわれます。そんなさつまいもの魅力を発信するお店として、地域の方・観光で来られた方に、美味しいさつまいもを食べていただきたいという想いでお芋スイーツ専門店「Oyatsuimo Yotsuya」をオープンしました。

目玉商品のいきなり団子から焼き芋、お芋を使ったモンブランまで、和から洋までのスイーツを取りそろえて販売いたします。

こだわりスイーツは、こだわりのお芋から

「Oyatsuimo Yotsuya」の目玉商品のいきなり団子は九州産の“紅はるか”を使用しています。“紅はるか”は、糖度が高く、ビタミンCと食物繊維をはじめとした栄養素を多く含んでいます。

また、甘さが強くても、後味がすっきりと上品で、焼きたても冷めてもおいしいお芋です。いきなり団子に入れるために、餡の甘さに負けない甘さがあり、冷たくても美味しいお芋を探し、紅はるかを使用することを決めました。

また、当店で使うさつまいもは、栽培後に冷暗所で2か月以上熟成させ、さらに甘さが増したものを使用しています。焼き芋や冷やし芋などのお芋をダイレクトに楽しむ商品は、季節に合わせて、最適なさつまいもの品種を選んで提供しております。

お芋本来の自然な甘さを楽しむために、お芋に最もこだわること。これがOyatsuimo Yotsuyaの目指したスイーツづくりです。

職人が心を込めて手作りでお届け

さつまいもが自然素材で繊細であるが故に、当店のスイーツづくりには職人の手が欠かせません。いきなり団子を包む強さ、他の食材との調合の微調整など、職人が一つ一つ手作りでお芋スイーツを作っています。
日々お芋と向き合う職人の五感と徹底的にこだわった素材が最上級のお芋スイーツを作り出します。

商品紹介

・いきなり団子 120円(プレーン)150円(よもぎ・紫いも・いもあん)(税別)
モチモチの生地に蒸した事でしっとり甘くなった芋に甘さ控えめの餡を包んだ事でそれぞれの味を引き立てるお団子となっております。さつまいもと飴を生地で包み、職人が丁寧に蒸して出来上がるいきなり団子はお芋本来の美味しさを十分に引き出します。
「Oyatsuimo Yotsuya」のいきなり団子は、「プレーン」のほかに、「よもぎ」「紫いも」「いもあん」の4つのフレーバーを用意しています。お好みのお味を是非お楽しみください。

・焼き芋 160円/100g(税別)
焼き芋は、さつまいもの品種・サイズによって焼き時間、温度を変え、さつまいもの甘さを最大限引き出せるよう、一つ一つ丁寧に確認しながらじっくり低温度で焼いたものを提供しております。また、紅はるか、シルクスイートをはじめ、季節によって最適なお芋を使用した焼き芋をご提供いたします。

・冷し焼き芋 160円/100g(税別)
冷し焼き芋とは焼き芋を冷ますことによってできる商品です。焼き芋を冷ますことで、余分な水分が飛んで甘みが凝縮し、しっとりと舌に絡まりつくお芋の甘さを楽しむことができます。出来立ての焼き芋では出せない甘みをお楽しみください。

・おいもモンブラン 350円(税別)
モンブランにして、お芋本来の旨味が直接感じられる商品です。モンブランペ―ストは、さつまいもにバターを練り込んだものを使用し、香り高く仕上げています。また、ベースにはしっとりとした食感のダックワーズ、クリームの中にはダイスカットした大学芋を入れることで、全体の異なる食感や甘みのバランスが楽しめるスイーツに仕上がっております。

・おいもプリン 300円(税別)
新鮮なお芋と生クリーム、バニラペーストで作るプリンです。食べると口いっぱいにプリンのとろりとなめらかなくちどけが広がり、お芋の本来の甘さがより濃厚に、よりダイレクトに感じることができるスイーツです。昔から愛されてきた、さつまいもとプリンを掛け合わせた、ここだけのプリンです。また、凍らせる事で違った味わいを楽しめる事も出来ます。

・いきなりサンド/いもくりサンド 350円(税別)
いきなり団子がサンドイッチになった、当店だけのお芋スイーツです。食パン専門店「食ぱん四二八」のフルーツサンド専用食パンに、焼き芋と餡子、生クリームをサンド。生クリームと餡子の組み合わせも絶妙な、より気軽にお召し上がりいただける商品に仕上がっています。栗の渋皮煮が餡子の代わりに入り季節感のあふれる、いもくりサンドもご用意しております。

今後の展望

お芋スイーツ専門店「Oyatsuimo Yotsuya」は、さつまいもの素材を活かした商品展開を進めるとともに老若男女問わず愛されるお店として日々美味しいお芋スイーツを提供していきます。季節に合わせた新商品の投入や、観光地への出店も検討しております。

>公式ホームページ
>Instagram
>Facebook
>Twitter

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ