客室内で完成・完結、お持ち帰りできる地域色豊かな体験~「界のご当地おこもりグッズ」提供開始

2021.01.20

全国に展開する星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、2021年1月12日より、全施設で「界のご当地おこもりグッズ」の提供を開始しました。感染拡防止を万全にしながら、それでもワクワク感や新鮮な発見がある旅を楽しんでいただきたい、そんな思いから地域の伝統工芸品や文化にちなんだプログラムを、客室でご自身だけで完成・完結できる体験を用意します。

プライベート空間である客室で、土地ごとの個性や地域色が味わえるオリジナルグッズとともに、充実した客室時間が過ごせます。旅から帰った後も、飾ったり、身に着けたりできる物や、自宅で継続したくなる内容となっており、旅の余韻を持ち帰って楽しめるのも特徴です。

3密を避け、マスク着用・小まめなうがいと手洗い・消毒を励行し、ソーシャルディスタンスや換気に注意するといった、周到な対策を行った旅が求められています。そのため、いつもなら楽しんでいるはずの旅のあれやこれやを、どこか我慢してしまう今。やっとの思いで旅に出たゲストに、地域の温かみが伝わるグッズでおもてなししたいという、スタッフの思いから、プロジェクトがスタートしました。

感染症対策のポイントを踏まえ、あたらしい温泉旅館での楽しみ方を提案すべく、客室内で完結できる地域色豊かな体験プログラム「界のご当地おこもりグッズ」の考案にいたりました。近距離旅として注目される「マイクロツーリズム」も意識し、地元や近隣にお住まいの方にも、よく知っているようで、初めて出会うような驚きがあるよう工夫しています。

特徴

1 客室でゲストだけで楽しめる
2 ご当地の伝統工芸、文化、自然素材に触れ、造って楽しんだり、学べたり、癒されたりする
3 マイクロツーリズムニーズに対応し、地元・近隣地からのゲストにとっても初めて出会うような
驚きがある
4 完成品を持ち帰れる物、自宅で継続したくなる内容で、旅が終わった後も余韻を味わえる
*マイクロツーリズムとは?:3密を避けながら地元や近場で過ごす旅のスタイルのこと。自宅から1〜2時間程の移動圏内で、安心、安全に過ごしながら、地域の魅力を再発見できる旅としてコロナ期に注目されている。
界のご当地おこもりグッズ一覧
*DATAは、料金(税込)/所要時間 を記載しています。

界 津軽 「こぎん刺しキット」

美しいシンメトリーな模様がモダンにアレンジできると人気の青森の伝統工芸「津軽こぎん刺し」。界 津軽では、滞在中に好きなだけ刺繍体験ができる貸出キットを用意します。
1,500円/1時間程度

界 伊東「消しゴムはんこ作り」

地元静岡在住の消しゴムはんこ作家、津久井智子氏監修の「消しゴムはんこ作り」セットを用意します。彫刻刀を使って、はんこを作ります。津久井氏作成の「花はんこ」もお手本に貸し出します。
2,200円/30分程度

界 日光「鹿沼組子アクセサリー作り」

江戸時代、日光東照宮の木工職人から生み出されたという「鹿沼組子」。接着剤を使わず、木を組み合わせて作るのが特徴です。界 日光では4色の組子を使いアクセサリーを作りながら、技法の体験ができます。
2,000円/15分程度

界 箱根「寄木細工コースター作り」

標高の高低差がある箱根の山は、多種多様な木材がとれ、木の色味や木目を活かした寄木細工が盛んな地。界 箱根では、客室で天然の木の色をつないで世界にひとつだけのコースターを作れます。
1,320円/30分程度

界 仙石原「温泉パレット」で入浴しながらお絵描き

客室の露天風呂に浸かりながら風景画を描くことができる「温泉パレット」セットを設置します。湯に浸かり、誰も見ていないリラックスした状態で絵を描くという、非日常な体験ができます。
5,500円/終日

界 アンジン「豆船作り」

伊東は日本で初めて西洋式帆船が作られた土地。その帆船を手掛けたのが、界 アンジンの宿名の由来でもある、三浦按針です。彼の手がけた船をモチーフとした豆船のモビールを、海を眺めながら作れます。
3,240円/30分程度

界 鬼怒川「黒羽藍染がまぐち作り」

栃木県の民藝品「黒羽藍染」でがまぐちポーチを作るキットを用意します。伝統技法による手染めの布は、どれも味わい深い藍色。好きな柄を選ぶのも楽しみの一つです。
2,000円/1時間程度

界 遠州「茶香炉セットでcharoma(ちゃろま)」

お茶の香りにはリラックス効果があるといわれています。界 遠州の館内でも使用しているお茶のアロマ「茶香炉」を客室にて貸し出し、お茶の香りでお部屋をいっぱいにして過ごすことができます。
無料/終日

界 アルプス「柳沢京子氏 切り絵体験セット」

信州の切り絵作家、柳沢京子さんのデザインの下絵を、切り絵用のはさみで切りぬく体験ができるセットを用意します。切った後は色鉛筆で色をつけ、額に入れて持ち帰ることができます。
1,300円/1時間半程度

界 松本「旅館でワイナリー巡りセット」

地元塩尻の「NAGANOワイン」を、作り手のこだわりが聴けるオンライン動画を視聴しながら、テイスティングできます(ノンアルコールもあり)。オリジナルのワインガイドブックも読みごたえがあります。
1,000~2,000円/30~1時間程度

界 加賀「加賀水引のアクセサリー作り」

美しく華やかな結納飾りの「加賀水引」。いくつもの紐を丁寧に結んでアクセサリーを作る体験セットを用意します。根気のいる作業ですが、時間を忘れて没頭でき、完成した時には達成感が得られる体験です。
2,500円/30~1時間程度

界 出雲「和菓子作り体験セット」

界 出雲のある松江市は京都、金沢に並ぶ「日本3大和菓子処」のひとつ。そこで、客室に、和菓子が手作りできる体験セットとお抹茶を用意します。松江の城下町文化を部屋にいながら味わうことができます。
1,000円/30分程度

界 長門「徳地和紙アクセサリー作り」

客室のベッドボードに使われている徳地和紙で、ブローチもしくはヘアアクセサリーを手作りできる体験セットを用意します。徳地和紙の風合いや肌触りを感じながら、楽しい手作り時間を過ごせます。
ブローチ1,800円・ヘアアクセサリー2,500円/1時間

界 阿蘇「炭酸洗顔、入浴セット」

天然炭酸水でさっぱりとお肌のお手入れをする体験セットを用意します。セットには炭酸水と地元手作り石鹸2種(牛乳石鹸「あわゆき」・地酒石鹸「れいざん」)。洗顔と入浴をじっくり楽しめます。
2,000円/終日

界 川治「竹細工コースター」

良質な竹が採れることで有名な大田原は伝統的竹芸作家が日本で一番多いエリア。里山の自然素材から伝わってくる温かみを感じながら竹を編む体験ができます。
2,000円/1時間程度
「界のご当地おこもりグッズ」概要
期間    :2021年1月12日~7月16日
グッズの予約:事前予約不要・当日貸出数限り
料金    :施設ごとに設定あり

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・食事処入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化および混雑予測サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・半個室での食事処にて夕朝食の提供(界 *一部施設を除く)
・食事処の混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)
・パブリックスペースへのCO2(二酸化炭素)濃度測定器の配備
・自然換気、機械換気など、建物の設計にあわせた換気の徹底

>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星野リゾート 界
星野リゾートが全国に展開する温泉旅館ブランド。日本らしさと快適性を追求し「王道なのに、あたらしい。」をコンセプトに各種サービスをご用意しています。旅の醍醐味であるご当地の魅力に触れられる「ご当地楽(ごとうちがく)」のおもてなしと、「ご当地部屋」が特徴。2021年1月には「界 霧島」が鹿児島県・霧島温泉に開業予定。
>星野リゾート 界

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ