山梨県

観光

築137年 明治建築の古民家を改修し、山梨県北杜市に古民家宿るうふ 峡之家が2021年3月12日グランドオープン

2021.03.10

古民家一棟貸し宿を運営する株式会社るうふは山梨県北杜市須玉町内にある平家建て古民家を修繕し、古民家宿『 るうふ 峡之家 』をグランドオープンします。

古民家宿るうふは、山梨県に築100年前後の古民家を改修し、古民家一棟貸しの宿を3棟運営しております。
るうふは、各宿ごとに異なる”火の体験”、”時の体験”、”土地の体験”を用意しており、
各地域や家に残る歴史を深堀りし、地域ならではの体験をしていただける体験型宿泊施設です。
今回、名水の産地である山梨県北杜市において築137年の古民家を改修し、2021年3月12日に『 るうふ 峡之家 』としてグランドオープン致します。

>るうふオフィシャルホームページ

山梨県北杜市須玉町比志 とは

北杜市の南東に位置する須玉町比志。山梨県北杜市は山紫水明(日が照り映え山が紫に見え、川が清らかに流れる。美しい山水の形容)と言われており、昭和30年までは家庭用燃料として炭焼き(薪炭)を生業とする人々が多く、山腹からは毎日の様に日に透けて「紫色」に澄みきった煙が立ち昇っていたと文献に記録されています。

また特産品の紫花豆(冷涼な地域でしか育たない貴重な高原花豆)は北杜市の中でも須玉町の”増富地区”と高根町の”清里地区”でしか栽培できない希少品でもあります。

そんな須玉町比志の地域の良さを活かした古民家宿をオープンしました。

るうふ 峡之家について

るうふ峡之家は 木造平家建ての築137年の古民家です。
先祖代々、稲作や養蚕、冬場は土木を生業としていた兼業農家の方が残されてきた生活文化財で、平家ならではの長く奥行きのある母屋に2つの土蔵が特徴的な民家を再活用しています。

須玉町比志ならではの〝水菓子づくり〟体験

土地の体験を楽しんでいただいた後、庭で星空を眺めながら『 焚き火 』をお楽しみ頂けます。
なかなか古民家の宿では体験が出来ない焚き火の体験。
周りを気にすることなく火を囲みながら話す、夜の時間をゆったりとお楽しみ頂くことができます。

土蔵を利用した檜の露天風呂

24時間暖かい檜露天風呂から、表情豊かな須玉町の風景を楽しんで頂くことが出来ます。
朝は山間から登る朝日を。夜は満点の星空を楽しみながら、暖かい檜風呂でゆっくりお休み頂けます。

土蔵を利用した ワインバー

母屋の横に併設された蔵で、るうふのスタッフ厳選の”山梨県産のワイン”を取り揃えております。
母屋とは一味違う特別感のある空間で、ワインの香りも一緒に贅沢にお楽しみ頂けます。

古民家宿るうふ 峡之家 施設概要

畳の小上がりがある寛ぎの居間

比志の街並みを一望できる縁側

竈門のあるモダンな台所

ツインルーム3部屋、エキストラツインルーム1部屋 最大8名

ツインルームA
ツインルームB
ツインルームC

古民家宿るうふ 峡之家

所在地: 〒408-0102 山梨県北杜市須玉町比志1068
営業: 簡易宿泊業
電話: 055-288-901

>るうふ峡之家オフィシャルホームページ

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.9「ぬちまーすの秘密を探る~海中道路とサトウキビ畑・後編~」

沖縄には多くの人を魅了する何かがあります。

美しい海、温暖な気候、独自の歴史や文化や風習、言葉、建物、三線の音色や音楽、食べ物、うちなーんちゅ(沖縄の人)の人柄、、といったひとつひとつにではなく、それらが混ざりあった「沖縄」という存在に人は惹かれるのでしょう。

しかし一方で、沖縄には「ない」ものもあります。私は東北出身ですが、うちなーんちゅに羨ましがられることもあります。

初めてそれを経験したのが「土手」でした。

理解できずにいると、「沖縄には大きな河川がない」と説明をしてくれました。その堤防としての土手がとても珍しく、憧れの風景だったそうです。

大きな山も雪景色も沖縄では見ることができません。凍えるような寒さも沖縄では体験できないでしょう。お米や食べ物も東北の方が美味しいと言って頂けることがあります。

故郷を離れて故郷を知りました。住む時間が長くなると、その土地の良さが分からなくなってしまうことってありますよね。

旅が好きな人は、いわば “自分が住んでいる場所のアイデンティティ” を求めて旅をしているのかも知れません。

さて今回は、いよいよ「ぬちまーすの秘密」に迫りたいと思います。ぬちまーす工場の近くの思いがけない絶景やパワースポットも併せてご紹介いたします。

千葉県

飲食店

イベント

国内最大級アウトレットで台湾祭「台湾祭in千葉KISARAZU 2021」

台湾に訪れたことのない人も、何度も行っている人も、台湾へ行けない今、美食グルメを楽しんでいただけるイベント『台湾祭in 千葉 KISARAZU』が2021年10月23日(土)~11月7日(日)開催されます。カラフルなランタンで装飾された会場で、台湾各地の本格「夜市グルメ」の数々を台湾現地の空気を感じさせる飲食スペースでお楽しみください。

富山県

飲食店

”飲むわらびもち”の「とろり天使のわらびもち」が富山駅前にオープン

「とろとろ食感」の「生わらびもち」が看板商品の和菓子店「とろり天使のわらびもち」は、関西を中心に東京や九州に出店している人気店です。この度、初のとなる富山店が2021年10月9日(土)にオープンしました。カップの底にわらびもちを入れたドリンクに、生クリームをトッピングした“映える”見た目と新食感が話題となっているドリンクです。

長野県

観光

白馬岩岳スノーフィールド 2021-2022ウィンターシーズン期間の販売を開始

株式会社岩岳リゾートは2021年10月1日より2021-2022ウィンターシーズンのシーズン券の販売を開始しました。ウィンターシーズンに向けて降雪機の増設やパウダーエリアの拡充、キッズゲレンデの新設など、ゲレンデの魅力を強化しています。また、ティーラテと焼き立てスコーンの専門店「CHAVATY HAKUBA(チャバティ白馬)」の冬季営業を開始します。

東京都

買い物

連日完売「魔法の琥珀糖」が再出店  新宿マルイ 本館8Fで10月1日より

美しい鉱物のような見た目から「食べられる宝石」とも呼ばれています。硬そうな外見とは裏腹に「外側はシャリっと、中はプルプル」と、新食感に驚かれる方も多い和菓子の琥珀糖。2021年8月に期間限定ショップをオープンしましたが連日完売となった「魔法の琥珀糖」が新宿マルイ本館8Fで10月1日より再登場します。

ピックアップ

ピックアップ