【ROKKO森の音ミュージアム】SIKIガーデンクリスマス 開催

2021.11.20

オルゴールなどの自動演奏楽器をコレクションする博物館「ROKKO森の音ミュージアム(博物館相当施設)」では、2021年12月4日(土)~12月26日(日)に「SIKIガーデンクリスマス」を初開催します。

「SIKIガーデンクリスマス」

クリスマスツリーやクリスマスオーナメントを各所に装飾し、雰囲気を醸成するほか、あたたかいメニューの販売(ホットワイン、ウインナー、焼きマシュマロ 他)を行います。
イベント開催日は夜間延長営業を実施し、イルミネーションの光に包まれたSIKIガーデンでクリスマス気分を味わえます。
また、施設内の“森の音ホール”で実施する「演奏家のいないクリスマスコンサート」では、クリスマスソングや讃美歌などを大型の自動演奏オルガンやオルゴールで演奏します。

開催期間: 2021年12月4日(土)~12月26日(日)の土日及び12月24日(金)※雨天中止
開催時間: 11:00~19:00 (18:30 受付終了)
※天候不良等によりイベント開催時間短縮の場合があります。
※イベント非開催日は10:00~17:00
料金: 無料 ※入場料・駐車料別途要

「六甲山小学校・幼稚園ご招待&クリスマス飾りつけ」

当施設近隣の神戸市立六甲山小学校・幼稚園の生徒(低学年)、園児の皆さまをご招待します。
来場時にはサンタの帽子を被って、コンサートを鑑賞する他、SIKIガーデンにオーナメントなどを飾り付け、クリスマスシーズンの訪れを祝います。

開催日時: 2021年11月29日(月) 9時30分~10時30分
スケジュール: 09:30 SIKIガーデンでオーナメント飾り付け&見学。
10:00 コンサート鑑賞
10:30 終了

イベント「森の音ミュージアムのクリスマス」

当イベント期間には、くるみ割り人形やドイツ製の木製のオーナメントなど温かみのあるクリスマス飾りがエリア内を彩ります。また、期間中の「演奏家のいないクリスマスコンサート」では、クリスマスソングや讃美歌などを大型の自動演奏オルガンやオルゴールなどで演奏します。「煙出し人形」(ドイツのクリスマスマーケットなどで販売される伝統的な木製人形)のお香の香りと共に、生演奏が楽しめます。

開催期間: 2021年11月26日(金)~12月26日(日)開催
※12月25日(土)までの開催予定を前の通り変更しました。

演奏家のいないクリスマスコンサート

時間: 10:00~、11:00~、12:00~、13:00~、14:00~、15:00~、16:00~(各回約30分間)
※SIKIガーデンクリスマス開催日は初回11:00~となります。
演奏曲目例: ・讃美歌109番「きよしこの夜」
・クリスマス・イブ 他
演奏楽器例: ・ポリフォン54型“ミカド”(ディスク・オルゴール/1900年頃/ドイツ製)
・ロッホマン・オリジナル172型(ディスク・オルゴール/1904年頃/ドイツ製)

ROKKO森の音ミュージアム

入場料: 大人(中学生以上)1,300円
小人(4歳~小学生)600円
営業時間: 10:00~17:00(16:30受付終了)
※イベント開催時は11:00~19:00
休業日: 期間中は、毎週木曜日

>公式サイト

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ