京都府

観光

おだしの歴史や文化を継承するためのテーマパーク「京都離宮 ~おだしとだしまき~」が京都伏見にオープン

2022.08.16

2022年8月8日に食生活からおだしを取り入れるサステナブルな取り組みを簡単に実践できるよう、様々な体験が可能なテーマパーク「京都離宮 ~おだしとだしまき~」がオープンしました。

「味わう」「学ぶ」「買う」など五感でおだしを楽しむテーマパークとは?​

◆学ぶ◆
~五感を刺激するおだしの素材、店内にはおだしの魅力を視覚的に働きかけるしかけが~

店内に広がるおだしの香りが最初に臭覚を刺激します。
次に視覚に訴えるのは8mものショーケース。そこにはおだしの魅力、料理レシピや和食の魅力など、あらゆる角度からおだしのある生活の提案が。

だしパックの魅力を伝える4mのショーケースでは、実際に使用している天然素材が並んでいます。また、入口横のオブジェには実際に天然素材を手に取って、香りや触感などを楽しめるスペースもご用意しております。コロナ収束後はおだしの試飲も予定しており、おだしを楽しめる体験をたくさんご用意しております。

◆味わう◆
~利きだしで好みのおだしを選び食す、だしまき御膳と釜たきごはん~

最初に4種類の利きだし(離宮のおだし、京さわら、あご、本枯節)から好みの出汁を選び、選んだ出汁でつくるだしまき御膳をお召し上がりいただきます。最後の〆はだし茶漬けをお愉しみいただけます。(夏季は冷やしだし茶漬けを提供)

「だしまき御膳と釜たきごはん」 1,980円(税込)

◆買う◆
~自宅で「楽しむ」サスティナブルなだしパックや粉末おだしなどをご用意~

<だしパック 4種類展開>
・離宮のおだし
・京さわら
・あご
・本枯節

その他粉末おだしやおだしに関連する商品も多数ご用意。

京都離宮での体験を通じて「おだしの文化」を楽しみ、おだしを取り入れる生活、おだしを意識した生活をご提案します。

廃棄される食材を有効活用した商品

商品価値が低いため、アジア向けに輸出されていた京都の小型のさわら(さごし)や廃棄処分となっていたような規格外の野菜の有効活用を考えた乾燥野菜を販売しています。
その他にも現在、親鶏を有効活用したおだしカレーなどの商品開発もしており、今後も食品ロスを減らす取り組みや廃棄処分されていた素材などの有効活用をした商品を展開していく予定です。

乾燥野菜

「京都離宮 ~おだしとだしまき~」

所在地: 京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町45
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日
TEL: 075-623-7707
駐車場: 45台

>京都離宮 ~おだしとだしまき~公式サイト

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ