京都府

観光

おだしの歴史や文化を継承するためのテーマパーク「京都離宮 ~おだしとだしまき~」が京都伏見にオープン

2022.08.16

2022年8月8日に食生活からおだしを取り入れるサステナブルな取り組みを簡単に実践できるよう、様々な体験が可能なテーマパーク「京都離宮 ~おだしとだしまき~」がオープンしました。

「味わう」「学ぶ」「買う」など五感でおだしを楽しむテーマパークとは?​

◆学ぶ◆
~五感を刺激するおだしの素材、店内にはおだしの魅力を視覚的に働きかけるしかけが~

店内に広がるおだしの香りが最初に臭覚を刺激します。
次に視覚に訴えるのは8mものショーケース。そこにはおだしの魅力、料理レシピや和食の魅力など、あらゆる角度からおだしのある生活の提案が。

だしパックの魅力を伝える4mのショーケースでは、実際に使用している天然素材が並んでいます。また、入口横のオブジェには実際に天然素材を手に取って、香りや触感などを楽しめるスペースもご用意しております。コロナ収束後はおだしの試飲も予定しており、おだしを楽しめる体験をたくさんご用意しております。

◆味わう◆
~利きだしで好みのおだしを選び食す、だしまき御膳と釜たきごはん~

最初に4種類の利きだし(離宮のおだし、京さわら、あご、本枯節)から好みの出汁を選び、選んだ出汁でつくるだしまき御膳をお召し上がりいただきます。最後の〆はだし茶漬けをお愉しみいただけます。(夏季は冷やしだし茶漬けを提供)

「だしまき御膳と釜たきごはん」 1,980円(税込)

◆買う◆
~自宅で「楽しむ」サスティナブルなだしパックや粉末おだしなどをご用意~

<だしパック 4種類展開>
・離宮のおだし
・京さわら
・あご
・本枯節

その他粉末おだしやおだしに関連する商品も多数ご用意。

京都離宮での体験を通じて「おだしの文化」を楽しみ、おだしを取り入れる生活、おだしを意識した生活をご提案します。

廃棄される食材を有効活用した商品

商品価値が低いため、アジア向けに輸出されていた京都の小型のさわら(さごし)や廃棄処分となっていたような規格外の野菜の有効活用を考えた乾燥野菜を販売しています。
その他にも現在、親鶏を有効活用したおだしカレーなどの商品開発もしており、今後も食品ロスを減らす取り組みや廃棄処分されていた素材などの有効活用をした商品を展開していく予定です。

乾燥野菜

「京都離宮 ~おだしとだしまき~」

所在地: 京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町45
営業時間: 10:00~17:00
定休日: 火曜日
TEL: 075-623-7707
駐車場: 45台

>京都離宮 ~おだしとだしまき~公式サイト

新着

新着

注目の記事

茨城県

観光

食べ物

イベント

【星野リゾート BEB5土浦】土浦の魅力を「地元の名産 × サイクリング」で満喫!「梨狩りサイクリング」レポート

「星野リゾート BEB5(ベブファイブ)土浦」は星野リゾート初の自転車を楽しむホテル。合言葉は「ハマる輪泊」。今回HYAKKEI編集部は、そんなBEB5土浦で開催された「梨狩りサイクリング」に参加しました。「自転車のまち」土浦の魅力を存分に味わうことができ、とってもカジュアルで、アクティブに楽しめる要素満載のBEB5土浦の滞在と合わせてレポートをお届けします!

山梨県

観光

【星のや富士】心と体が解放され自然と一体となる瞬間。至福のリトリート空間がここに/HYAKKEI滞在レポート<後編>

山梨県

伝統

観光

食べ物

文化

【星のや富士】心と体が解放され自然と一体となる瞬間。至福のリトリート空間がここに/HYAKKEI滞在レポート<前編>

東京都

伝統

芸術

「小松美羽展 岡本太郎に挑むー霊性とマンダラ」開催/岡本太郎との調和により生まれた”奇跡”のライブペイント

東京都

買い物

文化

「敬意を持ってエネルギーを消費する姿勢が大切だと思う。」スウェーデン発トータルファッションケアブランドSTEAMERY CEOインタビュー

ピックアップ

ピックアップ