東京都

観光

警察博物館で一日警察官になってみませんか?

京橋にある「ポリスミュージアム・警察博物館」では、日本警察の歴史の紹介、昔の大きな事件について検索、実際の捜査体験などさまざまなことから警察について学ぶことができます。

子供たちにとって憧れのような存在である警察、常に私たちの安全を守ってくれる警察、大人も子供も好きなミステリー映画、刑事ドラマの中に出てきた捜査や指紋採取など、実際どういうものなのか、警察博物館に来たら、全て体験できます。

真実はひとつ!一日警察の生活を体験してみませんか?!寒い冬でも、雨の日でも楽しめる場所ですよ。
全館は6階建ての建物、各階にそれぞれ展示あり。

  • 警察博物館

    電話: 03-3581-4321
    開館時間: 9:30-17:00
    休館日: 月曜日(祝日にあたる場合はその翌日)、年末年始(12月28日から1月4日)
    入館料: 無料

    交通アクセス:
    ・東京メトロ銀座線 京橋駅(2番出口から徒歩約2分)
    ・東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線 銀座駅(A13出口から徒歩6分)
    ・東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅(7番出口から徒歩約4分)
    ・都営浅草線 宝町駅(A4出口から徒歩約5分)
    ・JR有楽町駅(京橋口から徒歩約7分)
    ・JR東京駅(八重洲南口から徒歩約10分)

    >警察博物館ホームページ

    >警察博物館周辺のホテルを調べる

1階:ピーポくんホール

入り口に入ったら、まず目に入ったのは、かっこいい警察車両、白バイ、ヘリコプターなど。乗りたい、乗りたいと思いながら、乗ってみよう!子供用の制服も用意してあるので、警察や隊員の制服を着替えて、実物のヘリコプターと白バイに乗って体験してみよう!本当の警官気分を味わおう。

2階:人と街をともにまもる

一階で警官気分になったら、2階へ進むと普段街の中でよく起こる事件について学ぶことができます。大きい模型で町の全体から犯罪者が隠れやすい場所を覚え、これから自分を守るのにはどう注意するのかを考えたりします。体験コーナーで110番に電話し、万が一自分110番に電話する場合、うまく伝えるかどうかなどを学ぶことができます。

3階:事件・事故を解決する力

この階には、いろいろな体験コーナーを設置しています。例えば、交番体験で普段よくみる交番の仕事を実際に体験してみることができます。また、指紋採取や検問体験など、色々な道具やメモを取りながら、刑事のように事件を解くことができる。大人も子供と一緒に考えて、楽しめる階です。

4階:首都をまもる

警視庁の今とこれから。ここには警視庁の各部署の紹介によって、子供たちに警察でもそれぞれの仕事があるということを学ぶことができる。ミニシアターで警察犬の訓練を紹介、警察と警察犬の物語も紹介。

5階:時代とともに

警察の歩み。この階は、日本警察の歴史を紹介、歴代警察の制服を実物展示など。また、今までの事件も検索することができます。世間に知られているサリン事件、未解決三億事件、311東大震災など、気になる事件があったら、パネル検索で調べてみませんか?!

6階:イベントホール

書道など警察たちもいろいろ趣味があり、この階にさまざまなテーマで特別な展示会を開催する階となります。

注意事項:
*館内飲食禁止
*ロッカーの設置はありません
*1階から3階は撮影可能ですが、4階と5階の場合、歴史的な展示物があるため、撮影禁止。

>警察博物館ホームページ

>警察博物館周辺のホテルを調べる

新着

新着

注目の記事

茨城県

観光

食べ物

イベント

【星野リゾート BEB5土浦】土浦の魅力を「地元の名産 × サイクリング」で満喫!「梨狩りサイクリング」レポート

「星野リゾート BEB5(ベブファイブ)土浦」は星野リゾート初の自転車を楽しむホテル。合言葉は「ハマる輪泊」。今回HYAKKEI編集部は、そんなBEB5土浦で開催された「梨狩りサイクリング」に参加しました。「自転車のまち」土浦の魅力を存分に味わうことができ、とってもカジュアルで、アクティブに楽しめる要素満載のBEB5土浦の滞在と合わせてレポートをお届けします!

山梨県

観光

【星のや富士】心と体が解放され自然と一体となる瞬間。至福のリトリート空間がここに/HYAKKEI滞在レポート<後編>

山梨県

伝統

観光

食べ物

文化

【星のや富士】心と体が解放され自然と一体となる瞬間。至福のリトリート空間がここに/HYAKKEI滞在レポート<前編>

東京都

伝統

芸術

「小松美羽展 岡本太郎に挑むー霊性とマンダラ」開催/岡本太郎との調和により生まれた”奇跡”のライブペイント

東京都

買い物

文化

「敬意を持ってエネルギーを消費する姿勢が大切だと思う。」スウェーデン発トータルファッションケアブランドSTEAMERY CEOインタビュー

ピックアップ

ピックアップ