奈良県

お花見

< 桜百景 > 吉野山の千本桜 一生に一度は拝みたい「一目千本」

2020.04.16

吉野山を一面に彩る桜。その数約3万本。世界でも類を見ないスケールで、古くから花見所として愛されてきた名所中の名所です。
また吉野山全体が世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されています。

一目千本の絶景!

吉野山には古来種を中心にシロヤマザクラを中心に約200種が群生。咲き誇る無数の桜を一目で眺めることが出来る豪華さは、古くから「一目千本」と評されています。

早朝、朝靄に煙る吉野山の中に佇む桜。山中ならではの、一味違う桜の魅力を味わうことが出来ます。

エリアは下・中・上・奥の4箇所

吉野山は下・中・上・奥の4箇所に分かれており、それぞれに見所があります。

例年4月中旬から下→中→上→奥千本と開花が進み、長い間桜の見頃を楽しむことができます。

下千本エリアの見所

吉水神社から眺める金峰山寺

下千本エリアは標高約230m〜350m。ぜひ訪れたいのは世界遺産の金峰山寺。吉野山の桜はこの金峯山寺の住職が苗を植えたことが始まりと言われています。

下千本本展望所や、世界遺産に登録されている蔵王堂など、見所が沢山。下千本駐車場から徒歩15分以内と、アクセスも便利です。

中千本エリアの見所

吉水神社から眺めた中千本

中千本エリアは標高350m〜370m。吉野山の千本桜は、吉水神社から眺める中千本が代表的です。
近鉄吉野駅から中千本エリアの最上部の中千本公園までバスが出ており、ここから下りながら眺める一目千本はまさに絶景の一言。ぜひ訪れたいエリアです。

上千本〜奥千本エリア

上千本エリアからの大パノラマ

上千本エリアは標高約370m〜600m、奥千本エリアは標高600m〜750mに位置し、花矢倉展望台へから眺めるその雄大なパノラマは息を飲むほど。
吉野山の入り口、「下千本駐車場」から徒歩で約一時間。バスでのアクセスは午後は制限されるため、午前中に行くのがおすすめです。
奥千本エリアは桜の数は減りますが、ひっそりと佇むヤマザクラもまた一興です。
義経の隠れ塔や、世界遺産に登録された水分神社や金峰神社など、見所も満載で、近年はパワースポットとしても注目されています。

一生忘れる事のできない絶景に出会える吉野山。一度は訪れたい桜の名所です。

新着

新着

注目の記事

愛知県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.38 岡崎宿~御油宿後編 旅人留女とか裏マッサージの妖しい夜

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は岡崎に泊まって、三河の東海道を歩いた時の2日目後編。午前中のウラ岡崎城とか、かいちゃんのいるホテルに続き、妄想を掻き立てるような妖しい事象が連発するこの区間、どうなってるんや三河!

高知県

観光

イベント

高知県四万十町にて完全地産地消で夜間早朝に楽しめるサウナ&マルシェイベント「四万十川アウトドアサウナ」が2ヶ月間の週末限定で誕生

高知県四万十町の四万十川流域エリアに冬の夜に星雲を眺めながら体験できる四万十ヒノキで作ったアウトドアサウナと早朝にマルシェを楽しめる完全地産地消プロジェクト「四万十川アウトドアサウナ」を四万十町の全面的なサポートのもと、2020年12月4日(金)より2ヶ月間、金・土・日の週末限定で展開することをお知らせいたします。

--

食べ物

老舗名店のグルメのほか“おうちごはん”で楽しめる贅沢惣菜、個食グルメに注目「2020年 小田急のお歳暮」

小田急百貨店では、ECサイト「小田急百貨店オンラインショッピング」で10月20日(火)から、新宿店では11月5日(木)からお歳暮ギフトセンターを開設します。例年人気の全国から選りすぐりの名店・レストランのプレミアムな一品のほか、“おうちごはん”需要で注目高まる、本格的な味を手軽な調理で食べられる贅沢惣菜や個食グルメを取り揃えます。

兵庫県

観光

神戸の紅葉の名所「布引の紅葉」間もなく見ごろに。神戸布引ハーブ園では約500本のモミジ、約100本のヤマザクラなど、秋に色づく六甲の山並みがお楽しみいただけます。

港町神⼾の街並みが⼀望できる観光施設『神⼾布引ハーブ園/ロープウェイ』は、まもなく紅葉が見ごろを迎えます。ロープウェイからの六甲の山並み、約4hに広がる広大なガーデンの中を散策しながら、神戸の紅葉の名所「布引の紅葉」をお楽しみいただけます。

愛知県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】 Vol.36 岡崎宿~池鯉鮒宿 岡崎城『グレート家康公「葵」武将隊』

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回は岡崎に泊まって、前後の東海道を歩いた時の話。まずは岡崎から西に向かって池鯉鮒(ちりゅう)宿に行き、翌日は岡崎から東の豊橋方面に向かうという変則的な日程でした。この日の主役は岡崎城の「GREAT YEAH康!」だったかな。

ピックアップ

ピックアップ