Zoff SMART FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE Model新発売!

2020.03.16

メガネブランド「Zoff」を運営する株式会社インターメスティックは2020年3月3日11:00よりZoff オンラインストアにてZoff SMART FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE Modelの先行予約を開始いたします。また、Zoffの国内店舗(アウトレットを除く)では、2020年4月3日より発売します。

「FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE」は1997年にPlayStation®で発売され1240万以上の世界累計販売本数(※パッケージソフト出荷数とダウンロード販売数の合計)を誇る「FINAL FANTASY Ⅶ」を、現代のグラフィック技術によりリアルに再現、再生されたタイトルです。この度、「FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE」発売(※1)を記念したコラボレーションアイウェアをZoffの国内店舗(アウトレット除く)、Zoff オンラインストアにて発売いたします。

フレームデザインは、左のテンプル(つる)にクラウドの「バスターソード」を忠実に再現。刀身の根元のデザインを施しております。右のテンプル(つる)には「FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE」を象徴する「メテオ」のメタルパーツを配しております。

左のテンプル(つる)にクラウドの「バスターソード」を忠実に再現。刀身の根元のデザインを施しております。
右のテンプル(つる)には「FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE」を象徴する「メテオ」のメタルパーツを配しております。

また、当アイウェアにはスペシャルアイテムのセットが付属しております。オリジナルのスペシャルボックス・メガネケース・メガネ拭き・スペシャルカードが付属しており、それぞれに「FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE」のタイトルロゴがデザインされております。

オリジナルのスペシャルボックス・メガネケース・メガネ拭き・スペシャルカード付き
スペシャルボックス
スペシャルボックスにメガネケースを収納可能
メガネ拭き
スペシャルカード
スペシャルカード2

当アイウェアはこの新作のプレイを待ちわびていらっしゃるプレイヤーの皆様を始めとした長時間ゲームをプレイする方に向けた仕様を採用いたしました。レンズはブルーライトを約50%カット(※2)するZoff PC ULTRAレンズ(度なし)を標準搭載しております。また、フレームは累計販売本数500万本を誇るZoff SMARTシリーズを採用いたしました。フレーム素材には高機能プラスチック(ULTEM™樹脂※3)が用いられており、驚きの軽さとしなやかさを実現し「かけ心地」にもこだわりました。

商品概要

商品名:Zoff SMART FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE Model
種類:1型 全1種類
【発売予定日】Zoff店舗:2020年4月3日
Zoff オンラインストア先行予約:2020年3月3日11:00~
価格:15,000円(税別・Zoff PC ULTRAレンズ(度なし)込)
※オリジナルのスペシャルボックス・メガネケース・メガネ拭き・スペシャルカード付き
取扱予定店舗: Zoff国内全店(アウトレットを除く)、Zoff オンラインストア、Zoff 楽天市場店、Amazon、Zoff ZOZOTOWN店、スクウェア・エニックス e-STORE
一般のお客様のお問い合わせ先:ゾフ・カスタマーサポート 0120-013-883(平日10:00〜18:00)
先行予約についてのお問い合わせ先:ゾフ・オンラインストア 0120-013-505(平日11:00〜18:00)

>特設ページ

※1 FINAL FANTASY Ⅶ REMAKE は2020年4月10日(金)発売予定です。
※2 ブルーライトカット率の測定基準は光の波長380nm~500nm、レンズ中心肉厚約2mmでの平均カット率です。
※3 ULTEM™(ウルテム)樹脂はSABIC又はその子会社・関係会社の商標です。

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ