おうちで「有田焼陶器市」を楽しもう!産地を元気にするWEB陶器市を開催

2020.04.18

おうちで陶器市を楽しめる「CRAFT陶器市」は通常3日間限定のイベントですが、今回はコロナウイルスの影響を考慮し、4月10日~30日までの長期開催を実施しております。

新型コロナウイルスの影響で毎年100万人が訪れるという、全国でも有名な有田焼の陶器市も先日新型コロナウイルスの影響で延期となることが発表され、普段なかなか会えないお客様との会話を楽しみにうつわをつくっていた職人さんたちも肩を落としていました。
休校になったり在宅勤務になったり、外に出るのもいつになく億劫ですが、お買い物を楽しんでいただける機会を最大化したい。ものづくりの産地とご家庭をつなぐイベントを開催することで、少しでも日本経済に貢献できればと考えております。

有田焼について

今回ご協力いただいた窯元は、1616/ arita japan、2016/、まるぶん、マルシゲ陶器、ヤマト陶磁器。有田焼といえば、まっしろな白磁に、呉須という藍色の顔料やガラス質の色鮮やかな上絵具で描く模様が特徴。日本が誇る「三大陶磁器」のひとつであり、国内だけでなく海外からも高い評価を受けています。
1616年に誕生した有田焼は、400年以上にわたって多くの人に愛されてきた、歴史ある焼き物です。

CRAFT陶器市 - 有田焼編 イベント概要

イベント名: CRAFT陶器市
期間: 4月10日(金)〜4月30日(木)
取扱商品: 有田焼(佐賀県)
場所: >CRAFT STORE陶器市特設ページ
(こちらからお買い求めいただけます)

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ