おうちで「有田焼陶器市」を楽しもう!産地を元気にするWEB陶器市を開催

2020.04.18

おうちで陶器市を楽しめる「CRAFT陶器市」は通常3日間限定のイベントですが、今回はコロナウイルスの影響を考慮し、4月10日~30日までの長期開催を実施しております。

新型コロナウイルスの影響で毎年100万人が訪れるという、全国でも有名な有田焼の陶器市も先日新型コロナウイルスの影響で延期となることが発表され、普段なかなか会えないお客様との会話を楽しみにうつわをつくっていた職人さんたちも肩を落としていました。
休校になったり在宅勤務になったり、外に出るのもいつになく億劫ですが、お買い物を楽しんでいただける機会を最大化したい。ものづくりの産地とご家庭をつなぐイベントを開催することで、少しでも日本経済に貢献できればと考えております。

有田焼について

今回ご協力いただいた窯元は、1616/ arita japan、2016/、まるぶん、マルシゲ陶器、ヤマト陶磁器。有田焼といえば、まっしろな白磁に、呉須という藍色の顔料やガラス質の色鮮やかな上絵具で描く模様が特徴。日本が誇る「三大陶磁器」のひとつであり、国内だけでなく海外からも高い評価を受けています。
1616年に誕生した有田焼は、400年以上にわたって多くの人に愛されてきた、歴史ある焼き物です。

CRAFT陶器市 - 有田焼編 イベント概要

イベント名: CRAFT陶器市
期間: 4月10日(金)〜4月30日(木)
取扱商品: 有田焼(佐賀県)
場所: >CRAFT STORE陶器市特設ページ
(こちらからお買い求めいただけます)

新着

新着

注目の記事

愛知県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.38 岡崎宿~御油宿後編 旅人留女とか裏マッサージの妖しい夜

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は岡崎に泊まって、三河の東海道を歩いた時の2日目後編。午前中のウラ岡崎城とか、かいちゃんのいるホテルに続き、妄想を掻き立てるような妖しい事象が連発するこの区間、どうなってるんや三河!

高知県

観光

イベント

高知県四万十町にて完全地産地消で夜間早朝に楽しめるサウナ&マルシェイベント「四万十川アウトドアサウナ」が2ヶ月間の週末限定で誕生

高知県四万十町の四万十川流域エリアに冬の夜に星雲を眺めながら体験できる四万十ヒノキで作ったアウトドアサウナと早朝にマルシェを楽しめる完全地産地消プロジェクト「四万十川アウトドアサウナ」を四万十町の全面的なサポートのもと、2020年12月4日(金)より2ヶ月間、金・土・日の週末限定で展開することをお知らせいたします。

--

食べ物

老舗名店のグルメのほか“おうちごはん”で楽しめる贅沢惣菜、個食グルメに注目「2020年 小田急のお歳暮」

小田急百貨店では、ECサイト「小田急百貨店オンラインショッピング」で10月20日(火)から、新宿店では11月5日(木)からお歳暮ギフトセンターを開設します。例年人気の全国から選りすぐりの名店・レストランのプレミアムな一品のほか、“おうちごはん”需要で注目高まる、本格的な味を手軽な調理で食べられる贅沢惣菜や個食グルメを取り揃えます。

兵庫県

観光

神戸の紅葉の名所「布引の紅葉」間もなく見ごろに。神戸布引ハーブ園では約500本のモミジ、約100本のヤマザクラなど、秋に色づく六甲の山並みがお楽しみいただけます。

港町神⼾の街並みが⼀望できる観光施設『神⼾布引ハーブ園/ロープウェイ』は、まもなく紅葉が見ごろを迎えます。ロープウェイからの六甲の山並み、約4hに広がる広大なガーデンの中を散策しながら、神戸の紅葉の名所「布引の紅葉」をお楽しみいただけます。

愛知県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】 Vol.36 岡崎宿~池鯉鮒宿 岡崎城『グレート家康公「葵」武将隊』

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回は岡崎に泊まって、前後の東海道を歩いた時の話。まずは岡崎から西に向かって池鯉鮒(ちりゅう)宿に行き、翌日は岡崎から東の豊橋方面に向かうという変則的な日程でした。この日の主役は岡崎城の「GREAT YEAH康!」だったかな。

ピックアップ

ピックアップ