SEIKO TSUCHIMOTOが「おうちでワークショップ」をお楽しみ頂ける製作キット【おうちでアトリエ】シリーズを発売

2020.05.08

SEIKO TSUCHIMOTOブランドを展開する株式会社INECOは、楽しいレシピ動画をYouTubeで観ながら7Daysヘアクリップ、ブレス&ネックレスをお子様と手作りできる、【おうちでアトリエ】シリーズをSEIKO TSUCHIMOTOオンラインショップにて発売しました。

<7Daysヘアクリップ製作キット 3種類:フラワーポンポン、ミシェル、ストロベリー> <ブレス&ネックレス製作キット 3種類:ラムネブレス&ネックレス、シュガーブレス&ネックレス、キャンディブレス>

■発売の背景

外出制限、そして休校。なかなかお出かけ出来ずに、明日は何をしようかとお悩みのママ、お子様におうちでSEIKO TSUCHIMOTOのアクセサリーを作成できる、キットを発売しました。たくさんの子ども達に、モノを作る楽しさ、ワクワク感や失敗も成功もそして モノを作り終えた時の達成感を、是非とも経験してほしい。「誰かにプレゼントするモノを作る」経験を何度もしてみてほしい。自分の為にモノを作るときと、誰かの為にモノを作るときの心や思い、かける時間に違いがあることを、自らの経験を通して、子ども達が感じてくれたらいいなと考え、このハンドメイドキットを製作いたしました。

■概要

<7Daysヘアクリップ製作キット 3種類:フラワーポンポン、ミシェル、ストロベリー>
○出来上がりサイズ:直径約11㎝
○ヘアクリップ本体サイズ:3.5㎝
○製作できる数量:1セット
○内容物:ヘアクリップ7ケ・お花・くるみボタン・おリボン各種・7Daysコースター台紙・お名前シール・クリアケース
○販売価格:1,500円

<ブレス&ネックレス製作キット 3種類:ラムネブレス&ネックレス、シュガーブレス&ネックレス、キャンディブレス>
○ブレスレット出来上がりサイズ:円周約14cm
※使用するビーズの数やシリコンゴムの結び具合で長さ調節可能
○ネックレス出来上がりサイズ:円周約40㎝
○内容物:ビーズ・丸カン・スイートチャーム・シリコンゴム
○販売価格:1,500円

>SEIKO TSUCHIMOTOオンラインショップ

SEIKO TSUCHIMOTO本人がブレスレットとネックレスを創作しているレシピ動画を、4月17日(金)からYouTubeにて公開スタートしております。
>YouTube

新着

新着

注目の記事

京都府

お花見

星のや京都 雅な屋形舟「翡翠(ひすい)」を貸し切り水上のお花見「奥嵐山の花見舟」開催

都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2021年3月25日~4月10日の期間、「奥嵐山の花見舟」を開催します。星のや京都専用の雅な屋形舟「翡翠」を貸し切り、大堰川(おおいがわ)の上から奥嵐山の歴史ある桜と風景を愛で、和菓子とロゼスパークリングワインを味わうお花見です。京都の職人技の粋(すい)をあつめた雅な屋形舟「翡翠」で、平安絵巻さながらの優雅な時間を過ごすことができます。

--

食べ物

ルビーチョコレートを使った新商品「ショコラバウムクーヘン(ルビー)」も登場!ISHIYAの恋するチョコレート『バレンタイン・コレクション2021』

白い恋人のチョコレートをベースにした商品「恋するチョコレート」の2021年バレンタイン・コレクションを1月13日(水)から、ISHIYA直営店、オンラインショップ、関東、中部、関西エリアのバレンタイン特設催事にて販売しています。

--

観光

客室内で完成・完結、お持ち帰りできる地域色豊かな体験~「界のご当地おこもりグッズ」提供開始

全国に展開する星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、2021年1月12日より、全施設で「界のご当地おこもりグッズ」の提供を開始しました。感染拡防止を万全にしながら、それでもワクワク感や新鮮な発見がある旅を楽しんでいただきたい、そんな思いから地域の伝統工芸品や文化にちなんだプログラムを、客室でご自身だけで完成・完結できる体験を用意します。

三重県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.43 桑名宿~四日市宿編 恐怖のギロチン工場とか間違えないで萬古焼とか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

三重県の桑名から四日市へと向かったのは爽やかなある年のGW時期。本来であればここは比較的単調な区間なのですが、突如現れたのは恐怖のギロチン工場。その正体やいかに。

ピックアップ

ピックアップ