【ねこ好きにオススメ】可愛いパッケージの紅茶”Cup & Cat”ヴィレヴァンオンラインに登場!!

2020.08.20

かわいらしい猫をイメージした、アトリエ・マギのオリジナル商品がリリース。ヴィレッジヴァンガードオンラインで取り扱い開始しました。

イラストは大人気コミック「うちの猫がまた変なことしてる。」の作者である卵山先生の描き下ろしです。
また、可愛いイラストからインスピレーションされたフレーバーも卵山先生に監修していただいてます。

【Cup & Cat】フレーバーティー(月夜に黒猫)

フレーバーティー(月夜に黒猫) 1,760 円(税込)

ドライパパイヤ、ジンジャー、バタフライピーのブレンドにブルーベリーの香りを加えたフルーティーな青色のお茶。レモンやグレープフルーツ果汁を加えると色が変わります。

【Cup & Cat】フレーバーティー(花と三毛猫)

フレーバーティー(花と三毛猫) 1,760 円(税込)

爽やかな静岡茶に桜、抹茶わらび餅、バラ花の香りをブレンドした和菓子のように可愛らしい味わいのお茶です。冷やして飲むのもおすすめです。

商品情報

缶サイズ: 約φ70×H100mm
缶の材質: スチール
内容: ティーバッグ 8個入り
賞味期限: 製造日より1年

>販売ページ

>ヴィレッジヴァンガードオンラインストア
>Twitter
>ヴィレッジヴァンガード公式twitter
>Facebook
>Instagram

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

ピックアップ

ピックアップ