『#おうちで温泉』賀茂川荘の”温泉”を自宅のお風呂で!

2020.05.12

株式会社湯坂遊園は、同社が運営・管理するにて敷地内の地下から湧き出る”温泉”の販売を開始致しました。

『賀茂川荘』は、安芸の小京都・竹原の風情を残し、広島空港の活気を間近にしながらも豊かな緑の中に静かに佇む温泉宿です。
四季の織りなす自然に触れる1500坪もの広大な純日本庭園や旬の逸材の会席料理・囲炉裏会席、由緒ある温泉など、日本の美しい文化をお愉しみ頂けます。

2019年4月リブランド『賀茂川荘』
癒しの時間をお過ごしください

近隣の方への日頃の感謝の気持ちと、自宅にいながら少しでも”旅行気分”や”癒しの時間”を感じて頂きたいというスタッフの思いから温泉の販売が決定致しました。

温泉販売価格

容器付き: (20L)¥1,000
容器持参: (20L)¥500
配送込み
価格:
(容器付き20L)¥2,000

※配送地域:竹原市全域・東広島市西条町南部・東広島市高屋町
※すべて税込み価格です

販売場所
賀茂川荘(〒725-0002 広島県竹原市西野町西湯坂445)
※2020年5月6日(水)~6月30日(火)まで臨時休業とさせて頂いておりますが、温泉の販売は営業しております。

延命の湯『湯坂温泉』

泉質は単純弱放射能冷鉱泉で、神経痛や 慢性皮膚病などに効用があり、
肌にまろやかな「延命の湯」 として多くの人に親しまれています。

延命の湯 湯坂温泉

当館がある場所は、古くは菅原道真が筑紫に下る途中に憩い、
また参勤交代の諸大名が江戸への往来に必ず足を止めて疲れを癒したところでもあります。
その当時の温泉は村の堀井敷(井戸)として、賀茂川荘の玄関横位置から湧き出ていたそうです。
今でも当館の敷地内の井戸から湧き出ている温泉は、放射能を含む【放射能冷鉱泉】という日本でも希少な泉質です。

温泉泉質 泉質と効能

湧出量: 毎分150ℓ
泉温: 18.2℃
性状: 無色透明無味無臭
泉質: 単純弱放射能冷鉱泉
効用: 神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病
慢性皮膚病、慢性婦人病、冷え性など

『賀茂川荘』概要

住所: 広島県竹原市西野町西湯坂445
TEL: 0120-55-8080
客室数: 45(ロイヤルルーム、離れ客室 弘陽亭、東館和洋室、本館和洋室、和室など)
アクセス: 広島空港、JR東広島駅から車にて15分

>賀茂川荘公式サイト

新着

新着

注目の記事

京都府

お花見

星のや京都 雅な屋形舟「翡翠(ひすい)」を貸し切り水上のお花見「奥嵐山の花見舟」開催

都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2021年3月25日~4月10日の期間、「奥嵐山の花見舟」を開催します。星のや京都専用の雅な屋形舟「翡翠」を貸し切り、大堰川(おおいがわ)の上から奥嵐山の歴史ある桜と風景を愛で、和菓子とロゼスパークリングワインを味わうお花見です。京都の職人技の粋(すい)をあつめた雅な屋形舟「翡翠」で、平安絵巻さながらの優雅な時間を過ごすことができます。

--

食べ物

ルビーチョコレートを使った新商品「ショコラバウムクーヘン(ルビー)」も登場!ISHIYAの恋するチョコレート『バレンタイン・コレクション2021』

白い恋人のチョコレートをベースにした商品「恋するチョコレート」の2021年バレンタイン・コレクションを1月13日(水)から、ISHIYA直営店、オンラインショップ、関東、中部、関西エリアのバレンタイン特設催事にて販売しています。

--

観光

客室内で完成・完結、お持ち帰りできる地域色豊かな体験~「界のご当地おこもりグッズ」提供開始

全国に展開する星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、2021年1月12日より、全施設で「界のご当地おこもりグッズ」の提供を開始しました。感染拡防止を万全にしながら、それでもワクワク感や新鮮な発見がある旅を楽しんでいただきたい、そんな思いから地域の伝統工芸品や文化にちなんだプログラムを、客室でご自身だけで完成・完結できる体験を用意します。

三重県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.43 桑名宿~四日市宿編 恐怖のギロチン工場とか間違えないで萬古焼とか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

三重県の桑名から四日市へと向かったのは爽やかなある年のGW時期。本来であればここは比較的単調な区間なのですが、突如現れたのは恐怖のギロチン工場。その正体やいかに。

ピックアップ

ピックアップ