【京都一の傳】“ご飯の友”シリーズ初のコラボ商品 茶葉ごと味わう「食べる 抹茶ちりめん」発売中

2022.06.06

永年受け継がれてきた秘伝の西京漬「蔵みそ漬」やご飯の友などを販売している「京都一の傳(いちのでん)」より、茶葉ごと味わう「食べる 抹茶ちりめん」が発売されました。京都・宇治茶専門店「三星園上林三入本店(みつぼしえん かんばやしさんにゅう ほんてん)」とのコラボレーション商品で、一口でお茶の豊かな香りとちりめん由来の旨味を楽しむことができます。

「三星園上林三入本店」の抹茶・碾茶(てんちゃ)を合わせた「食べる 抹茶ちりめん」。淡口醤油でカラッと風味よく炊き上げることで、茶葉の香りと甘味・旨味を引き立てました。ちりめんじゃこは国産の小ぶりできれいな粒よりのものだけを手作業で丁寧に選別。

火加減、炊き上がりの時間を調節することで、食欲をそそる、見た目も鮮やかな濃緑色に仕上げました。抹茶と、そのまま食べることもできる碾茶を使用することで、茶そのものの味わいが楽しめるちりめんじゃことなっています。炊き立てのご飯はもちろんのこと、お茶漬けにしても美味しくお召し上がりいただけます。

碾茶…石臼でお抹茶に碾きあげる前の原葉のこと。

茶葉ごと味わう「食べる 抹茶ちりめん」

期間: 2022年5月28日~8月5日
価格: 2,200円(税込)
内容量: 45g×2袋

>オンラインショップはこちら
その他、楽天市場店、Yahoo!店、お電話(通販専用フリーダイヤル:0120-818-069)、専用ハガキ、FAXにて注文可能。

三星園上林三入本店
創業天正年間、約450年近くの歴史と伝統を持つ京都・宇治茶専門店の老舗。将軍家御用御茶師として代々「三星園」という称号を受け継いでおり、その紋所は、茶畑の地図記号の由来とも伝えられています。純正宇治茶の販売に加え、宇治抹茶資料室を設けたり、観光客に抹茶づくり体験教室を行うなど、文化継承にも取り組んでいます。

京都一の傳
京都一の傳は1927年の創業以来、本当に美味しい西京漬を追い求め、たゆまぬ創意工夫を重ねながら一心に西京漬を作り続けてきました。錦市場にほど近い京町家の情緒ただよう本店やジェイアール京都伊勢丹B1店、通信販売にて、永年受け継がれてきた秘伝の西京漬「蔵みそ漬」やご飯の友などを販売しています。

新着

新着

注目の記事

茨城県

観光

食べ物

イベント

【星野リゾート BEB5土浦】土浦の魅力を「地元の名産 × サイクリング」で満喫!「梨狩りサイクリング」レポート

「星野リゾート BEB5(ベブファイブ)土浦」は星野リゾート初の自転車を楽しむホテル。合言葉は「ハマる輪泊」。今回HYAKKEI編集部は、そんなBEB5土浦で開催された「梨狩りサイクリング」に参加しました。「自転車のまち」土浦の魅力を存分に味わうことができ、とってもカジュアルで、アクティブに楽しめる要素満載のBEB5土浦の滞在と合わせてレポートをお届けします!

山梨県

観光

【星のや富士】心と体が解放され自然と一体となる瞬間。至福のリトリート空間がここに/HYAKKEI滞在レポート<後編>

山梨県

伝統

観光

食べ物

文化

【星のや富士】心と体が解放され自然と一体となる瞬間。至福のリトリート空間がここに/HYAKKEI滞在レポート<前編>

ピックアップ

ピックアップ