真のいちご好きなら見逃し厳禁!「フレッシュあまおう&いちごスイーツ食べ放題フェア」開催!

2020.01.18

2020年1月14日(火)から2020年3月29日(日)、上野のビュッフェレストラン『大地の贈り物』では毎年恒例の新春から晩春に掛ける「いちごフェア」が開催されます!今年の第1弾として期間限定での「フレッシュあまおう&いちごスイーツ食べ放題フェア」です。

高級品種として名高い「あまおう」を主役に、その実をそのままかご盛りにした「フレッシュあまおう」の他に、いちごを使った12種類ものスイーツをラインナップしました。

真っ赤ないちごに、艶やかな飴が掛かった様子が“映える”と今秘かに話題の「いちご飴」や、色合いも味わいもいちごの最強パートナーと言える生クリームをたっぷり使った「ショートケーキ」や「クレープ」、「フルーツサンドイッチ」など華やかな顔ぶれが、ビュッフェ台を彩ります。

“新春”との文字があちこちに掲げられるものの、名ばかりに感じられてならない寒さが続く日々。弾けんばかりに瑞々しい果物・いちごが、『大地の贈り物』より、いち早く春の訪れを告げようとしています…!

気分はいちご狩り!フレッシュなあまおうが食べ放題!

福岡県内で限定生産されている「あまおう」。名前の由来ともなっている“あかく”て“まるく”て“おおきい”実は、その“うまさ”で高い人気を誇り続けています。新鮮で良質な「あまおう」の食べ放題がディナータイム限定で毎日登場!まずはそのまま頬張って、甘くてジューシーな果実をお楽しんてみてはいかがでしょう。

“自分で作れる”クレープ!アレンジはお好み次第!

ビュッフェレストランならではの料理の楽しみ方…それは自分流にメニューをアレンジしてしまえること。ビュッフェ台に並ぶ他のフルーツも活用してオリジナルスイーツを創りましょう!

和スイーツにもあまおうが大活躍!

和スイーツの素材としても存在感を発揮する「あまおう」。ふっくらモチモチの皮に包まれた甘さ控えめの小豆餡と「あまおう」の組み合わせは、小さくても立派に和スイーツの女王“いちご大福”の佇まいを見せます。

ついつい手が伸びる“もう一品”

ミルクの優しい甘さが特徴のイタリア発祥デザート「パンナコッタ」は、甘酸っぱい「あまおう」のソースとの相性抜群で、食後のデザートとしても最適。甘さ控えめの生クリームで仕上げた「クリームサンド」も小ぶりにカットしているので“あとひと口だけ!”の誘惑に応えてしまう罪深い一品です。

SNS映えも叶える!? スペシャルいちごメニュー

≪時間限定≫“ストロベリータイム”~特製手作りいちご飴~
どこか懐かしく、昭和の縁日の雰囲気を漂わせながら、実は今インスタグラムなどで話題沸騰中の一品が、令和最初の“いちごフェア”に大胆に登場!

いちごチョコファウンテン~いちご串団子~
ほんのりピンクが可愛らしく、いかにもフォトジェニック&ムービージェニックなこちらのメニュー、優しい甘さのいちごチョコレートは、串団子のほか、フルーツやマシュマロ、クッキーなどと合わせても◎。

《メニュー詳細》

ディナー限定メニュー
・あまおういちご食べ放題
・≪時間限定≫“ストロベリータイム”~特製手作りいちご飴~
・自分で作る!あまおういちごのクレープサンド
・あまおういちごのクリームサンド
・あまおういちごのミニ大福
・あまおうソースのパンナコッタ
・あまおうショートケーキ

ランチ・ディナー共通メニュー
・いちごチョコファウンテン~いちご串団子~
・あまおうソースのソフトクリーム
・あまおうのパウンドケーキ
・あまおうわらび餅
・いちごのロールケーキ
・いちごシュークリーム

※仕入れ状況により、期間内であっても予告なく変更や終了になることがあります。

《料金》
■ランチ(80分)
大人 平日1,750円 / 土・日・祝1,850円 / 昼飲み放題プラン2,580円
小学生 950円 4歳以上 600円 3歳以下 無料
■ディナー(120分)
大人 2,780円 / 梅酒+樽生スパークリングワイン飲み放題プラン3,580円
ビール&サワー飲み放題プラン3,780円 / プレミアム飲み放題プラン3,980円
小学生 1,400円 4歳以上 650円 3歳以下 無料
※表記価格はすべて税抜です。

大地の贈り物(ダイチノオクリモノ)

住所 : 東京都台東区上野1-20-11 鈴乃屋ビル4F
駐車場:
TEL: 03-3836-2640
営業時間: ランチ 11:00~16:00
ディナー 月~土・祝前日 17:00~23:00/日・祝日 17:00~22:00
定休日:

HOMEPAGE

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ