【日本橋三越本店】最新の中央区グルメや伝統の中にもモダンさを感じる雑貨など全38店舗が集結

2023.10.24

日本橋三越本店では10月25日(水)より、本館7階 催物会場にて「第13回 東京のまん真ん中 味と匠の 大中央区展」を開催します。

〈小宮商店〉描き絵 甲州織長傘「かさね」

傘づくりの数多くの工程をひとりの職人が担い仕上げる洋傘に、ハンドペイントで絵付けをしました。傘としての作りの良さ、手に持ち使うアイテムとしての美しさはそのままに、愛らしい絵柄も楽しい、こだわりの1点ものです。

各種 各49,500円

〈竺仙〉三角袋や手ぬぐい

持ち手の結びを調節して、サイズを変えて使うことのできる「三角袋」や“注染”という技法で染めた「手ぬぐい」など、それぞれ自分なりの使い方を楽しむことができる和小物。

左:三角袋 1,650円〜 真中:手ぬぐい 1,650円〜 右:お膳掛 2,310円〜

〈銀座 久兵衛〉三種盛り合わせ

各界の著名人や文化人、食通など多くの人々に愛されてきた江戸前寿司〈銀座 久兵衛〉。鯖の脂の乗りぐあいと酢の加減が絶妙な「鯖バッテラ」や「ばらちらし」「太巻」の3種が入った贅沢な盛り合わせ。店頭では職人が太巻きやちらしずしを作る実演を見ることができます。

4,801円

〈Cohana〉×〈榛原〉お裁縫セット さくら

日本の伝統工芸における匠の技術と厳選した産地素材で製作した、実用的でモダンなデザインの上質な道具を扱う〈Cohana〉。〈Cohana〉が日本橋和紙の老舗〈榛原〉とのコラボで製作したオリジナルさくら色の千代紙でお裁縫箱に、さくら色の裁縫道具をそろえました。

30,800円※22セット限り

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ