日本の蒸留酒、焼酎の可能性を世界に開くプロジェクト「The SG Shochu KOME / IMO / MUGI」

2020.03.29

「The SG Shochu」は、和酒として親しまれてきた焼酎を、日本が育んだ蒸留酒として、バーの視点から捉え直したプロダクト。伝統的な本格焼酎でありつつ、度数をバーで使いやすい40度前後に高めることで、カクテルにしても米、芋、麦の魅力を存分に味わえる構成です。
数々の国際的な受賞歴を持つバーテンダー後閑信吾が率いるSG Groupが企画・監修し、カクテルでもシンプルな飲み方でも、多様なスタイルで美味しく楽しめる新しい焼酎像を提案します。

左より「The SG Shochu KOME」「The SG Shochu IMO」「The SG Shochu MUGI」

“A fine spirit to Sip or Guzzle”

「The SG Shochu」の「SG」は “Sip & Guzzle”を表し、Sipには「味わって飲む」、Guzzleには「気軽に飲む」という意味があります。SipでもGuzzleでも美味しく楽しめるよう考案された「The SG Shochu」は、従来の焼酎の飲み方はもちろん、クラシックカクテルのベースや、クリエイティブなオリジナルカクテルの素材として優れており、自由で創造的な新しい焼酎の楽しみ方を可能にしています。




酒質のこだわり

本格焼酎が世界の酒類の中でも特にユニークな点に、蒸留は1回だけということがあります。そのため、原料由来の風味が豊かに残る製法です。「The SG Shochu」は、伝統的な本格焼酎ならではの特徴を大切にし、米、芋、麦のそれぞれの味わいを最大限に引き出しました。
「KOME」は米の発酵に由来する吟醸香を、「IMO」は紫芋と貯蔵芋の力強いフレーバーを、「MUGI」では樽熟成の豊かなアロマを楽しめ、バーで使われる主要スピリッツと同じ40度程度の度数をもちます。この度数があることで、カクテルにしてもこれらの個性が生き生きと表現され、ハーモニーが際立ちます。

“Reimagine Shochu”

お酒にとってラベルは顔であり、バー体験を豊かにする大切な要素です。和酒としての焼酎を、世界的に広がるバー文化の文脈から捉え直すことをテーマに、日本の伝統的な文様と洋酒的なデザイン要素を融合させました。
デザインは世界的な酒類ブランドのボトルラベルなどを手がける、英国マンチェスターのユナイテッド・クリエイティヴズ社が担当しました。

「The SG Shochu」商品概要

The SG Shochu KOME
・本格米焼酎40度・750ml
・2,980円(税別)
The SG Shochu IMO
・本格芋焼酎 38度・750ml
・3,500円(税別)
The SG Shochu MUGI
・本格麦焼酎40度・750ml
・3,500円(税別)

>商品公式サイト

新着

新着

注目の記事

北海道

観光

【釧路プリンスホテル】20代限定で定額利用プランが登場 冬のひがし北海道を満喫

コロナ禍で卒業旅行などに行けなかった方への応援、また旅行離れが進んでいるとされる若年層の方が旅行へ出かける1つのきっかけとなればと、定額料金でいつでも安心してご利用いただけるプランが登場しました。
釧路だけでなく近隣の大自然や、冬ならではの自然現象を満喫し楽しんでいただけるよう、2連泊以上の滞在型としています。

ピックアップ

ピックアップ