あざやかに浮かぶ紅葉をうつした和菓子 「鶴屋吉信」より発売

2021.10.25

秋も徐々に深まり、二十四節気では「寒露(かんろ)」を過ぎたこの頃。澄んだ空に木々が色づいてゆく季節となりました。四季折々の和菓子をご提供している鶴屋吉信より、10月中旬から紅葉をテーマとした和菓子が順次販売されます。手にとって、眺めて、そして味わって。お菓子を通じて京都の秋をお楽しみください。

「工藝菓 秋襲(あきがさね)」
紅葉の”かさね”の美しさ。
秋の陽を透かして色鮮やかに輝くかえでの葉を羊羹であらわし、丁寧に炊き上げた風味豊かな小倉羹(おぐらかん)と透き通る琥珀羹(こはくかん)の二層羊羹にとじこめ、奥行きある紅葉の情景を表現しました。

あっさりとした甘さは、少し渋めのお茶にもよく合います。

「つばらつばら 紅葉パッケージ」
もっちり・しっとり美味しい焼皮生地に小倉あんをはさんだ、人気の焼菓子「つばらつばら」の秋限定、紅葉パッケージです。紅葉がはらりと舞う包装は秋らしく、お詰合せにお使いいただくのもおすすめでございます。

※中のお菓子は通常版と同じです
※つばらつばら抹茶は通常版パッケージのままです

「京の秋(きょうのあき)」
色づく秋をあしらった、食べきりサイズの羊羹。吉野葛を使用したなめらかな食感の二層羊羹に、紅葉型のようかんをこめて。ほのかにひそませた紅茶の風味とともに、なごやかな秋の情景を思い浮かべながらご賞味下さいませ。

カップに入っておりますのでお召し上がりやすく、お詰め合わせにもおすすめです。

「紅葉 琥珀糖(もみじ こはくとう)」
秋の陽にほのかに透きとおる、紅葉のうつろいをお菓子にうつして。鶴屋吉信「IRODORI」ブランドがおくる秋限定、紅葉の形のお干菓子です。

シャリッと歯ざわり、つるっと舌ざわりが特徴の「琥珀糖」でつくられた紅葉に、抹茶・ダージリン・アールグレイ・アップルティー・ほうじ茶の5種のお茶の風味をとじこめ、緑から徐々に色づいてゆく様を表現しました。

IRODORI限定商品・WEB取扱なし

「生菓子 綾錦(あやにしき)」
紅葉に紅く染まる京の山々。綾をなす織物、錦の織物のような、鮮やかな風景を繊細なきんとんで表現いたしました。粒あん入り。

WEB取扱なし

「生菓子 竜田(たつた)」
万葉集にも詠まれた紅葉の名所「竜田川」の、色づく紅葉をこなしで表現いたしました。こしあん入り。

WEB取扱なし

「生菓子 遠紅葉(とおもみじ)」
遠くの山々が紅葉に染まる、晩秋の風情をきんとんで表現いたしました。粒あん入り。

WEB取扱なし

京菓匠 鶴屋吉信
1803年(享和3年)京都・西陣で初代鶴屋伊兵衛により創業。200余年の歴史を刻む、京都の老舗京菓子司です。「ヨキモノを創る」を家訓とし伝統の技を守りながら、現代の感覚をとりいれた新しい和菓子やカフェを考案。歴史ある京菓子の魅力のすそ野を広げてゆくとともに、和菓子の新たな価値を日々追求しています。
>鶴屋吉信公式オンラインはこちら
>「生菓子取扱店舗一覧」はこちら

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ