この蕎麦を食べなければ本当の味は判らない!手打ちそば 驀仙坊(ばくざんぼう)

翻訳者: SAKEmeow

2020.05.29

日本のそばは誰もが知っているとは思いますが、実際100%純粋なそば粉で作ったそばはあまり多くありません。一般的に、都市やその路地、駅などでよく見かける低価格のそばうどん店では、手早く食事を提供しています。立食いそば屋のそばは、そば粉と小麦粉を混合し麺機で作ったそばがほとんどで、安価に提供されています。

中目黒の閑静な住宅街にある「驀仙坊」は、地元の人気の蕎麦屋で、そばや麺をはじめ、自社厨房にて打ちたてのそばを作っています。
粉から製麺まで一連の工程をすべて店内で行うことで、100%新鮮で独創的な蕎麦が味わえます。

店は駅から徒歩5~10分程度です。外観は、和風の落ち着いた雰囲気が印象的です。
そこには店名にもある「仙」(日本の雅のような意)の文字が響き渡り、まるで平和な秘境のようです。
内装は、日本食レストランの優雅さを十二分に反映したもので、約40席ありますが、評判が高く人気も高いことから、行列が長くなる場面も多く、凄いものほど手に入れにくいというのは世の理ですね!

店の看板メニューはもちろん自慢の手打ちそばです、温かいかけそばや、つけそば(冷・温)などがそろっており、さまざまなご飯や一品料理も楽しめます。筆者は鴨そばと山菜の天ぷら丼を選びました。

まずはつけ汁を飲み、柔らかく繊細な味わいは落ち着いた気分になり、次に一口そばを食べます。口に入れた瞬間そばの香りが口内に広がり、すぐに日本の蕎麦の味だと実感しました。一口一口の麺の食べ応えと喉ごしは愉快な満足感を感じ、うどんのしっとり感とは違い、なめらかです。
麺を食べるというよりも、感謝だと言ったほうがいいです…10杯食べても大したことはないでしょう。鴨肉をふんだんに使ったそばを、店内で優雅な音楽を聴きながら食べると江戸時代に遡るようです。

男性の方はそばの量が足りないかもしれませんので、丼物・海老天ぷら・山菜天丼などと一緒にお召し上がりください。
天ぷらは脂っこくなく、天つゆとキラキラした白米の絶妙なハーモニーに征服されるような幸福感を感じることができるでしょう。是非ご自身で体験することをお勧めします!

日本に来て、焼肉やラーメンなどの味の濃い料理に飽きたら、お腹にやさしい蕎麦を試して、オリジナルの蕎麦を実際に感じ、日本伝統の味を旅に加えてみてはいかがでしょうか。

店舗詳細

驀仙坊(ばくざんぼう)

住所: 東京都目黒区青葉台1-22-5
交通手段: 東横線中目黒駅から徒歩5~10分
営業時間: 平日
12:00~15:30(L.O)
18:00〜21:30(L.O)
土日祝
12:00~20:00(L.O)
休業日: 毎週火曜日と毎月第3水曜日
電話番号: 03-3792-8823(予約可)

*現金のみ

新着

新着

注目の記事

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.22 由比〜江尻宿 これがホントの薩埵峠!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回は駿河湾越しに富士山を望み、東海道有数の絶景と言われる薩埵峠を越えるお話です。

長野県

観光

BEB5 軽井沢 避暑地「軽井沢」をオシャレに楽しむ夏旅2020を提案

「仲間とルーズに過ごすホテル」をコンセプトにした「星野リゾート BEB5(ベブファイブ)軽井沢」は、暑さを忘れて、オシャレに楽しむ夏旅を提案します。軽井沢は日本を代表する避暑地のひとつ。東京から新幹線でわずか1時間と、首都圏から気軽にアクセス可能です。スタイリッシュなデザインのパブリックスペースでくつろいだり、ご当地グルメを客室に持ち込んでプチパーティーをしたり、豊かな自然を感じて気分転換したり、日常を離れて、さわやかな夏を満喫できます。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.21 蒲原宿〜由比宿 桜えび桜エビさくらえび!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

由比と言ったら桜えび。あまりグルメではない僕も、静岡の友達から桜えびのおすすめの店を聞いて楽しみにしていたのですが・・・

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.19 沼津宿〜吉原宿<後編>旧東海道寄り道鉄旅「岳南鉄道」

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。
時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。
吉原宿付近に差し掛かると、岳南鉄道「吉原本町」の駅がありました。名前は知ってたけど、もちろん乗ったことなかったので、もうなかなか来ることもないだろう、とちょっと寄り道してみました。

ピックアップ

ピックアップ