小田原こだわりの地域産品を扱うお取り寄せサイト 「おだわらマート」がオープン! ~江森宏之シェフ監修のスイーツも購入可能! 渡辺俊美 GW特別企画も開催~

2020.05.14

小田原から厳選したこだわりの地域産品を扱うお取り寄せサイト「おだわらマート」がオープンしました。このサイトでは、人気パティスリー「メゾンジブレー」の江森宏之氏が監修し、太陽をたっぷり浴びて育った小田原産・湘南ゴールドを贅沢に使ったスイーツ『小田原ゴールド』シリーズをメインに、ネット販売初、創業650年のういろうの小田原銘菓「お菓子のういろう」、創業400年の鮑屋と共同開発した「漁師のさばフレーク」などの小田原の名店の商品や、小田原城天守閣が閉館中で購入できない御城印帳も特典付きでネットでの購入を可能にしています。外出自粛の影響で販売できなかった商品・農家直送の野菜など、地域の商品の廃棄ロスを減らすための取り組みもサイト内で行なっていきます。

1. 商品詳細 『小田原ゴールド(Odawara Gold)』シリーズ
幻のオレンジといわれ「かながわブランド」にも選ばれている湘南ゴールドは、その多くを温暖な小田原市で生産しています。人気パティスリー「メゾンジブレー」の江森宏之氏が監修し、太陽をたっぷり浴びて育った小田原産・湘南ゴールドを贅沢に使ったスイーツ『小田原ゴールド』シリーズは、7種のシリーズからお好きなものをお選びいただけます。ご自宅用だけでなく、贈答用にも向いています。まさに今が旬の湘南ゴールドのみずみずしさを洋菓子で味わえる商品です。

<小田原ゴールドゼリー>
冷蔵庫で冷やしても美味しいですが、凍らせるとシャーベットにもなります。たっぷり入ったゼリーは食べ応えも抜群。
1瓶 648円(税込)

<小田原ゴールドシャーベット>
爽やかな香りと口どけが特徴で、甘いだけではない湘南ゴールドの果汁は大人のデザートとしてもオススメ。6個入りは贈答用にも。
6個入り 3,240円(税込)

<小田原ゴールドシロップ>
果汁と甘みのバランスが絶妙で、サイダーやお酒で割ったり、パンケーキやヨーグルトのシロップとしても楽しめます。ホットドリンクなどもオススメ。
1本 1,166円(税込)

<小田原ゴールドメレンゲ>
口に入れるとサクッとした食感のあと、柔らかにとろけて風味が口の中で広がります。おやつにぴったり。
1個 777円(税込)

<小田原ゴールドコンフィ>
湘南ゴールドの皮を砂糖漬けにしたもので、ほのかな苦味がアクセントになり、クラフトビールのお供に最高。
1個 583円(税込)

<小田原ゴールド>
コンフィチュール(ジャム)ちょうど良い酸味。果肉のほろ苦さが甘さを引き立てます。パンやヨーグルトのお供にぴったり。
1瓶 842円(税込)

<小田原ゴールドマシュマロ>
噛みしめるたびに果汁が口の中へ広がる感覚はマシュマロとは思えないほどに果実を感じることができます。紅茶などと一緒にお茶菓子としてどうぞ。
1個 583円(税込)

*配送代には、クール便の送料、箱代、ドライアイス代がかかる商品もございます。

2. 商品詳細 『小田原リトリート(Odawara Retreat)』シリーズ
湘南茅ヶ崎のjuice cafe「bowl market juice & deli」プロデュースのコールドプレスジュース『小田原リトリート 』。小田原の八木下農園の柑橘類や小田原の野菜(一部使用)を使用した小田原地産のコールドプレスジュースです。このジュースを食事の代わりに摂取する事で暴飲暴食が続いた体をリセットさせ、健康的な体を維持するための体内のお掃除をおこなうことが可能です。
朝食の代わりに置き換え食としても使用可能ですので、食べ過ぎが続いた時、野菜不足を感じた時の食事代わりとして飲んでいただくこともできます。この時期限定で、アンケートにお答えいただくことを条件に半額でご提供いたします。

3. 商品詳細 『小田原セレクション(地域商品)』
これらのほか、「おだわらマート」では、普段は小田原でのみ販売している小田原銘菓「お菓子のういろう」や、小田原城でしか買えないオリジナルの「御城印帳」のほか、飲食店がお休みで行き場をなくした野菜を農家から直送でお届けする「小田原農家直送! 小澤さんのおまかせ野菜セット」、小田原でとれたサバを使った「漁師のさばフレーク」、第30回全国水産加工品総合品質審査会にて、農林水産大臣賞を受賞した「鯖のオイル漬け」など、小田原ならではの逸品も多数ご用意しています。

小田原ゴールド 商品開発・監修・・・江森宏之(メゾンジブレー)

MOFフランス最高職人ルレデセールインターナショナルの店 Patisserie FRESSONにて フランクフレッソン氏に師事。帰国後「ベルグの4月」にてシェフパティシエとして5年、アイスクリームケーキ専門店「Glaciel」にてシェフグラシエ・シェフパティシエを3年勤め、独立。
フリーの期間には、2015年にミラノ万博にてアイスクリームとチョコレートのワールドカップにて日本代表のチームキャプテンとして出場し、優勝に導く。2017年7月に自身初のパティスリーとなる「MAISON GIVREE(メゾンジブレー)」をオープン、2019年には南町田グランベリーパークに2号店をオープン。
国内外のメディア、雑誌に数多く取り上げられるかたわら、世界のアイスクリームリーディングカンパニーカルピジャーニ社のデモンストレーターを務め、国内外の講習会、コンサルティングも行っている。

小田原リトリート 商品開発・監修・・・KAORI MAGASHIMA(bowl market juice & deli) sweets & foods coordinator

自分の体は自分が選び食べた物のみでつくられるという考えのもと、余分なものを溜め込まない身体づくりを研究。罪悪感のないスイーツやフードを作り、クリーンイーティングでヘルスコンシャスなライフスタイルを提案。元雑誌編集長、スーパーフード、ロースイーツインストラクター兼野菜ソムリエ。湘南茅ヶ崎でCold Pressed Juice Cafe 「bowl market juice & deli」を運営、東京学芸大学でグルテンフリー焼き菓子「KIJITORA」をプロデュース。

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ