埼玉県

食べ物

埼玉県北部の味噌・醤油蔵 ヤマキ醸造、季節にあわせて味噌・調味料をお届けする

2020.08.10

醤油・味噌・豆腐などの伝統食品を製造・販売するヤマキ醸造は、このたび季節の味噌を中心に四季をめぐってヤマキ醸造おすすめの発酵食品をお届けする、四季の味噌 頒布会の受付を開始いたします。
四季の味噌 頒布会では、季節の味噌を中心に、四季を巡ってヤマキ醸造の発酵食品をお届けします。年に4回(9・12・3・6月の第2週の木曜日お届け)、1回につき送料込・税込5,000円となっております。※お届けは本州のみ

ヤマキ醸造のものづくり

明治35年創業、国産原料を神泉の名水で仕込み、昔ながらの醸造法により、味噌・醤油を造っております。
使用する原料は、農業生産法人「豆太郎」をはじめ、国内契約生産者が丹精を込めて作った、環境に配慮して栽培した農薬・化学肥料・除草剤などを控えた大豆・小麦・米です。それら希少な原料を大切に職人の技で仕込み、自然の風味を活かして「安心」「安全」「健康」にこだわった食品造りをしております。「自然の中で自然のものを造る」をモットーに、素材のもつ自然の風味を活かし、化学調味料や保存料などは加えません。

頒布会をつくったきっかけ

当社では季節限定を含めて様々な種類の味噌を製造しております。直売店 糀庵では月末の味噌の日やお祭りなどの量り売りで大変ご好評いただいております。当店の量り売りをめがけて遠いところからお越しいただくお客様もいらっしゃいます。
この度、このようなwithコロナの時代になり、お気軽にお買い物にお越しいただくことがなかなか難しい環境になってきました。
そのような時代でも、変わらずにお味噌を楽しんでいただきたいと考えました。今までどおりのお買い物でなくても、当社の製品を味わってもらうには…と考えた結果、「四季の味噌 頒布会」をスタートすることとなりました。
食生活の一つの楽しみとして3ヶ月に一度という季節の変わり目に、季節感溢れる味噌と当社の調味料で、食事を楽しんでいただきたいと思い、頒布会を発足いたしました。
また、「免疫力」が注目される今、昔ながらの発酵食品の良さが改めて見直されております。美味しく食べながら、健康にも役立ていただけます。

四季の味噌 頒布会概要

商品名: 四季の味噌 頒布会
サイクル: 3ヶ月に1度 1年間限り
秋9月・冬12月・春3月・夏6月の第2木曜日にお届けいたします。
価格: 送料込・税込5,000円/1回
受付期間: 2020年8月1日(土)~8月26日(水)

>お申し込みはこちら
※鮮度の良い状態でお届けするため、お届けは本州のみとさせていただきます。

・その季節ごとの限定みそをお届け
・通常購入よりも送料込みで10%お得
・1年を通してヤマキ醸造の調味料をほぼ網羅可能
・おいしい味噌汁を1年中楽しんでいただきたいので、看板味噌の「有機玄米味噌」と「うまかだし」は半年に1回お届け

▼第1回 秋のお届け 2020年9月10日
季節の味噌は、コクのある旨味が特徴の有機赤だし味噌。その他、看板商品の有機玄米味噌と国産有機醤油もお届けします。

四季の味噌頒布会_秋

▼第2回 冬のお届け 2020年12月10日
季節の味噌は、熟成の深い味わいが特徴の熟味噌です。その他、冬の料理に活躍する調味料をチョイスしました。

四季の味噌頒布会_冬

▼第3回 春のお届け 2021年3月11日
季節の味噌は、二十五割糀の甘口のほほえみ味噌です。その他、生塩糀やあらこし生で酵素を活かしたお料理が楽しめます。

四季の味噌頒布会_春

▼第4回 夏のお届け 2021年6月10日
季節の味噌は、キレのある味わいで夏にぴったりの夏越味噌。その他、夏にはかかせない蔵のつゆなどをお届けします。

四季の味噌頒布会_夏

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ