沖縄県

食べ物

宮古島でバナナケーキを販売するモンテドール 8月7日「バナナの日」に本店がグランドオープン!

2020.08.16

沖縄県・宮古島市で40年以上の歴史を持つ「バナナケーキのモンテドール」が2020年8月7日(金)にグランドオープンいたしました。
コロナ禍のこんな時だからこそ、おうちで楽しく過ごすきっかけにしていただきたい!少しでも明るいニュースを届けたい!という想いを込めて、1年に1度の「バナナの日」にお得な特売セールも実施しています。

ドラゴンフード株式会社は、「バナナケーキのモンテドール」ののれんを守り、宮古島名産のバナナケーキをこれから先も皆さんに、より良く味わっていただくため、現状に満足せず、より美味しい、よりうれしいを求めて改良を重ねていきます。

帰島したとき、来島したとき、昔から変わらずそこにあるモンテドールを懐かしんでいただき、安心安全で美味しいお菓子を楽しんでいただける新しいシンボルであるように、スタッフ一同取り組んでまいります。

バナナケーキの40年以上の歴史

おおよそ1960年から70年頃、当時の宮古島は今のように物流が行き渡らず、テレビ放送もなく、のどかな日常と時折くる台風に耐えながら島民同士のつながりを大切に協力し合って生活していました。そのころ、数人の菓子職人が島のお祝い事に出すお菓子を学びに沖縄本島に行きます。
時代はまさにアメリカ統治時代、その影響もあってか菓子職人たちが学んだ「バナナのパウンドケーキ」が浸透し、お祝い事や進物用のお菓子として愛用されるようになりました。

「モンテドールのバナナケーキ」は、マーガリンやショートニングは使わず、バターと伝統製法である圧搾にて処理された有機栽培のべに花油を使用することで、べたつかずしっとりした食感に仕上がっています。完熟したバナナ本来の香りを楽しんでいただけるよう、香料等は使用せず、優しい甘みの甜菜糖を使用し、本来のバナナのさわやかな香りとふわっと優しい甘みが味わえます。また、アルミニウムフリーのベーキングパウダーを使用しているため、お子様でも安心してお召し上がりいただけます。

砂糖不使用!一番おいしい完熟度のバナナをジュースに! 賞味期限15分のバナナジュースが登場!

賞味期限15分のバナナジュース

40年以上、バナナの熟成度と向き合ってきたモンテドールだからわかる“一番おいしい完熟度”でジュースにしています。
バナナ本来のおいしさを存分に味わってもらうため、砂糖は使っていません。おいしいタイミングで飲んでほしいので、賞味期限は15分としています。

トッピングは、チョコレートを細かく刻んだ、その名も「チョコレートしりしり」のトッピングがおすすめ!
沖縄の方言で、細かくすることを「しりしり」と言います。皆さんおなじみの人参しりしり、モンテドールではチョコレートを「しりしり」しました!バナナジュースと相性抜群の「チョコレートしりしり」をあわせてご賞味ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために

・ソーシャルディスタンスを保つための入店人数制限
・マスク着用のご案内
・手指消毒のご案内
・定期的な店内換気、アルコール消毒

*上記の対策を徹底しておりますが、一時的な来店者数が多くなった場合には、入場の制限を実施することがございます。予めご了承ください。
ご来店のお客様におかれましては、ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

モンテドール本店

住所: 〒906-0012 沖縄県宮古島市平良字西里7番地の2
電話: 0980-72-3765
営業時間: AM 10:00~PM 8:30【年中無休】

>公式ホームページ

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ