沖縄県

食べ物

宮古島でバナナケーキを販売するモンテドール 8月7日「バナナの日」に本店がグランドオープン!

2020.08.16

沖縄県・宮古島市で40年以上の歴史を持つ「バナナケーキのモンテドール」が2020年8月7日(金)にグランドオープンいたしました。
コロナ禍のこんな時だからこそ、おうちで楽しく過ごすきっかけにしていただきたい!少しでも明るいニュースを届けたい!という想いを込めて、1年に1度の「バナナの日」にお得な特売セールも実施しています。

ドラゴンフード株式会社は、「バナナケーキのモンテドール」ののれんを守り、宮古島名産のバナナケーキをこれから先も皆さんに、より良く味わっていただくため、現状に満足せず、より美味しい、よりうれしいを求めて改良を重ねていきます。

帰島したとき、来島したとき、昔から変わらずそこにあるモンテドールを懐かしんでいただき、安心安全で美味しいお菓子を楽しんでいただける新しいシンボルであるように、スタッフ一同取り組んでまいります。

バナナケーキの40年以上の歴史

おおよそ1960年から70年頃、当時の宮古島は今のように物流が行き渡らず、テレビ放送もなく、のどかな日常と時折くる台風に耐えながら島民同士のつながりを大切に協力し合って生活していました。そのころ、数人の菓子職人が島のお祝い事に出すお菓子を学びに沖縄本島に行きます。
時代はまさにアメリカ統治時代、その影響もあってか菓子職人たちが学んだ「バナナのパウンドケーキ」が浸透し、お祝い事や進物用のお菓子として愛用されるようになりました。

「モンテドールのバナナケーキ」は、マーガリンやショートニングは使わず、バターと伝統製法である圧搾にて処理された有機栽培のべに花油を使用することで、べたつかずしっとりした食感に仕上がっています。完熟したバナナ本来の香りを楽しんでいただけるよう、香料等は使用せず、優しい甘みの甜菜糖を使用し、本来のバナナのさわやかな香りとふわっと優しい甘みが味わえます。また、アルミニウムフリーのベーキングパウダーを使用しているため、お子様でも安心してお召し上がりいただけます。

砂糖不使用!一番おいしい完熟度のバナナをジュースに! 賞味期限15分のバナナジュースが登場!

賞味期限15分のバナナジュース

40年以上、バナナの熟成度と向き合ってきたモンテドールだからわかる“一番おいしい完熟度”でジュースにしています。
バナナ本来のおいしさを存分に味わってもらうため、砂糖は使っていません。おいしいタイミングで飲んでほしいので、賞味期限は15分としています。

トッピングは、チョコレートを細かく刻んだ、その名も「チョコレートしりしり」のトッピングがおすすめ!
沖縄の方言で、細かくすることを「しりしり」と言います。皆さんおなじみの人参しりしり、モンテドールではチョコレートを「しりしり」しました!バナナジュースと相性抜群の「チョコレートしりしり」をあわせてご賞味ください。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために

・ソーシャルディスタンスを保つための入店人数制限
・マスク着用のご案内
・手指消毒のご案内
・定期的な店内換気、アルコール消毒

*上記の対策を徹底しておりますが、一時的な来店者数が多くなった場合には、入場の制限を実施することがございます。予めご了承ください。
ご来店のお客様におかれましては、ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

モンテドール本店

住所: 〒906-0012 沖縄県宮古島市平良字西里7番地の2
電話: 0980-72-3765
営業時間: AM 10:00~PM 8:30【年中無休】

>公式ホームページ

新着

新着

注目の記事

--

観光

客室内で完成・完結、お持ち帰りできる地域色豊かな体験~「界のご当地おこもりグッズ」提供開始

全国に展開する星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、2021年1月12日より、全施設で「界のご当地おこもりグッズ」の提供を開始しました。感染拡防止を万全にしながら、それでもワクワク感や新鮮な発見がある旅を楽しんでいただきたい、そんな思いから地域の伝統工芸品や文化にちなんだプログラムを、客室でご自身だけで完成・完結できる体験を用意します。

三重県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.43 桑名宿~四日市宿編 恐怖のギロチン工場とか間違えないで萬古焼とか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

三重県の桑名から四日市へと向かったのは爽やかなある年のGW時期。本来であればここは比較的単調な区間なのですが、突如現れたのは恐怖のギロチン工場。その正体やいかに。

青森県

観光

奥入瀬渓流ホテル 雪かきで自ら参拝までの道を切り開く!「冬の十和田湖開運ツアー」実施

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では2021年2月1日~3月22日の土日限定で、「冬の十和田湖開運ツアー」を実施します。本州最北端に位置する青森県は、厳しい自然と地形が織りなす、霊的で幻想的なパワースポットが多く存在し、1年の始まりを旅するには最適な場所です。当ツアーでは、下北半島の恐山と共に、北東北の二大霊場と呼ばれる十和田神社へ参拝します。これまで、冬は降り積もった雪で参拝するのも一苦労な状況でしたが、雪国ならではの体験として、スノーシューを履き雪かきで自ら参拝までの道を切り開きます。

東京都

イベント

冬といえば“猫”の季節!累計85万人動員の「ねこ休み展」 冬の本祭は新スター猫や限定コラボグッズ展開!1/22~東京で開催

85万人以上を動員した人気の猫クリエイターが集結する合同写真展&物販展の「ねこ休み展」冬の本祭を、2021年1月22日(金)~2月28日(日)にTODAYS GALLERY STUDIO.(東京・浅草橋)にて開催いたします。「ねこ休み展」も6周年に突入。冬の本祭は新たなスター猫登場や限定コラボグッズ、猫の日特別企画など、癒しの猫の祭典をお送りいたします。

ピックアップ

ピックアップ