宇治の老舗<辻利>から「抹茶ガナッシュ サンド」

2020.01.25

京都 宇治の老舗 辻利の銀座店にて、辻利こだわりの宇治抹茶のチョコレート ガナッシュを、国産バターをたっぷりと使用した風味高いココア クッキーでサンドした「抹茶ガナッシュ サンド」が販売し始めました。
後に他の支店にも販売するでしょうが、近いうちに銀座にお越しになる方は、辻利銀座店に訪れば一足先にこの極上な抹茶デザートを味わえます。

これは抹茶のほろ苦さを感じる上質で濃厚な宇治抹茶ガナッシュと、カカオの風味豊かなココア クッキーとの組み合わせて、今までにない上質で深みのある大人な味です。見た目もかわいらしい、抹茶好きな方へのプレゼントはもちろん、新たな銀座土産としてもおすすめです。

「辻利 銀座店」店舗概要

住所: 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B2
営業時間: 10:30~20:30
電話番号: 03-6263-9988

>辻利公式サイト

辻利(つじり)

創業萬延元年(1860年)。初代「辻利右衛門」は、保存性の高い茶櫃を考案してお茶の販路拡大を実現。また玉露の茶葉を棒状の美しい鮮緑に仕上げる「玉露製法」を確立するなど、高級茶の代名詞と言われる宇治茶復興の礎を築きました。辻利右衛門の宇治茶への志を今も受け継ぐ「辻利」は、幅広いお客様のライフ スタイルにマッチした和の楽しみを、確かな品質でお届けいたします。

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

ピックアップ

ピックアップ