カカオの魅力を引き出す“焙煎”に情熱を注ぐ ショコラティエ「フレデリック・ブロンディール」

2021.01.16

2013年の初登場以来、カカオの魅力を引き出す“焙煎”に情熱を注ぐショコラティエとして愛される『フレデリック・ブロンディール』。今シーズンも1月15日(金)より全国の百貨店を中心にバレンタイン限定商品を発売いたします。彼の情熱の下、常に進化し続けるショコラの数々をどうぞ心ゆくまでお楽しみください。

自ら目利きし“焙煎”!世界各地のカカオの魅力を引き出したショコラ

ブロンディールは、自らが目利きしたカカオを丁寧に“焙煎”し、クーベルチュール*1づくりから行います。さらに効率的な高温焙煎でなく、時間のかかる低温焙煎をあえて施すことで、世界各地のカカオ本来の香りや酸味、苦み、フルーティーさを最大現にまで引き出します。手間暇を惜しまない、彼の情熱の結晶は、まさに至極の時間をお約束する逸品です。

*1) 一般に、ココアバターの含有量の多いチョコレートのことで、チョコレートの細工などに使用されるものを指します。

2021年の新商品のご紹介

3カ国のカカオの特徴が際立った『カカオヴォヤージュ』
ワインの世界と同じように、カカオの世界にも「テロワール」という言葉があります。これは土地の個性を色濃く反映することを意味します。気候、土壌と地下層、そして地形によって、カカオの個性が育まれます。

フルーツのような酸味とスパイス感が特徴のインド産カカオ。華やかな香りを持つエクアドル産カカオ。ナッツのような香りのトーゴ産カカオ。まさに、“カカオで世界を旅する。”彼が選んだ3つのカカオを味わい、その土地に想いを馳せてみてください。

カカオヴォヤージュ

カカオの魅力を様々な角度から堪能できる『ビーントゥーショコラ』
コスタリカとエクアドルの選りすぐったカカオの「声」に耳を傾け、豆本来の特徴と香りを最大限に引き出したプラリネ。ナッツやフルーツを組み合わせ、定番から新しい組み合わせまで、個性豊かな8種のショコラをお楽しみください。

ビーントゥーショコラ

3種の焼菓子「ガトーセック」と「ドラジェ」を一度に堪能できる『ガトーセック&ドラジェ』。
焼菓子は、昨年一部店舗で発売し、好評を博した「キャラメルナッツフロランタン」に加え、今年は「マカダミアビスキュイ」、「ジャンドゥーヤサンド」が新登場。

ジャンドゥーヤサンド
マカダミアビスキュイ

さらに、甘味の強いペカンナッツに、コスタリカ産カカオのショコラを贅沢に纏わせた「ドラジェ」。個性豊かな「3種の焼菓子」と「ドラジェ」を一度に堪能できる、まさに珠玉のアソート缶です。

ドラジェ

フレデリック・ブロンディール
『焙煎に情熱を、ショコラに愛情を。』
1994年に創業し、ベルギー・ブリュッセルに本店を構えるショコラティエ。幼少期に、祖父の営む焙煎珈琲店『Santos Palace Coffee Roaster』の焙煎技術に影響を受け、焙煎について学び、現在、自らを焙煎士と銘打ち、独自製法によるショコラづくりで日々進化を遂げる。

「ショコラづくりで一番大切なものは、“カカオ本来の風味を引き立てること”。焙煎作業は、カカオの香り、酸味、苦み、フルーティーさを吟味し、ショコラの味を決定づけます。ゆえに私は“カカオ焙煎に情熱を注ぎ、一粒一粒のショコラに愛情を込めるということ”を何よりも大切にしています。」

F.ブロンディール

<出店情報>
・ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階催事場2021年1月15日(金)~2月14日(日)
・西武池袋本店  7階大催事場2021年1月16日(土)~2月14日(日)
・阪急うめだ本店 9階催事場2021年1月20日(水)~2月14日(日)
・大丸東京店   11階催事場2021年1月28日(木)~2月14日(日)
・高島屋新宿店  11階催事場2021年1月27日(水)~2月14日(日)

全国の百貨店等、計27店舗のバレンタイン催事にて、2021年1月15日(金)より、順次販売開始予定。
商品及び販売店に関する詳細情報は下記のHPをご確認下さい。

>フレデリック・ブロンディール日本公式サイト

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ