「麺処むらじ祇園本店」5周年

2020.12.15

「祇園麺処むらじ」は、2020年11月20日、皆様のおかげで5周年を迎えることができました。

女性店主が営む路地裏の行列ラーメン店

今から七年前に「女性が一人でも気軽に入れるラーメン店を作りたい。」「女性店主だからこそできる、おもてなしがしたい。」「ココロとカラダを休める時、ここに帰って来たいと思っていただけるようなお店にしたい。」店長、連(むらじ)恭子の、そんな思いから二年の準備期間を経て開店した「祇園麺処むらじ」は、今年で開業から五周年を迎え、いつしか「女性店主が営む路地裏の行列ラーメン店」と呼ばれ、連日多くのお客様にご来店いただけるようになりました。

2020年はコロナウイルスの影響もあり6月末日まで二ヶ月間店舗を休業するなど様々な事がありましたが、現在では京都へ観光でいらっしゃる方も徐々に増加し、休日には祇園の街にも多くの人の姿が見られるようになりました。

5周年を機に、開店当初の初心に立ち返り、ご来店いただいた全てのお客様が笑顔になって頂ける店舗を目指してまいります。

鶏白ラーメン

こだわりの「鶏白湯スープ」

試行錯誤を繰り返しながら、二年の歳月を費やし、むらじの「鶏白湯スープ」は完成しました。店主連 恭子の他一名のスタッフしか、レシピを知らないこだわりのスープは、職人の手によって12時間かけて仕込まれた後、全て店主が最終確認を行い、合格したものだけがお客様へ提供されます。

「女性も完食できるラーメン」を目指し、完成したスープは、鶏ガラをはじめとした国産の厳選素材をふんだんに使い、濃厚でありながらもスッキリとした後味は、女性にも大人気となり、今やご来店頂くお客様の7割が女性となりました。

鶏白ラーメン

店舗立地のこだわり

五十年前も百年前も存在した街に、五十年後も百年後も続くお店を作りたい。
そんな思いから「祇園麺処むらじ」は京都祇園の路地裏に誕生しました。店主の想いが詰まった店内には季節の生花が並び、おおよそラーメン店とは思えない空間を演出しています。

麺処むらじ祇園本店 外観
開放感のある2階席
広々としたカウンター席

5年間の沿革

2015年11月 「祇園麺処むらじ」開店
2016年 3月 檸檬ラーメン発売
2016年12月 佐々木酒造監修「香ばしお揚げと酒粕ラーメン」冬季限定発売
2017年 2月 紫綬褒章の「うまみ博士」考案「贅沢おだしと旬彩ラーメン」限定発売
2017年 7月 「土井志ば漬本舗」監修「冷麺」限定販売
2017年10月 半兵衛麩監修「秋野菜と生麩・生ゆばのつけ麺~柚子を添えて~」限定発売
2017年12月 佐々木酒造監修「香ばしお揚げと酒粕ラーメン」冬季限定発売
2018年2019年 7月 「冷やし担々麺」夏季限定販売
2018年2019年12月 佐々木酒造監修「香ばしお揚げと酒粕ラーメン」冬季限定発売
2020年 7月 一晩で京都の酒蔵巡り「12種の酒蔵セット」販売
2020年10月 日本三大七味「七味家本舗」監修「赤ラーメン」限定販売
2020年11月 佐々木酒造監修「香ばしお揚げと酒粕ラーメン」冬季限定発売
2020年11月28日~30日の3日間 5周年感謝企画を開催

■店舗情報

店舗名: 麺処むらじ RAMEN MURAJI KYOTO GION

◇祇園本店

住所: 京都府京都市東山区清本町373-3
TEL: 075-744-1144

◇室町店

住所: 京都府京都市中京区山伏山町536
TEL: 075-212-9911

<営業時間>

平日 11:30~15:00(LO14:30) / 17:00~22:00(LO21:30)
土日祝 11:30~22:00(LO21:30)

新着

新着

注目の記事

--

観光

客室内で完成・完結、お持ち帰りできる地域色豊かな体験~「界のご当地おこもりグッズ」提供開始

全国に展開する星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、2021年1月12日より、全施設で「界のご当地おこもりグッズ」の提供を開始しました。感染拡防止を万全にしながら、それでもワクワク感や新鮮な発見がある旅を楽しんでいただきたい、そんな思いから地域の伝統工芸品や文化にちなんだプログラムを、客室でご自身だけで完成・完結できる体験を用意します。

三重県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.43 桑名宿~四日市宿編 恐怖のギロチン工場とか間違えないで萬古焼とか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

三重県の桑名から四日市へと向かったのは爽やかなある年のGW時期。本来であればここは比較的単調な区間なのですが、突如現れたのは恐怖のギロチン工場。その正体やいかに。

青森県

観光

奥入瀬渓流ホテル 雪かきで自ら参拝までの道を切り開く!「冬の十和田湖開運ツアー」実施

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では2021年2月1日~3月22日の土日限定で、「冬の十和田湖開運ツアー」を実施します。本州最北端に位置する青森県は、厳しい自然と地形が織りなす、霊的で幻想的なパワースポットが多く存在し、1年の始まりを旅するには最適な場所です。当ツアーでは、下北半島の恐山と共に、北東北の二大霊場と呼ばれる十和田神社へ参拝します。これまで、冬は降り積もった雪で参拝するのも一苦労な状況でしたが、雪国ならではの体験として、スノーシューを履き雪かきで自ら参拝までの道を切り開きます。

東京都

イベント

冬といえば“猫”の季節!累計85万人動員の「ねこ休み展」 冬の本祭は新スター猫や限定コラボグッズ展開!1/22~東京で開催

85万人以上を動員した人気の猫クリエイターが集結する合同写真展&物販展の「ねこ休み展」冬の本祭を、2021年1月22日(金)~2月28日(日)にTODAYS GALLERY STUDIO.(東京・浅草橋)にて開催いたします。「ねこ休み展」も6周年に突入。冬の本祭は新たなスター猫登場や限定コラボグッズ、猫の日特別企画など、癒しの猫の祭典をお送りいたします。

ピックアップ

ピックアップ