東京都

飲食店

『和のクリスマス』を滝の流れる都会の森に佇む和食「茶寮リビエラの庭」で12/25(金)まで開催

2020.12.23

炊き立て土鍋ご飯が人気の「茶寮リビエラの庭」で北陸より厳選して仕入れた新鮮な魚介類を使い、和モダンのクリスマス特別メニューをお届けします。

料亭「⽩雲閣」開業から70周年を迎えたリビエラ東京の和食「茶寮リビエラの庭」にて、『和のクリスマス』を12月3日(木)~12月25日(金)まで開催いたします。滝の流れる庭に面した店内は換気も良く、また他のお客様との接触を避けられる、完全プライベートの個室も完備しております。

70年の歴史で培った漁港とのネットワークから、寒ブリなどの新鮮な魚介を北陸より直送。料亭「白雲閣」時代より続く熟練の技で、旬の食材を各種コースでご提供いたします。また発酵食をメニューに組み込んだお料理は、忙しい年末にふさわしく体に優しい内容に仕立てました。滝の水音をBGMに心地よい空間で、年に一度の大切なイベントを大切な方と心ゆくまでご堪能ください。

>茶寮リビエラの庭リンク

茶寮リビエラの庭「和のクリスマス」

期間: 2020年12月3日(木)~25日(金)
ご予約TEL: 03-3981-3231(完全予約制)
定休日: 火曜日・水曜日
営業時間: 【ランチ】11:30~15:00(14:00L.O.)【ディナー】17:00~21:00(19:30L.O.)
住所: 東京都豊島区西池袋5-9-5 リビエラ東京内
個室: 大小さまざまな個室を完備(別料金)
アクセス: 【電車】
「池袋駅」西通路C3出口から徒歩1分
【車】
〇山手通り千早一丁目交差点から立教通りに入り約650m左側・立教大学前
〇中央環状新宿線・西池袋インター下車
駐車場:28台(収容台数)【割引】レストラン利用で2時間無料

ご予約方法・注意点
お電話にて完全予約制:03-3981-3231
✔予約時にコース名をお伝えください。
✔お席のご指定はご希望に添えない場合がございます。
✔12月19日(土)~25日(金)のディナーは『Riviera Christmas2020』(18:30のみ、1日限定10組、12,000円/税・サービス料別)をご案内いたします。
詳細は下記よりご確認ください。ご要望により「和のクリスマス」コースもご用意可能ですのでご相談ください。
>茶寮リビエラの庭リンク

コース紹介

〈ランチ〉
・和のクリスマス【お膳ランチ】  3,200円(税別)
・和のクリスマス【コースランチ】  5,000円(税別)

〈ディナー〉
・和のクリスマス【ショートディナーコース】  5,000円(税・サービス料別)
・和のクリスマス【特別ディナーコース】  7,000円(税・サービス料別)
・和のクリスマス【料理長おまかせ特選ディナーコース】  10,000円(税・サービス料別)

*お客様の安全と安心を考慮し、サービス回数を減らしてご提供いたします。

茶寮リビエラの庭
池袋西口・立教大学前で、料亭「白雲閣」開業から70周年を迎えた『リビエラ東京』の「レトロモダンな和」をコンセプトにした和食レストラン。

海と山に抱かれた実り豊かな日本の旬を味わっていただくため、産地にこだわった魚介類や自社菜園で育てた無農薬野菜、生産者から直送される素材を大切に、滝の水音、木々の葉音、鳥のさえずりがBGMの自然豊かな空間で、季節感溢れる和食を提供しています。お客様からご好評の「土鍋ご飯」はお米の銘柄にもこだわり丁寧に炊き上げています。
>茶寮リビエラの庭公式ホームページ
>「茶寮リビエラの庭」動画

風にそよぐ暖簾をくぐると池袋という都心とは思えない緑豊かな別世界が広がる
竹林のアプローチを抜けると静けさに包まれる
竹林のアプローチを抜けると静けさに包まれる
レトロモダンな木造建築

リビエラ東京
ターミナル駅である「池袋駅」西通路C3出口から徒歩1分、立教大学前。1950年開業、前身となる料亭「白雲閣」から続くおもてなしと伝統の味わいで人々の集いの場を提供し続け、2020年に70周年を迎えました。築70年、木造建築の地下1階地上3階には、3つの大バンケット(170㎡以上)と3つの中バンケット(70㎡以上)、5つの個室、滝が流れ緑豊かな庭、レストランがあり、宴会、接待、会食、展示会、ウェディング、ジャズライブなど、さまざまな用途でのご利用に定評があります。
>リビエラ東京公式ホームページ
>Instagram
>Facebook

所在地: 東京都豊島区西池袋5-9-5
TEL: 03-3981-3231

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ