「天たつ」冬季限定商品「雲丹あわせせいこ蟹甲羅盛」発売開始

2021.11.16

日持ちのする保存用のウニとして加工された「汐うに」は、このわたやからすみと並んで日本の三大珍味に数えられています。「天たつ」では国産のせいこ蟹甲羅盛りに甘口に仕立てた雲丹のソース「たれ雲丹」を添えた冬季限定商品「雲丹あわせせいこ蟹甲羅盛」。

国産せいこ蟹のむき身にたれ雲丹をかける日本海の冬だけの贅沢な一品。せいこ蟹は漁期が短く、今の時季しか味わえない冬のごちそうです。越前蟹に比べて小ぶりですが、濃厚な蟹みそとたっぷりの卵(内子・外子)を持っています。

日本海でとれたせいこ蟹を塩茹でした後、せいこ蟹の身や蟹みそ、内子、外子を丁寧に取り出し丸々1ハイ分を羅盛りにしました。別添えのたれ雲丹とからめてお召上がりいただきます。汐うにの芳醇な磯の香りを纏い、せいこ蟹の甘味と卵のプチプチとした食感は日本酒のお供におすすめです。

雲丹あわせせいこ蟹甲羅盛

価格: 4,536円(税込)
内容: 雲丹あわせせいこ蟹甲羅盛1ハイ、たれ雲丹10g
サイズ: 化粧箱の大きさ 約 9.5×9.5×4cm

>オンラインストアはこちら

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ