「Berry UP!」いちごの焼き菓子をメインとしたスイーツブランド

2020.01.15

東京駅にある「Berry UP!(ベリーアップ)」は、いちごの焼き菓子をメインとした専門店。
誰もが愛するイチゴを食べる時の幸福感を凝縮したようなお菓子が、女の子や、犬や猫のイラストが描かれたキュートなパッケージに包まれて、食べる前から癒されます。

【いちごサンドクッキー】

甘酢っぱいいちごチョコレートをカリッと焼き上げたチュイールクッキーで挟んで、5層仕立てのサンドクッキーです。

【いちごケーキ】

練乳とマスカルポーネミルクの豊かさと、作りたてのイチゴジャムのようなジューシーな生地を組み合わせた、しっとりしたケーキです。

【いちごポルボローネ】

練乳をたっぷり加えたイチゴが舌の上で溶けるような、口どけの良いホロホロクッキーです。

◆店舗情報

店舗名: HANAGATAYA グランスタ東京中央通路店
住 所: 東京都千代田区丸の内1-9-1
JR東日本東京駅構内1階改札内HANAGATAYAグランスタ東京中央通路店
営業時間: 7:00~21:30

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ