新潟県

観光

新潟・津南の総合リゾート施設 – ニュー・グリーンピア津南:『ランタンの打ち上げ体験』を2020年12月24日(木)から 2021年3月31日(水)まで毎日実施

2020.12.03

株式会社津南高原開発が運営する総合リゾート施設「ニュー・グリーンピア津南」は、2020年12月24日(木)から2021年3月31日(水)まで『ランタンの打ち上げ体験』を毎日(貸切日・休館日を除く)実施しています。

本施設の冬の恒例行事となっている小型熱気球「空飛ぶランタン」の打ち上げを2020年度も実施いたします。東日本大震災や新潟・長野県境地震の復興を祈願し2012年に開始。

ゲレンデにカップルや家族連れが集まり、それぞれ願いを込めたランタンを夜空へ放ちます。空飛ぶランタンが柔らかな光で白銀の世界を彩る光景は、幻想的で美しいと多くの方からご好評をいただいております。

打ち上げの記念に売店では、ランタンTシャツ、ランタンタオルハンカチ、手ぬぐい、ランタンクッキーなど販売もしてます。

*空飛ぶランタンとは…
タイや台湾の祭りで無病息災を祈る儀式で熱気球の一種。コムローイ/天灯とも呼ばれており、直径約60cm、高さ約80cmのランタンに火をともし熱気球のように浮かび上がります。

実施期間: 2020年12月24日(木)から2021年3月31日(水)まで毎日
(貸切日・休館日を除く)
時間: 全日 17:00~(一回打ち上げ)
※3月から17:00~が17:30~に変更
予約方法: 当日16時までにフロントへご予約ください。
価格: 1,500円(一個)

※ランタン打ち上げ体験は、悪天候の場合は中止となります。
>ニュー・グリーンピア津南ホームページ

<冬季限定>夜空に舞い上がる光の気球!幻想的なランタン打ち上げ体験付

2012年から始まり本施設の冬の人気プランです。ランタンに願いを書いて夜空に打ち上げれば、雪原を照らしながら夜空をただよう光の、幻想的な光景をご覧いただけます。ニュー・グリーンピア津南が贈る冬だけの特別な体験をお楽しみいただけます。

チェックイン: 15:00から
チェックアウト: 10:00まで
お食事: 朝食あり・夕食あり
お食事紹介: <ご夕食>約50種類の和洋中バイキング
<ご朝食>和洋食バイキング
※ 夕・朝食共に、ご宿泊状況により
和食・洋食の個人盛りになる場合がございます。
予約受付締切: 宿泊日当日の12時まで
プラン期間: 2020年12月24日(木)~2021年3月31日(水)

※悪天候の場合は中止
その場合、1室につき「1,500円分」の館内利用券をお渡しいたします。
※打ち上げ時間の<15分前>までにお集まりください。
※1室につき1個、ランタンをご用意いたします。
※ゲレンデで打ち上げるため、温かい格好でご参加ください。

<特典>
・ランタン1室1個
・滞在中の屋内温水プール※ご利用<無料>
・チェックイン前、チェックアウト後でも温泉ご利用<無料>

※プール営業日…毎週金・土・日、冬休み・春休み

ニュー・グリーンピア津南
新潟県の最南端に位置し、信濃川と日本一の河岸段丘に抱かれた津南町。

ニュー・グリーンピア津南は、苗場山麓の大自然の中に広大な敷地を持つプライベート高原リゾートホテルです。

アウトドア、インドアの各種スポーツ施設、レジャー施設、夏のキャンプ場、冬のスキー場が同じ敷地内にあり、多種多様な施設がすべてホテル直結。春・夏・秋・冬、四季を通じて楽しめる全天候型リゾート施設です。

豊かな自然環境の中、お客様一人ひとりに最高の感動をあたえられるよう、スタッフ一同、心のこもったおもてなし、接客サービスを提供しております。
>ニュー・グリーンピア津南

<アクセス>

・車
お車備え付けのカーナビやスマホマップアプリでのナビ機能では、狭い道や雪崩などで通行止めになる道路を案内する場合が多いため、必ず国道117号線「上段」交差点信号機よりニュー・グリーンピア津南へお越しください。

・電車
東京方面/上越新幹線・越後湯沢駅下車、宿泊者専用送迎バスで約50分
関西・中京方面/東海道新幹線、中央線、篠ノ井線、飯山線・津南駅下車タクシーで約20分
北陸方面/東海道新幹線、北陸線、ほくほく線、飯山線・津南駅下車タクシーで約20分
新潟方面/上越新幹線・越後湯沢駅下車、宿泊者専用送迎バスで約50分

>その他アクセス

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ