長野県

観光

コートヤード・バイ・マリオット 白馬 白馬岩岳スノーフィールドでの特別な体験と優雅なホテルステイを叶える宿泊プラン「Exclusive Winter Stay」を発売

2020.12.20

コートヤード・バイ・マリオット 白馬では、2020年12月26日(土)~2021年3月13日(土)の期間、白馬岩岳スノーフィールドでのVIPプログラムとホテルレストランでのディナーやホテルからの送迎などが付いた宿泊プラン「Exclusive Winter Stay(エクスクルーシブ ウィンター ステイ)」を発売いたします。

ホテルディナー イメージ

雄大な北アルプスと良質な雪を求めて多くのスキーヤーが訪れる世界有数のスノーリゾート、白馬。本プランでは、白馬岩岳スノーフィールドのVIPプログラム“HAKUBA S-CLASS ~VIP lounge & Priority pass~”をご利用いただくことができ、ゴンドラやリフトの優先搭乗サービスやまだ誰も滑走していない朝一番のゲレンデを滑走できるなど、特別なプログラムを体験することができます。

またホテルでは、保湿力に優れた白馬姫川温泉を堪能いただける温泉付プレミアルームなどいずれも30㎡以上のゆとりあるお部屋でのご宿泊に、滞在中のグラスシャンパンサービスが付いた優雅なリゾートステイをお過ごしいただけます。

この冬、世界に誇るスキーリゾートでいつもとは少し違った贅沢なスキートリップ、ぜひ体験ください。

宿泊プラン「Exclusive Winter Stay」について

北アルプスの絶景やふかふかのパウダーが楽しめる豊富なコースなど白馬エリア最多の26を誇るコースが楽しめる白馬岩岳スノーフィールドで“HAKUBA S-CLASS”利用者だけが体験できる特別なひととき。

ホテルでは、高さ8mもの三角屋根が印象的なレストラン「Dining & Bar LAVAROCK」で味わう信州滋味を存分に使用したコース料理や、さらさらとした泉質で保湿力が高い白馬姫川温泉で、ゆっくりと疲れた身体を癒していただけます。

《HAKUBA S-CLASS ~VIP lounge & Priority pass~について》
白馬岩岳スノーフィールドでのスキーをさらに快適に有意義にお楽しみいただける特別プログラムです。以下のサービスをご利用いただけます。
・白馬岩岳スノーフィールドのリフト券(1日券)
・プライオリティパス(ゴンドラ・リフトの優先搭乗サービス)
・趣の異なる2つのVIPラウンジでエクスクルーシブな体験
・プライオリティパーキング(ゴンドラ乗り場目の前に専用駐車場を無料でご用意)
・クロークサービス
・誰も滑走していない朝一番のゲレンデを滑走できるファーストトラック
・白馬姫川温泉「岩岳の湯」入浴券

温泉付 プレミアルーム

宿泊プラン概要

期間: 2020年12月26日(土)~2021年3月13日(土)
内容: ・ご宿泊は、温泉付 プレミアルームや和洋室スーペリア(いずれも30㎡以上)などからお選びいただけます。
・白馬岩岳スノーフィールド“HAKUBA S-CLASS~VIP lounge & Priority pass~” 1日券
・ホテル~白馬岩岳スノーフィールドの送迎(事前予約制)
・滞在時のグラスシャンパン(1杯)サービス
・レストランでのご夕食
料金: 1名様 45,000円~(2名様1室ご利用時)
※上記料金はサービス料・消費税込みの料金です。別途、入湯税を申し受けます。
※料金は客室タイプ、ご利用日により異なります。詳しくはホテルまでお問い合わせください。

≪ご予約・お問い合わせ先≫
コートヤード・バイ・マリオット 白馬
TEL: 0261-72-3511
>コートヤード・バイ・マリオット 白馬公式ホームページ
*本プランの他にも“HAKUBA S-CLASS ~VIP lounge & Priority pass~”付きの宿泊プランをご用意しております。詳細はホテルWEBサイトをご覧ください。

【新型コロナウイルス感染拡大防止のための取り組みについて】
コートヤード・バイ・マリオット 白馬では、すべてのお客様の健康と安全を最優先に「三密回避」「徹底した衛生管理」「従業員の健康管理」に取り組む当社ガイドラインを遵守し、ホテル運営を行っております。
・チェックイン時、フロントカウンター以外のスペース活用などによる混雑緩和
・レストラン入店人数制限やテーブル間隔を広げた混雑緩和
・レストラン入店時アルコール消毒
・ご予約時やご来館時の検温、健康チェックシートのご記入 など
詳細はホテルWEBサイトをご覧ください。

新着

新着

注目の記事

北海道

イベント

好評につき今年も開催 湯元啄木亭の「キャンドルナイト」

函館の温泉旅館「湯元啄木亭(ゆもとたくぼくてい)」では函館ゆかりの松岡庭園をそのまま保存した銘庭があり、敷地は約1200坪。この啄木亭の庭園は秋が一番の見頃となっております。
そんな秋の庭園を彩るべく、地元函館のキャンドル作家「710candle(ナナイチマルキャンドル)」の監修の元、タイアップ企画が実現しました。

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ