神奈川県

観光

期間限定水族館 アクアリウム宇宙旅行「UNDER WATER SPACE」

2021.01.05

神奈川県横浜市の大型商業施設「横浜ワールドポーターズ」に、日本初となる宇宙 × アクアリウムをコンセプトにした期間限定水族館、アクアリウム宇宙旅行「UNDER WATER SPACE」を2020年12月22日から2021年8月22日の期間限定でオープンします。

アーティスト情報

MIRRORBOWLER(ミラーボーラー)
>Facebook

光と影の空間を創りだすアート集団。2000年より活動を始める。
グラフィックデザイナー、写真家、美術家、照明家など様々なジャンルのメンバーからなる。愛と喜びの感情を込めた光で空間を包み込み、日本文化・自然を慈しみ、そこから得られるインスピレーションを大切に老若男女問わず人種・言語・宗教観を超えて人の心に語りかける作品創りを目指す。
<実績>
スマートイルミネーション横浜、明治神宮鎮座百年祭奉祝 など多数

生田目 礼一(なまため れいいち)
>公式ホームページ

1980年 宮城県生まれ。ガラス造形アーティスト・バーナーワーク講師 ガラスを素材とした美術・装飾品、屋外型インスタレーション作品などを手掛け、ガラス素材ならではの繊細さと大胆さを兼ね揃えたその作風は、国内外から高い評価を得ている。 現在は東日本大震災に想いを馳せ、環境問題をテーマにした創作活動にも力を入れており、未来に向けたメッセージ性の高い作品にも注力している。
<実績>
SONICART in SUMMER SONIC 2019、六本木アートナイト、静岡文化芸術大学 デザイン学部デザイン学科 特別講師 など多数

GA☆KYO(がきょう)
>UWS ENTERTAINMENT リンク

日本を代表するアクアシーンの異端児 。
繊細かつ奇抜なアイデアで、水槽を<水の惑星> と称しアクアリウムの新しいスタイルを切り開いてきた、テラリウムやビオトープなどさまざまなジャンルに定評があり、陶芸や音楽 といったジャンルを超えたアーティストたちとのコラボレーシ ョンイベントを開催するなど、多くの人の支持を集めている。
<実績>
天空のアクアリウム ソラキン、金魚ミュージアム、大江戸温泉金魚物語、雅教展、すみだ水族館「お江戸の金魚ワンダーランド」など 多数

開催概要

開催期間: 2020年12月22日 ~ 2021年8月22日
開館時間: 10:30〜21:00 (最終入場 20:00)
料金: 大人(中学生以上):1200円
子供(小学生以上):600円
小学生未満:無料
開催場所: 神奈川県横浜市中区新港2丁目2−1 横浜ワールドポーターズ 4F

>アクアリウム宇宙旅行「UNDER WATER SPACE」公式ホームページ

フロア(館内の実写真)

ROOM1:エントランス 水の惑星への旅

ROOM2:ワープゾーン・宇宙船

ROOM3:アバンチュラの森

ROOM4:MIRRORBOWL AQUAPALLY

ROOM5:地球への帰還

全体マップ

■オープン記念キャンペーン

ご来場された10,000名様に先着順で「宇宙人になれるカチューシャ」をプレゼント致します!!
カチューシャをつければ気分はもう宇宙人!!第38惑星でのパーリーナイトをお楽しみください。

■新型コロナウイルス感染予防対策

新型コロナウイルスの感染予防ポイントとして、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は湿度40%以上を推奨※1しています。UNDER WATER SPACEではミストシステムを使った演出やアクアテラリウムなどを多数採用しており、施設内の湿度は常時60%以上※2を維持しています。また、換気やアルコール消毒、入館時の検温などの新型コロナウイルス感染予防対策を徹底するため、安心してお楽しみ頂けます。

<感染予防対策>
・従業員の体調管理として出勤時に検温
・従業員のマスク着用
・入場時に手指のアルコール消毒の実施
・チケットカウンターにビニールカーテンを設置
・3密にならないよう入場制限を実施
・定期的にお客様の手が触れる箇所をアルコール消毒
・ミストシステムを導入し常時60%以上の湿度を維持
・空調による換気

※1:出典「感染症対策分科会」(https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000693728.pdf)
※2:当社調査

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

ピックアップ

ピックアップ