長野県

観光

【界 アルプス】足湯に浸かって温まる「かまくら足湯」が誕生

2022.11.23

アルプスの玄関口・大町温泉郷に佇む宿「界 アルプス」。2023年2月1日に雪国の温泉旅館で楽しむ「かまくら足湯」が誕生します。

かまくらの中で足湯に浸かる

雪が降り積もる2月限定で中庭にかまくらが登場します。かまくらの中に足湯を楽しめるスペースを設け、寒さを我慢せず温まりながら快適にかまくらを楽しめます。信州の冬の気候を感じながら、温泉で足を温めることで、よく眠れ健康に良いと言われる「頭寒足熱」の状態になります。

お米本来の甘さを楽しめる地元酒蔵の甘酒

大町市の酒蔵、北安醸造で作られている「蔵づくりあまざけ」を用意しています。贅沢に磨いた、自家栽培の酒米のこうじのみで造られた、まるで和菓子のような上品で繊細な甘さの甘酒です。温かい甘酒を飲みながら、足湯に入ることで身体の芯から温まることができます。

雪景色を幻想的に照らす竹あかり

かまくらを優しく包むのは、地元で毎年冬に開催されている安曇野神竹灯を模した竹灯籠のあかりです。田舎の原風景に囲まれた界 アルプスでは、周囲のあかりに邪魔されることなく、竹灯籠の温かなあかりを眺めることができます。冬の闇夜に優しいあかりが浮かび上がる中庭で、かまくらでのひとときを過ごすことができます。

期間: 2023年2月1日~28日
料金: 2,000円(税込)
含まれるもの: かまくらでの足湯体験料、甘酒
時間: 18:00~18:45/19:00~19:45/20:00~20:45の三部制
定員: 各回1組3名まで
対象: 宿泊者
備考: 天候及びかまくらの状態次第では体験できない場合があります。
チェックイン時にお知らせします。

>ご予約はこちら

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

【星のや東京】江戸時代の芝居茶屋のもてなしを現代に 「新春歌舞伎滞在」開催

東京・大手町の日本旅館「星のや東京」では、2024年1月5日~26日に、1泊2日の滞在プログラム「新春歌舞伎滞在」を今年も開催します。
江戸に暮らす人々にとって新年の楽しみの一つに歌舞伎観賞があり、粋な過ごし方でもありました。その楽しみ方を支えたのが芝居茶屋です。観劇チケットの手配に加え、筋書やお茶、菓子、幕の内弁当、酒肴の提供など、至れり尽くせりのサービスで人々を喜ばせていました(*1)。星のや東京では、当時の芝居茶屋のようなおもてなしで、新年を寿ぐ滞在を提供します。

*1:富澤慶秀・藤田洋監(2012). 『最新歌舞伎大辞典』. 柏書房.

東京都

観光

イベント

【新宿御苑×ネイキッド】NAKED紅葉の新宿御苑2023開催決定

2023年11月22日(水)〜12月3日(日)の期間、新宿御苑にて紅葉のライトアップイベントが開催されます。今春の桜イベントに続き、今秋は紅葉イベントで再び新宿御苑とネイキッドのコラボレーションが決定しました。東京を代表する庭園「新宿御苑」は、数少ない都心の紅葉スポット。全長約200mのプラタナス並木と都心随一のモミジスポット・モミジ山、池への反射が絶景の「中の池」など、新宿御苑の紅葉とネイキッドのアート&食が融合した世界を見ることができます。

ピックアップ

ピックアップ