山梨県

観光

リゾナーレ八ヶ岳 ~100本のビッグフラワーが空間を彩ります~春の訪れを祝う祭典「回廊の花咲くリゾナーレ2021」開催

2021.01.12

自然豊かな八ヶ岳エリアのリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」では、2021年4月16日~5月16日まで、春の訪れを祝う祭典「回廊の花咲くリゾナーレ2021」を開催します。回廊の花咲くリゾナーレは、今年で17回目となる春の定番イベントです。高さ1.5~2mもの大きな花のモチーフが100本、昨年の2倍に増え回廊を彩ります。また、広場に敷き詰めたグリーンの上で自由過ごすことができるピクニックパーク、エディブルフラワーを使ったドリンクなど、花があふれるピーマン通りで春のひとときを過ごせます。

ビッグフラワーが彩る17回目の回廊の花咲くリゾナーレ

回廊の花咲くリゾナーレは、今年で17回目となる春の定番イベントです。全長150m続くメインストリート「ピーマン通り」には、高さ1.5~2mの「ビッグフラワー」が昨年の2倍の100本並び、そよ風に揺れ動きます。次々と花を咲かせる八ヶ岳エリアで育った花苗と共に、うららかな春を感じることができるイベントです。また4月29日~5月5日には日本屈指の産地から届くチューリップやガーベラを絨毯のように敷き詰め、色とりどりの花びらも回廊を彩ります。

回廊の花咲くリゾナーレ2021

期間: 2021年4月16日~5月16日
時間: 10:00~17:00
料金: 入場無料
対象: 宿泊・日帰り共に可

「回廊の花咲くリゾナーレ」の3つのポイント

1 ビッグフラワーで華やかに彩られたメインストリート「ピーマン通り」

ピーマン通りには、高さ1.5~2mのビッグフラワーが並び、昨年の50本から2倍の100本に増え、より華やかで彩り豊かな回廊になります。花壇にある飛び石に立てば、ビッグフラワーと一緒に写真が撮れるフォトスポットとしても楽しめます。

2 みんなで作る花の回廊

ゴールデンウィーク期間には、チューリップの花びらをまるで絨毯のように敷き詰め、回廊を彩ります。宿泊ゲストは、ホテルスタッフと一緒に協力し、花の水やりをしたり花びらを敷き詰めたりする「フルールキーパー」として、花の回廊をきれいにキープする体験ができます。ゲストも花咲くリゾナーレに参加できる取り組みです。

「フルールキーパー」

期間: 期間中の土日、4月29日~5月5日は毎日開催
時間: 8:00~9:00
対象: 宿泊者

3 オープンエアーな空間で楽しむ「花咲くピクニックパーク」

ピーマン通りのタワーの麓には、オープンエアーな空間で、思い思いの過ごし方ができる「花咲くピクニックパーク」が今年も登場。芝生のあるパークなので、シートを広げてピクニックを楽しんだり、自由に走り回ったりできます。パークでは、小さな子どもから大人まで楽しめるワークショップ「ジャンボフラワーづくり」を行います。

ジャンボフラワーとは、ピンクやオレンジなどのカラフルな材料で作る、直径45cm以上の大きなペーパーフラワーです。完成した作品は、フォトジェニックなアイテムとして写真撮影で活躍します。

キッチンカーには、エディブルフラワーを使った「花咲くカクテル」と「花咲くソーダ」が初登場。花にちなんだクラフト雑貨の販売やワークショップも開催。屋外で花と共に春を感じる体験ができます。

「花咲くピクニックパーク」

期間: 2021年4月16日~5月16日
時間: 10:00~17:00
料金: 入場無料

「花咲くキッチンカー」

期間: 2021年4月16日~5月16日
時間: 11:00~15:00
料金: 花咲くカクテル741円(税別)、花咲くソーダ648円(税別)

「クラフト体験」

期間: 期間中の土日、4月29日~5月5日の毎日
時間: 11:00~15:00
備考: ジャンボフラワー作りは「回廊の花咲くリゾナーレ」期間中毎日開催、1,364円~

日本屈指の産地から届く、美しい資源を活用して続くイベント

4月29日~5月5日には、新潟県や富山県で球根栽培が盛んなチューリップの花びらを絨毯のように敷き詰めます。チューリップは、良質な球根を育てるために開花前にカットされ破棄される、美しい副産物です。

また、静岡県からは生産量日本一のガーベラが届き、花房を水鉢に浮かべて楽しみます。ガーベラは、僅かな色づきの違いや大きさの都合などで出荷できなかった花を活用します。回廊の花咲くリゾナーレは、産地の方々の賛同を得ることで、17年間続いているイベントです。

<花咲くリゾナーレ 16年の歩み>

2005年 3万本のチューリップで長さ40mの石畳を飾る
2009年 山梨県や長野県、地域のアーティストとコラボレーション
2011年 小学生がデザインから作成までを手掛けた装飾が登場
2013年 ピーマン通り一面を使った150mにスケールアップ
2014年 10年分のデザインを集約したデザインで10回目を祝う
2015年 高さ15mのベリーニタワーを装飾し、空間を立体的な演出
2017年 山梨県と長野県の高校生がデザインから制作まで手掛ける「花畳の回廊」が誕生
2019年 3月に一部開通した中部横断道を通り、静岡県浜松市からガーベラが届く
2020年 高さ1.5~2mの「ビッグフラワー」登場

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化および混雑予測サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施

>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳
建築界の巨匠マリオ・ベリーニが手掛けたデザインホテルです。ホテルのメインストリートには、19店舗のセレクトショップが立ち並び、波の出る屋内プールや、本格的イタリア料理のメインダイニングなどを備えています。
山梨県北杜市小淵沢町129-1/客室数172室
>星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

ピックアップ

ピックアップ