青森県

観光

青森屋 春の公園の景色を横目に餅を焼く「花より団子馬車」運行

2021.01.27

青森の文化を満喫できる宿「星野リゾート 青森屋」では、2021年4月1日~5月31日の期間、春の公園の景色を横目に餅を焼く「花より団子馬車」を運行します。桜やツツジなど春爛漫の景色を前に馬車内で昔からお祭りで食されてきた郷土菓子「じゅね餅」を提供し、公園内のお花見していただけます。安心して利用できるように、定員は各時間2組までに限定し、スタッフおよび各組の間にはアクリルパネルを設置します。桜の見頃はおおよそ4月20日~5月9日です。

馬が身近にいた青森の暮らしを再現

かつて名馬の産地だった青森県では、農耕や荷物の運搬、交通手段として運行する馬車など、馬は人々の暮らしに欠かせず、家族のような存在として大切にされました。馬が身近にいた暮らしの一部を体験してもらえるように、青森屋では公園を巡る馬車の運行をしています。

「じゅね餅」を堪能

桜やツツジなど春爛漫の景色の中で馬車内で提供するのは、昔からお祭りで食されてきた郷土菓子「じゅね餅」です。「じゅね」は食用油にも使われるエゴマのことです。その実を煎って味噌と和えたじゅね味噌を串餅に塗り、網に乗せて焼き、お好みの香ばしさと味わいに仕上げます。じゅね餅の美味しさに夢中になり、花見を忘れてしまうかもしれません。

本アクティビティにおけるコロナ対策

・馬車内で、スタッフおよび各組の間にはアクリルパネルを設置します。
また、馬車の窓を開放し、常時換気できる環境を作ります。
・同行するスタッフはマスクを着用します。また、健康・衛生管理を徹底します。
・乗車するお客様にはマスクの着用を促します。
・検温によりお客さまの健康状態を把握します。
発熱等が認められた場合には、参加をお控えいただく場合があります。
・アイテムは、適切に消毒したものを使用します。
・集合場所のフロントに、手指消毒用アルコールを設置します。

「花より団子馬車」

期間: 2021年4月1日~5月31日
場所: 公演内
時間: 8:30/9:00/9:30/10:00/10:30/11:00
定員: 各時間2組(1組4名まで)
所要時間: 1周約20分
料金: 大人1,200円/小学生1,000円/未就学児700円(税別)

>予約はこちら
※天候や馬の体調により中止になる場合があります。

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所、全客室に除菌用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる「3密」の見える化および混雑予測サービス実施
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施

>【星野リゾート】コロナ対策まとめ

星野リゾート 青森屋
「のれそれ(*青森の方言で目一杯の意味)青森~ひとものがたり~」をコンセプトに、青森の祭りや方言などの文化を満喫できる温泉宿。約22万坪の敷地内には、池や古民家の点在する公園もあり、食事や多彩なアクティビティを楽しむことができます。
青森県三沢市字古間木山56/客室数236室
>星野リゾート 青森屋

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ