【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol2.日本橋~品川宿 <後編> 北品川の路地に後ろ髪ひかれて

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回は東海道の最初の宿場町「品川」へ到着。すっかり最新のオフィス街だと思っていた品川ですが、意外や意外、やはり東海道の宿場の雰囲気を色濃く残す場所だったんですよ!

知られざる水の都、東京

歌川広重作 東海道五拾三次 品川 日之出 │ 暗いうちに日本橋を立ち、朝焼け頃に品川宿へ入る大名行列が描かれている。奥には桜の名所御殿山が、目の前には江戸湾が広がっています。

銀座をあとに、南へと歩みをすすめます。
日曜日なので、オフィス街では人もクルマもあまり見かけません。

ゆりかもめ新橋駅下をくぐって浜松町付近に差し掛かると屋形船が見えてきます。

実は東京は水の都でもあります。
東京湾に流れ込む河川のほかにも多くの運河が縦横に張り巡らされているので、昔は多くの舟が行き交っていたのでしょう。

実は今、この東京の河川や運河から東京湾まで、気軽にめぐることができる「東京ウォータータクシー」という乗り物があるのです。
僕も1度だけ乗ったことがあるのですが、これが面白かった。

日の出桟橋から天王洲や田町の区間を結ぶ定期便もあるのですが、時間でチャーターすれば、どこに行くのも自由自在。狭い運河をズンズン進んで、電車や車からはけっして見ることのできない東京の街をめぐるのはめっちゃ楽しかったですよ。

>東京ウォータータクシー公式サイト

歩みを進めると、かつて東海道から江戸への入り口であった高輪大木戸跡があります。ここ実は今、注目の場所なのです。なぜ注目スポットなのか、もうおわかりですよね?

もうこれで最後、といわれる山手線の新駅「新高輪ゲートウェイ」駅が高輪大木戸跡のすぐ隣に、この春開業(3/14暫定開業)するんですよね!

それを見越して、すでに地価もぐーんと跳ね上がったのでしょうか、近くにBMWばっかりの駐車場を見つけました。

すげーな山手線新駅効果、このあたりの人はみんなもう土地成金になっちゃったの?

うわー、この辺に300坪くらい土地でも買っとけばよかった、くそー、ちくしょー、ばかばかばか!と地団駄を踏み踏み歩いていると、すぐにこんな建物が。

目の前のBMWの販売店が改装中なので、このBMWくんたちはみんなこの駐車場に一時引っ越ししていたんですね。
どうやら山手新駅成金幻想は、僕の早とちりのようでした。

さすが東海道の宿場町「北品川」

北品川の駅前から旧東海道の品川宿に入ると、日本橋を出て約10km、ようやく旧街道らしい雰囲気になってきました。

歌川広重作 東都名所 御殿山花見品川全図 │ 御殿山から見下ろした当時(天保(1830~44)後期頃)の品川の様子。桜を楽しむ庶民と品川宿の隆盛が見事に描かれている。

品川駅前、特に港南口は大きく再開発され、インテリジェントビルが立ち並んでいますが、旧東海道の北品川本通りに入ると両側に並ぶお店も、急に庶民的になります。このあたりには外国人向けの安いゲストハウスもありそうですね。

場所は品川ですが、感覚的には上野、浅草あたりの下町とほとんど変わりません。
なにより街道から脇路にそれていく路地がとにかく渋いんです。

おー、ちょっとここらで一杯やってってもいいんじゃないか、と思ったのですが、まだ歩き始めて2時間ちょっと。

さすがに日本橋をスタートして品川で1日終了!ってわけにはいきませんよね。

なにせ、かつての旅人は1日約40キロを歩き続けて12泊13日で江戸から京都まで到着したと言います。

そのペースだと今日は保土ヶ谷か戸塚まで行くことになります。

いやいや、さすがにそれは無理だけどせめて半分の川崎くらいまでは行きたいぞ!
ということで酒は呑まずに涙を飲んで先に進みます(笑)

品川橋で目黒川を越えると、やがて青物横丁です。
京急線に乗るといつも「青物横丁」という駅名が気になっていたのですが、こうして実際に来るのは初めてでした。

この名前は、昔、農民がこの地に青物(野菜や山菜など)を持ち寄って市場を開いたことに由来するらしいのですが、商店街のネオンもよく見ると確かに青物っぽく作ってありました。

いやー、なかなか発見があるな東海道!

Vol3.へ続く
< Vol1.日本橋~品川宿 <前編> 銀座でなりきり訪日外国人

新着

新着

注目の記事

青森県

観光

奥入瀬渓流ホテル 冬の奥入瀬渓流をとことん満喫する宿泊プラン「氷瀑ガールステイ」新登場 期間:2020年12月19日~2021年3月14日

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、2020年12月19日、冬の奥入瀬渓流をとことん満喫する宿泊プラン「氷瀑(ひょうばく)ガールステイ」が新登場します。この時期にしか見ることのできない冬の風物詩「氷瀑」を、静と動、明と暗、そして食と絡め、あらゆる面から満喫する氷瀑尽くしの宿泊プランです。

1泊2日の滞在中は、アクティブなツアーだけでなく、温泉や特別ディナー、限定スイーツも楽しめ、雪景色を望む露天風呂テラス付の客室で、疲れを癒しながらゆっくりと過ごすことができます。1日1組限定の当プランで、寒さも忘れ、心ゆくまで冬の魅力を楽しめます。

愛知県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.38 岡崎宿~御油宿後編 旅人留女とか裏マッサージの妖しい夜

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は岡崎に泊まって、三河の東海道を歩いた時の2日目後編。午前中のウラ岡崎城とか、かいちゃんのいるホテルに続き、妄想を掻き立てるような妖しい事象が連発するこの区間、どうなってるんや三河!

高知県

観光

イベント

高知県四万十町にて完全地産地消で夜間早朝に楽しめるサウナ&マルシェイベント「四万十川アウトドアサウナ」が2ヶ月間の週末限定で誕生

高知県四万十町の四万十川流域エリアに冬の夜に星雲を眺めながら体験できる四万十ヒノキで作ったアウトドアサウナと早朝にマルシェを楽しめる完全地産地消プロジェクト「四万十川アウトドアサウナ」を四万十町の全面的なサポートのもと、2020年12月4日(金)より2ヶ月間、金・土・日の週末限定で展開することをお知らせいたします。

--

食べ物

老舗名店のグルメのほか“おうちごはん”で楽しめる贅沢惣菜、個食グルメに注目「2020年 小田急のお歳暮」

小田急百貨店では、ECサイト「小田急百貨店オンラインショッピング」で10月20日(火)から、新宿店では11月5日(木)からお歳暮ギフトセンターを開設します。例年人気の全国から選りすぐりの名店・レストランのプレミアムな一品のほか、“おうちごはん”需要で注目高まる、本格的な味を手軽な調理で食べられる贅沢惣菜や個食グルメを取り揃えます。

兵庫県

観光

神戸の紅葉の名所「布引の紅葉」間もなく見ごろに。神戸布引ハーブ園では約500本のモミジ、約100本のヤマザクラなど、秋に色づく六甲の山並みがお楽しみいただけます。

港町神⼾の街並みが⼀望できる観光施設『神⼾布引ハーブ園/ロープウェイ』は、まもなく紅葉が見ごろを迎えます。ロープウェイからの六甲の山並み、約4hに広がる広大なガーデンの中を散策しながら、神戸の紅葉の名所「布引の紅葉」をお楽しみいただけます。

ピックアップ

ピックアップ