青森県

観光

グリーンシーズン到来 奥入瀬渓流ホテルの渓流オープンバスツアー

2021.04.27

星野リゾートは、3密を避けながら地元の方が近場で過ごすマイクロツーリズムを提案しています。青森県の奥入瀬(おいらせ)渓流沿いを二階建てオープンバスで走行する「渓流オープンバスツアー」を今年も実施します。

風と香りを感じられる圧倒的な開放感

当ツアー最大の魅力は、圧倒的な開放感を味わえることです。屋根がないオープンバスで走行するため、渓流のせせらぎや野鳥の鳴き声がよく聞こえるのはもちろん、吹き抜ける風と森の香りも感じられます。渓流の景色や清々しい風、森の香りを十分に楽しんでいただけるようスピードを落とし、ゆっくりと走行します。

360度見渡せる緑の絶景

奥入瀬渓流はU字型の渓谷になっており、バスが走る車道や遊歩道はその谷底にあります。

車道や遊歩道を進んでいくと、背の高い樹木や岩壁に覆われ、まるで森のトンネルを進んでいるようです。360度見渡せる緑の絶景に囲まれ、大自然を身近に感じることで、心身ともにリフレッシュできます。

また、一般的なバスより高い位置に座席が設けられるオープンバスからは、遠くまで渓流を見渡せたり、背の高い樹木がつける実や花も発見できたり、散策では気づかない奥入瀬渓流の魅力を深く知ることができます。

安心してご利用いただくための取り組み

当ツアーでは、安心してツアーに参加できるよう、以下の衛生管理対策を行います。
・乗車前の検温実施(37.5℃以上の発熱の際や体調不良時にはご乗車をお控えいただきます)
・ドライバー、スタッフのマスク着用
・乗車前に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・乗車中、全てのお客様のマスク着用
・毎便出発前に、車内の手すり、シートベルト、窓ガラス、座席の消毒作業

「渓流オープンバスツアー(一般開放)」概要

期間: 2021年5月15日~6月15日
場所: 奥入瀬渓流(焼山~子ノ口までの区間往復走行)
時間: 13:00~14:30
料金: 1名3,300円*税込
席数: 10名(自由席)
最少催行人数: 1名
予約: 事前予約制、予約サイトにて出発1時間前までに受付
年齢制限: 安全確保のため4歳以上から乗車可能。
備考: 天候によって中止となる場合があります。

雨天時は、無料でレインコートを配布します。
>予約はこちら

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所、全客室に除菌用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる「3密」の見える化および混雑予測サービス実施
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・パブリックスペースへのCO2(二酸化炭素)濃度測定器の配備
・自然換気、機械換気など、建物の設計にあわせた換気の徹底

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル。渓流が目の前に広がる露天風呂や岡本太郎作の巨大暖炉が印象的なロビーが癒しの空間を醸し出します。「渓流スローライフ」をコンセプトに心から満たされる滞在を演出します。
青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231/客室数187室
>星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ