京都府

観光

秋のびわ湖絶景と紅葉を楽しむスペシャルキャンペーン

2021.11.22

リゾートホテル「ロテルド比叡」において、2021年11月13日(土)から11月28日(日)までの土日祝日をメインに、秋のスペシャルキャンペーンを実施いたします。

「夢見が丘」では特設コーナーを設け、滋賀県産野菜を販売するほか、キッチンカーで焼き芋やベビーカステラの販売を行います。また、山頂のガーデンミュージアム比叡では、釉薬の重なりでびわ湖面を表現した温かみある青い信楽焼“BIWAKO BLUE”の販売や、色鉛筆画家・渡辺 美香子さんの絵画展を開催。

ロテルド比叡では、京都牛ビーフカレーを期間限定で販売します。外の空気が気持ちいい山床テラスでお食事をお楽しみいただけます。この時期ならではの比叡山の景色や空気とともに、限定メニューをご堪能ください。
びわ湖の絶景と色づく山々が美しい比叡山へぜひお越しください。

キャンペーン詳細

■【夢見が丘】特設コーナー
(1)キッチンカー出店(10時00分~15時00分)
  11月20日(土)・21日(日)・23日(火・祝)・27日(土)               
  焼き芋、焦がしバターとはちみつを使ったプレミアムベビーカステラ

(2)地元滋賀の生産者が作った野菜の販売(11時00分~15時00分)

■【ガーデンミュージアム比叡】幸せを呼ぶ青“BIWAKO BLUE”商品の販売
ショップ「メゾン・ド・フルール」(10時00分~17時00分)
12月5日(日)まで販売中
・BIWAKO BLUEの器(甲賀市信楽焼)
 釉薬の重なりでびわ湖面を表現した温かみある青い信楽焼
・青いチョコレート
・青いハーブティーとラテ

BIWAKO BLUE”の器(信楽焼)

■【ガーデンミュージアム比叡】「色鉛筆画&版画展~こころのままに おだやかに~」開催
ギャラリーsoRa(10時00分~17時30分)
色鉛筆画家 渡辺 美香子
12月5日(日)まで開催中
たくさんの色を重ねた優しい色鉛筆画の世界をお楽しみいただけます。

渡辺 美香子 展示絵画一例

■【ロテルド比叡】ランチタイム
レストラン(11時30分~14時00分ラストオーダー)

京都牛(和牛)の料理長特製ビーフカレーライス

施設案内

【夢見が丘】

所在地: 大津市山中町776-3
アクセス: ・大阪、神戸方面から
 京都東IC → 西大津バイパス「滋賀里ランプ」→ 伊香立浜大津線 → 西大津バイパス「滋賀里ランプ 京都方面入口」→ 西大津バイパス「近江神宮ランプ」 → 下鴨大津線(山中越)→ 田の谷峠ゲート

・京都市内から
 北白川別当町交差点 → 下鴨大津線(山中越)→ 田の谷峠ゲート

>ホームページ

【ガーデンミュージアム比叡】

所在地: 京都市左京区修学院尺羅ヶ谷四明ヶ嶽4番地
アクセス: 比叡山ドライブウェイ(有料道路)内
入園料: 大人 1,200円
小人(小学生) 600円

>ホームページ

ガーデンミュージアム比叡

【ロテルド比叡】

所在地: 京都市左京区一本杉
アクセス: 比叡山ドライブウェイ(有料道路)内

>ホームページ

ロテルド比叡

新型コロナウイルス感染症拡大防止対策

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ