多くの文人墨客も愛した舞台「総本山 三井寺(園城寺)」の観月舞台ライトアップ

2022.03.28

「総本山 三井寺」では桜の季節に合わせ、観月舞台が特別公開となります。公開時期にはライトアップも行われます。また、明治期の竣工以来、今なお“現役”で活躍している人工の運河「琵琶湖疏水」でも同時に行われます。

「総本山 三井寺 春のライトアップ2022」

境内参道沿いに約600灯の灯具を設置し、桜のライトアップと国宝・指定文化財など堂社の公開・夜間拝観を実施いたします。(観月舞台は予約が必要です)

期間: 3月25日(金)~4月10日(日)18時00分~21時30分(最終入山21時)
時間: 18時00分~21時30分(最終入山21時)
拝観料金: 大人 1,000円 小中高校生500円
TEL: 077-522-2238

※期間中、周辺道路は大変混雑するため公共交通機関をご利用ください。
>総本山 三井寺ホームページ

「びわ湖大津春のライトアップ 桜の琵琶湖疏水」

京都へと琵琶湖の水を運ぶ琵琶湖疏水は、明治時代に当時の最高の土木技術を駆使し造営された運河です。その両岸の桜並木には、約200本の桜があり、三井寺に続く絶景の桜並木として、桜の名所のひとつとなっています。

期間: 3月25日(金)~4月10日(日)
(桜の開花状況により変更の場合あり)
時間: 18時00分~21時30分
TEL: びわ湖大津観光協会
077-528-2772

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

【鈴木敏夫とジブリ展】ここにくれば、ジブリがもう一度見たくなる 京都と東京で開催

高畑勲、宮﨑駿両監督と共に、数々の名作を世に送り出してきたスタジオジブリ・プロデューサー、鈴木敏夫。幼少の頃から現在に至るまでの足跡を、8,800冊の書籍や映画と共に振り返ります。書籍から紐解く、スタジオジブリ誕生のひみつを2022年4月23日(土)から京都文化博物館にてのぞいてみてください。

ピックアップ

ピックアップ