東京都

観光

星のや東京 藍染の布地を使用した客室や亜麻の滞在着など、江戸の知恵を活かした「江戸涼み滞在」開催 期間:2020年6月1日~8月31日

2020.06.20

日本旅館「星のや東京」では、2020年6月1日~8月31日の期間、江戸の知恵を活かして暑さを乗りきる「江戸涼み滞在」を開催します。冷房機器がなかった江戸時代、人々は暑い夏を少しでも涼しく過ごすために、生活にさまざまな工夫を取り入れて過ごしていました。本プログラムでは、涼を感じられるよう特別に設えられた客室で、希少な亜麻で作られたオリジナルの滞在着を着用することで、快適に過ごすことができます。また、江戸の人々の夏の過ごし方から着想を得た釣りしのぶ作りや、夏の時期に好んで食べた食材を使った食事やスムージーも楽しめます。

江戸時代、人々は夏の暑さをただ耐え忍ぶだけではなく、軒下に風鈴や釣りしのぶを吊るしたり、金魚を鑑賞したりすることで、耳や目でも涼しさを感じられるような工夫を生活に取り入れていました。また、仕事は夜明けとともに気温の低い早朝に行い、夕暮れ時には庭先や路地に涼み台を出して夕涼みを楽しむなど、一日の時間の使い方も工夫していました。(*1)
星のや東京では、江戸の暮らしの知恵や涼を感じる感性を取り入れることで、現代の東京でも冷房機器に頼りすぎることなく快適に過ごすことができないかと考え、本プログラムを開発しました。
*1参考:木村吉隆著 「江戸暦 江戸の暮らし」2013年

「江戸涼み滞在」を楽しむ3つのポイント

1 涼しく過ごせるように特別に設えられた客室

涼しげな藍染の布地を使用した客室には、江戸の人々が夏の時期に涼を感じるために鑑賞したと言われる金魚や釣りしのぶ、季節の草花が設えられます。人は青色を見ると水を連想し、脈拍や呼吸数、血圧が下がり、涼しく感じると言われています。(*2)
また、客室内には希少な亜麻を100%使用した本プログラム専用の滞在着を用意します。麻は、吸熱、発散性にすぐれているため、古くから湯上り着などに使われていました。都心にいながらも冷房機器に頼りすぎることなく、快適に過ごすことができます。
*2参考:佐々木仁美氏著「色の心理学」2014年

2 江戸の夏の過ごし方に倣った涼み体験

チェックインし、貸切温泉に浸かり客室でくつろいだ後は、日本の古典園芸のひとつである「釣りしのぶ」を作ります。釣りしのぶは、江戸時代の中期に庭師がお得意様へのお中元として作ったのが始まりと言われ、人々は、青々と茂った「しのぶ玉」を家の軒下に釣るし、その姿に涼を感じていました。作った釣りしのぶは、滞在中に客室に設えるほか、自宅に持ち帰って夏の風物詩として楽しむこともできます。
また、夕暮れ時には、星のや東京の玄関前で夕涼みをします。江戸の町の人々は、気温が下がる日暮れに、庭先や路地に涼み台を出し、涼をとっていました。本プログラムでは、風鈴の音を聞き、冷抹茶と白玉あんみつを味わいながら涼むことができます。

3 滋味あふれる旬の食材を使った食事

夕食は、魚介を中心とした旬の食材とフレンチの技法を組みわせたフルコース「Nipponキュイジーヌ」を提供します。また、翌朝には、江戸時代に、暑さで体力が落ちる夏に好んで飲まれたと言われる冷たい甘酒を使ったスムージーを用意します。
江戸の人々は、旬の食材は栄養価が高いと信じ、好んで食べていました。江戸時代から親しまれた旬の魚介類や甘酒などを取り入れることで、夏の暑さに負けないよう体調を調えます。

滞在スケジュール例

<1日目>

14:00 チェックイン
14:30 貸切温泉にゆっくりと浸かる
15:00 亜麻の滞在着に着替え、客室で「釣りしのぶ」作り
17:00 冷抹茶と白玉あんみつを味わいながら夕涼み
19:00 夕食(Nipponキュイジーヌ)

<2日目>

06:30 甘酒スムージーで身体を目覚めさせる
07:00 めざめの朝稽古
08:00 朝食
12:00 チェックアウト

「江戸涼み滞在」概要

期間: 2020年6月1日~2020年8月31日
料金: 1名 65,000円 2名 95,000円(税・サービス料別、宿泊料別)
予約方法: 公式ホームページより14日前までに予約
含まれるもの: 貸切温泉、冷抹茶、白玉あんみつ、夕食(Nipponキュイジーヌ)、甘酒スムージー、朝食、めざめの朝稽古、釣りしのぶ作り
定員: 1日1組1~2名
対象: 星のや東京 部屋タイプ「菊」宿泊者

*状況によりプログラムのスケジュール、内容が一部変更になる場合があります。

<最高水準のコロナ対策宣言>

1 衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施と海外渡航歴の確認
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)

2 「3密」回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)

>詳細はこちら

星のや東京

和のおもてなしを世界に発信する日本旅館。「塔の日本旅館」をコンセプトに2016年7月に開業。玄関で靴を脱ぎ、畳敷きの伝統的な和室や各階のお茶の間ラウンジ、最上階に温泉を備える星のや初の都市型旅館。

>星のや公式サイト

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

イベント

京都の老舗旅館が新婚夫婦と学生向けに限定特別プランを企画! 「国内ハネムーンプラン」「小さな修学旅行プラン」予約受付開始

株式会社北海舘が運営する、京の宿 北海舘 お花坊は、2020年9月15日に、新型コロナウイルスの影響を受けた新郎新婦・修学旅行が中止になった学生を対象とした期間限定特別企画「国内ハネムーンプラン」「小さな修学旅行プラン」の予約受付を開始しました。
新型コロナウイルスの影響で挙式や披露宴の予定が立てられない、中止になってしまった方を“笑顔にしたい”との思いで、京都の老舗企業が業種を超えて協力し、幸せな時間を過ごすお手伝いを精一杯させていただきます。

埼玉県

観光

ちちぶへおでかけキャンペーン 第3弾  ながとろの「山と川」どっちも割  ~当日発売!おトクに川下りもロープウェイも楽しもう~

秩父鉄道株式会社と宝登興業株式会社では、秋の連休や紅葉時期に秩父路をお得に楽しめる「ちちぶへおでかけキャンペーン~ながとろの「山と川」どっちも割~」を実施します。当キャンペーンでは、「長瀞ラインくだり乗船券 1枚(AまたはBコース)」と「宝登山ロープウェイ往復乗車券 1枚」を当日に同時購入すると通常料金よりお安くお買い求めいただけます。また、宝登山小動物公園と宝登山ロープウェイでは、土休日にお子さまを無料招待とするキャンペーンも実施します。詳細は下記のとおりです。

青森県

観光

【奥入瀬渓流ホテル】紅葉の聖地、奥入瀬渓流で360度の絶景を楽しむ「紅葉プレミアムオープンバスツアー」実施|期間:2020年10月18日~31日

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、2020年10月18日~31日の期間、「紅葉プレミアムオープンバスツアー」を実施します。 例年10月中旬から11月上旬にかけて、紅葉はピークを迎え、約70万人(*1)が奥入瀬渓流とその周辺を訪れます。そんな賑わいを増す時期ですが、早朝に行う当ツアーは、昼間とはまったく違った静けさや澄んだ空気を感じながら、これまでとは違った新たな目線で紅葉を楽しむことができます。

また、オープンエアの2階建てバスで渓流沿いを走行するため、大自然の中を走り抜ける爽快感や、360度の絶景を存分に楽しめ、バスに乗っているだけで、国立公園の豊かな自然を満喫できるのも特徴です。東京で、2階建てオープントップバスツアー「スカイバス東京」を展開する、日の丸自動車興業株式会社と提携し、当ツアーが実現しました。紅葉を満喫できる渓流沿いを運行するバスツアーは、日本初です。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.28 金谷宿~日坂宿 見よ、これが静岡の本気の茶畑だ!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は金谷から西へ。静岡のお茶畑の景観が一番いい季節に、日本一の茶どころ、牧之原台地を越えて、掛川方面に向かったところ、とんでもない絶景に出会ってしまいました。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.26 藤枝宿~島田宿 とと姉ちゃんの蓬莱橋と、とろろ汁ふたたび

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回はゴールデンウィークの家族旅行の際に東海道ふらっと完歩をしたお話。ま、家族旅行とは言ったものの家族は一緒に歩いてくれなかったので、僕がひとりでちょっと抜け出して歩いていただけですが。

ピックアップ

ピックアップ