北海道

観光

恋人の聖地、北国のロマン溢れる駅、北海道網走市「北浜駅」

「北海道」という三文字の言葉は聞くだけでとてもロマンティックな気分になります。それはもしかしたら雪が関係しているかもしれません。なぜなら北海道は雪国であり、雪はロマンチックな雰囲気を演出するからです、そして多くの人が北海道に旅行し、雪の匂いや冬の景色を体感したいと思っています。
夏の北海道は、白い雪の世界はありませんが、とてもロマンチックな事が沢山あります。それは北海道だからこそ、あなたは見つけることが出来るのです。例えば網走市にある「北浜駅」の夏でも冬でも美しい風景をね。

「北浜駅」はオホーツク海から数十メートルしか離れていないため、「日本で一番海に近い駅」とよばれており、多くのTVシリーズや映画がここで撮影されていますその中には、1996年放映されたフジテレビのテレビシリーズ「みにくいアヒルの子」や、2008年に公開された中国映画のスーチー主演「狙った恋の落とし方。」《原題:非誠勿擾》にも、とても関連が深い場所です。「北浜駅」は恋人の聖地となりました。

その日はフライトが遅れたため女満別空港に到着した頃には北浜駅に行く時間はなく、私たちは翌日行くことにしました。
車でホテルまで行く途中に公道のすぐそばで美しい景色を見つけました。もちろん公道では止まることは出来ませんので駐車場がない場合はとても残念です。しかし、そんな心配をしていると前方の車両が点灯しているのを見たので、駐車場があることがわかりました。そんな所は複数の車両を駐車することが可能で、ゆっくり見ることができます。おそらく駐車場の管理者の方々はこのような美しい景色が、人々を魅了するのを理解し用意をしているのでしょう。
これらの施設をみるとこの街の観光地管理は心遣いを感じ、賞賛すべきです。

車から降りると前方には大きな水田が見え、遠くには大きな木と家がいくつかあります。木の配置は意図的に創られているようです。

このような美しい景色は、見る人々にこのロマンチックなムードを与えます。旅の最初からこの様な景色を見られるとは予想していませんでした、北海道は本当に素晴らしいです。どこを撮ってもロマンあふれる美しいシーンができるのです。
今回泊まるホテルは「天都の郷 ホテル本陣網走湖」(BBHホテルグループ)

住所:〒093-0045 北海道網走市字大曲34
>天都の郷 ホテル本陣網走湖 公式サイト

一晩の休息の後、朝食をとり足早にホテルを出発しました。
「北浜駅」までは車で約20分、駅は小さいですが駐車場があります。

駅の後ろにはオホーツク海が広がり。

駅前には情緒的なポストが置かれています。ここではポストカードを購入してその場で発送することができます。観光用の写真を撮るだけではなく、使うことも出来るのです素晴らしい!

駅の中に入ると周囲の壁はカードやメモによって天井まで覆われています。日本語、中国語、英語、韓国語など多くの国の言語で書かれているのがわかります。
結婚のお礼状まであり、とても面白いです。メモを貼るという行為はここでは必須でしょう、私たちも例外ではありませんでした、貼ったらは必ず写真を撮りましょう。将来また戻ってくるなら、あなたのメモがどれほど詩的であるかを見れますからね!

駅には喫茶店があり、名前は「停車場」といいます。

駅のゲートには看板があり駐車場の看板としても使われています(たぶん)。喫茶店は11時から開店で休憩や写真撮影のみの利用は禁止されています。趣のある木製のドアを開けると、店内の装飾は古い電車を彷彿とさせ。それら座席や窓、ライト…すべてが懐かしさでいっぱいです。
ここでコーヒーのひとときを楽しみながら、映画のワンシーンと同じ主人公になった自分を想像してみてください、しばらく現実をわすれることがまた喜びになります。この瞬間に、私は冬に再びここを訪れることを決意しました。
駅の冬の写真を見たことがあり、とても美しいので、次回また来るのが楽しみです。

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

島根県

伝統

芸術

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part2- アーティスト小松美羽に迫る。新風土記・第二弾の制作。そして創作の原点に在る”祈り”。

島根県

伝統

芸術

観光

文化

<小松美羽さん単独インタビュー> -Part1- 小松美羽さんと巡る出雲の旅

世界を舞台に活躍する現代アーティスト小松美羽さんの単独インタビュー第一弾。
アナザースカイ(日テレ系)が2週連続で5/27(伊勢篇)、6/3(出雲篇)の放映が決定した小松さん。

番組では2014年に”新風土記”を奉納した出雲へ訪れ、「新風土記の第二弾」を制作し番組内で初公開されます。

常に未来へ進み続ける小松美羽さん。そんな彼女に、この度HYAKKEIの単独インタビューに応えて頂く事が出来ました。”光の柱”の出現を体験し作品に大きな影響を与えたという出雲大社との深い関わりや、出雲の地での新作アートの制作、制作の中心にある祈りの原点に迫ります。

インタビューPart1ではアナザースカイでの撮影風景を元に、”小松美羽さんと巡る出雲大社”をお届けします。出雲の地への親愛の念溢れる小松さん。自然体で語っていただきました。

写真:神庭 恵子 / インタビュー・文:菊地 伸(HYAKKEI)


今回のアナザースカイのハイライトは、2014年に新風土記を制作した際と同じ古民家で制作した、初公開となる絵画作品。この作品についてはインタビューPart2で詳しくお伝えします。

< 小松美羽プロフィール >

1984年長野県生まれ。女子美術大学短期大学部在学中に銅版画の制作を開始。近年ではアクリル画、立体作品などに制作領域を拡大し、力強い表現力で神獣をテーマとした作品を発表。

2015年、ロンドンで開催されたチェルシー・フラワーショーへ有田焼の作品を出品し、受賞作が大英博物館へ収蔵されるという快挙を成し遂げる。その後、台湾、香港、日本での個展において動員数、売上とも記録を塗り替える。

HTCとのコラボによるVR作品『INORI~祈祷~』が第76回ヴェネツィア国際映画祭VR部門、イギリスのレインダンス映画祭にノミネートされる。2020年、日本テレビ系「24時間テレビ」のチャリTシャツのデザインを担当など、国内外で大きな注目を集めている。

小松美羽 Miwa Komatsu | オフィシャルサイト

『アナザースカイ』
日本テレビ
5月27日(木) 伊勢編 24:59~25:39
6月3日(木) 出雲編 25:09~25:39

アナザースカイ 番組公式サイト
https://www.ntv.co.jp/anothersky2/

ピックアップ

ピックアップ