贅沢なおうち時間を愉しむ。黄金比率ハイボールを味わえる、 割れないグラス“双円” 「Makuake」で6月3日より先行販売スタート

2020.06.16

石川樹脂工業株式会社は、アエテ株式会社の展開する「円」を贈り「縁」を繋ぐをコンセプトに掲げる「双円(ソウエン)」と、割れない新素材樹脂を使用した食器ブランド「Plakira(プラキラ)」がコラボして生まれた『ハイボールグラス』を6月3日(水)よりアタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake(マクアケ)」にて先行販売スタートします。黄金比率のハイボールを計量いらずで手軽に作ることができ、さらに割れる心配がないため生涯使い続けられる、おうち時間に最適なグラスです。Makuake限定セットとして、双円を代表する能作『豆皿』との特別セットもございます。

>Makuakeプロジェクトページ
プロジェクト期間: 2020年6月3日(水)~7月6日(月)

“双円”とは

<「円」を贈ることで「縁」をつなぐ。>
双円はひとつの「カタチ」を異素材で展開しています。素材が変われば印象も特徴も異なる一方同じ形だからこその美しい一貫性が備わります。双(so)はふたつ、円(en)はまる。2つの円が重なったカタチは愛らしくどこか懐かしさがあるフォルムです。異業種も異素材も「カタチ」を軸にしてつながり、互いのアイデアをシェアしながら、互いの販路で販売しています。能作やスガハラガラスなど日本を代表するスペシャリストのメーカーとともにカタチを届け、「縁」を繋いでいきます。

双円×Plakiraのコラボ

そんな想いがつまった双円から「割れない新素材樹脂」を用いた「Plakira」とのコラボで生涯寄り添うハイボールグラスが新登場。新登場のグラスは、美味しく感じる黄金比率ハイボールやミルクたっぷり濃厚カフェオレを計量いらずで手軽に作れます。今回、Makuake限定商品として、双円を代表する能作との特別セットをご用意しました。

双円グラス3つの特徴

(1) 2つの円が重なるカタチ
<まるみのある新しいデザイン>
可愛らしいまるみをおびたデザインは「円」を贈ることで「縁」をつなぐという想いが込められています。おうち時間が長い今だからこそ、ご自宅用はもちろん大切な方への贈り物にもおすすめです。

まるみのあるデザイン

<2段構造のくぼみ>
2つの「円」を組み合わせたカタチであり、その境には手に馴染むくぼみがあります。このくぼみを目印にすることで、同じ味の黄金比ハイボールを、いつでも簡単に作ることができます。

・ウイスキーとソーダの分量が1:3で、手軽に黄金比率に!美味しいハイボールのつくり方
数々の名店ではウイスキーとソーダの分量が1:3でハイボールを提供しており、1:3の分量がハイボールを美味しく楽しめる黄金比率と言われています。双円×Plakiraのハイボールグラスでは、くぼみの下にウイスキー、上にソーダを入れることで簡単に黄金比率のハイボールを作ることができます。

黄金比率ハイボール

1. 氷をグラス一杯にいれる
2. ウイスキーをくぼみまでいれる
3. ソーダをいれる

(2) 非常に丈夫な新素材樹脂
<誰もが安心して使える素材>

生涯割れず安心

1,000回落としても割れないくらい非常に丈夫な新素材樹脂を用いています。割れることがないため、ご家族みなさんで安心してご使用いただけます。自信をもってお届けできる耐久性だから、「生涯割れない保証※」をお付けします。
※送料はご負担となります。
※当社が続く限りの提供となります。

<食洗機対応>

食洗機もOK

食洗機も安心してご使用いただけます。漂白剤も使用可能で、ご使用いただくことで除菌効果もございます。

<ホットドリンクにも使用可能>

温かい飲み物を入れても

耐熱温度が100℃なので、ホットコーヒーや紅茶などの温かいお飲み物にもご使用いただけます。

(3) 選べるカラーバリエーション

豊富なカラー展開

今回、すべてのリターン品でお好きなカラーをお選びいただけます。
グラスM(375mL):クリア/ブラウン
グラスS(200mL):クリア/ブラウン/レッド/イエロー/グリーン
ぜひお好みのカラーでおうち時間を楽しんでいただけますと幸いです。

<さまざまなシーンで大活躍>
▼在宅ワークのおともに。

仕事中の一杯に

▼休日のおやつに。

デザート皿にも

▼仕事終わりの一杯にも。

晩酌でほっと一息

■商品詳細
・グラスM
[色]クリア/ブラウン
[商品サイズ]直径Φ 90×高さ110(mm)
[容量]375 mL
[重さ]150 g
[素材]飽和ポリエステル(トライタン)
[生産地]日本
[耐熱温度]100℃、耐冷温度:-20℃

・グラスS
[色]クリア/ブラウン/レッド/イエロー/グリーン
[商品サイズ]直径Φ 80×高さ70(mm)
[容量]200 mL
[重さ]95 g
[素材]飽和ポリエステル(トライタン)
[生産地]日本
[耐熱温度]100℃、耐冷温度:-20℃

<能作>
・豆皿
[商品サイズ]直径Φ 90×高さ15 (mm)
[重さ]146 g
[素材]錫100%
[生産地]日本
※電子レンジはご使用できません。
※低温により錫が変質する恐れがあるため、冷凍庫には入れないでください。また、冷蔵庫での長時間の保管もお控えください。

■Makuake先着限定セットの紹介
「双円×Plakira」を、いち早くご支援いただける方へ感謝の気持ちを込めて、限定の超々早割枠を設けました。
今回、マクアケ限定で特別セットとして販売する能作は高岡の地で400年以上に渡って受け継がれてきた伝統や知恵に今の暮らしに沿ったデザインや発想をプラスして、高岡銅器にいち早く新風を呼びこんだメーカーです。おつまみやちょっとしたお料理をのせるのに最適な錫製の豆皿とコラボです。

【超超早割】能作豆皿2枚+グラスM2個セット 50個限定 30%off 8,400円

ペアで揃えて

【超超早割】能作豆皿4枚+グラスM4個 50個限定 30%off 16,000円

家族で使える

新着

新着

注目の記事

京都府

観光

イベント

京都の老舗旅館が新婚夫婦と学生向けに限定特別プランを企画! 「国内ハネムーンプラン」「小さな修学旅行プラン」予約受付開始

株式会社北海舘が運営する、京の宿 北海舘 お花坊は、2020年9月15日に、新型コロナウイルスの影響を受けた新郎新婦・修学旅行が中止になった学生を対象とした期間限定特別企画「国内ハネムーンプラン」「小さな修学旅行プラン」の予約受付を開始しました。
新型コロナウイルスの影響で挙式や披露宴の予定が立てられない、中止になってしまった方を“笑顔にしたい”との思いで、京都の老舗企業が業種を超えて協力し、幸せな時間を過ごすお手伝いを精一杯させていただきます。

埼玉県

観光

ちちぶへおでかけキャンペーン 第3弾  ながとろの「山と川」どっちも割  ~当日発売!おトクに川下りもロープウェイも楽しもう~

秩父鉄道株式会社と宝登興業株式会社では、秋の連休や紅葉時期に秩父路をお得に楽しめる「ちちぶへおでかけキャンペーン~ながとろの「山と川」どっちも割~」を実施します。当キャンペーンでは、「長瀞ラインくだり乗船券 1枚(AまたはBコース)」と「宝登山ロープウェイ往復乗車券 1枚」を当日に同時購入すると通常料金よりお安くお買い求めいただけます。また、宝登山小動物公園と宝登山ロープウェイでは、土休日にお子さまを無料招待とするキャンペーンも実施します。詳細は下記のとおりです。

青森県

観光

【奥入瀬渓流ホテル】紅葉の聖地、奥入瀬渓流で360度の絶景を楽しむ「紅葉プレミアムオープンバスツアー」実施|期間:2020年10月18日~31日

奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、2020年10月18日~31日の期間、「紅葉プレミアムオープンバスツアー」を実施します。 例年10月中旬から11月上旬にかけて、紅葉はピークを迎え、約70万人(*1)が奥入瀬渓流とその周辺を訪れます。そんな賑わいを増す時期ですが、早朝に行う当ツアーは、昼間とはまったく違った静けさや澄んだ空気を感じながら、これまでとは違った新たな目線で紅葉を楽しむことができます。

また、オープンエアの2階建てバスで渓流沿いを走行するため、大自然の中を走り抜ける爽快感や、360度の絶景を存分に楽しめ、バスに乗っているだけで、国立公園の豊かな自然を満喫できるのも特徴です。東京で、2階建てオープントップバスツアー「スカイバス東京」を展開する、日の丸自動車興業株式会社と提携し、当ツアーが実現しました。紅葉を満喫できる渓流沿いを運行するバスツアーは、日本初です。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.28 金谷宿~日坂宿 見よ、これが静岡の本気の茶畑だ!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

この日は金谷から西へ。静岡のお茶畑の景観が一番いい季節に、日本一の茶どころ、牧之原台地を越えて、掛川方面に向かったところ、とんでもない絶景に出会ってしまいました。

静岡県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.26 藤枝宿~島田宿 とと姉ちゃんの蓬莱橋と、とろろ汁ふたたび

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

今回はゴールデンウィークの家族旅行の際に東海道ふらっと完歩をしたお話。ま、家族旅行とは言ったものの家族は一緒に歩いてくれなかったので、僕がひとりでちょっと抜け出して歩いていただけですが。

ピックアップ

ピックアップ