アカデミー賞ノミネート アニメーション短編映画『ダム・キーパー』初のYouTube全編無料配信決定

2020.04.27

世界に広がる新型コロナウイルスの影響で、多くの方が自宅で過ごさざるを得ない状況に鑑み、この度、期間限定でYouTubeのトンコハウスチャンネルにて、全編の無料配信が決定しました。珠玉の物語をぜひお楽しみください。

また、株式会社KADOKAWAは、2019年3月29日(金)『ダム・キーパー』の絵本を発売、同年4~5月にEJアニメシアター新宿にて「トンコハウス映画祭」を開催しました。現在、カドカワストアにて『ダム・キーパー』絵本ほか各種グッズを販売しております。

【『ダム・キーパー』ストーリー】

その町は大きなダムで、汚染された大気をせき止めていた。ダムの上の風車小屋に住み、朝夕風車をまわして町を守るのは、ひとりぼっちのブタの少年、ピッグ。人々は、だれが町をまもっているのかもわすれて、ピッグをのけ者にしていた。新学期、町の学校に、転校生フォックスがやってきた。絵を描くことが大好きで天真爛漫なフォックスとのふれあいが、ピッグの孤独な心をとかしていく。ところが、ある日、事件がおこり……。

>トンコハウス YouTubeチャンネル

カドカワストアでは、絵本『ダム・キーパー』を始め、トンコハウスグッズ販売中!

>グッズご購入はこちらから

1)絵本『ダム・キーパー』(税込1,760円) ※電子書籍も発売中

2)トンコハウス映画祭2019 トートバッグ (税込2,037円)

3)バンブータンブラー (税込1,834円)

4)地球にやさしいクリアファイルセット2枚組(2種)(各 税込1,019円)

5)巾着 (税込1,019円)

6)B2アートポスター (税込916円)

【トンコハウスとは・・・】

堤大介とロバート・コンドウは、世界最高のアニメ・スタジオといわれるピクサーでアートディレクターとして
活躍するかたわら、自分たちで脚本を書いて、自主制作映画をつくった。ふたりの初監督作品『ダム・キー
パー』は、世界中の国際映画祭で20以上の賞を受賞し、2015年米国アカデミー賞短編アニメーション部門
にノミネートされるなど、一大センセーションを巻きおこした。2014年、ふたりはピクサーから独立して、トンコハウスを設立。新たな仲間とともに、映像、出版、アートイベントなど多方面へ活動の幅を広げている。現在、現在、新作の企画開発中。

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ