飛騨高山の木工房 オークヴィレッジの新作椅子 「Mori:toチェア」(モリートチェア)を6月26日(金)発売

2020.07.05

飛騨高山の木工房、オークヴィレッジ株式会社は新作の椅子「Mori:toチェア」(読み:モリートチェア)を6月26日(金)より発売いたしました。

ウィンザーチェアの様式を踏襲しながらも、日本の伝統的な木組みの技法を用い、適材適所の材料選びで、日本人の暮らしに馴染む普段使いの椅子を開発しました。

森と人を繋ぐ椅子

主な素材には、里山に育つ広葉樹の代表格であるコナラとクリを使用。本製品では木材活用による地域活性を図るため、群馬県みなかみ町(※1)で自伐型林業(※2)により伐り出された材を積極的に用いています。

※1 群馬県みなかみ町
首都圏の水源である利根川上流に位置する町。ユネスコエコパークとして認定されている。
※2 自伐型林業
採算性と環境保全の両立を図る持続可能な小規模林業のこと。

【デザインの詳細について】

●表情豊かな「座面」
座面には、木目の表情が豊かで肌触りの良いクリ材を使用し、表面にはうろこ状の座彫りを施し、木目の美しさを際立たせました。
また、彫り跡の適度な凹凸により、滑りにくく快適な着座感が得られます。

●しなりを持つ「背」
背もたれはスピンドル(細い棒材)で構成し、シンプルで飽きの来ない日常使いの椅子を意識しました。
主材は硬さとしなやかさを合わせ持つコナラ材を用いており、背に体を預けると、そのしなりが独特の座り心地を生み出します。

●「軽い」木の椅子
無駄のない適材適所の材料選びにより、全重量が約4Kgという軽量化を実現しました。

【「Mori:toチェア」の概要】

名称: Mori:toチェア(読み:モリートチェア)
デザイン・設計: 佐々木 一弘(オークヴィレッジ プロダクトデザイナー)
発売開始日: 2020年6月26日(金)
販売料金: 67,000円(税別)
仕上げ: 植物性オイル(ナチュラル)
サイズ(約): 幅49×奥行53×高さ85cm(座面の高さ40.5cm)
販売店: オークヴィレッジ直営店舗(岐阜県高山本店、東京、大阪)
直営オンラインショップ、オークヴィレッジ製品正規取扱店
「Mori:toチェア」

オークヴィレッジ株式会社
岐阜県高山市で、創業当初より循環型社会を目指し、国産材を活用した木製品の製造・販売を行っています。また、「100年かかって育った木は100年使えるモノに」という理念のもと、お椀から建物までを手がける木工集団です。

新着

新着

注目の記事

東京都

芸術

奈良美智・村上隆などラインナップ。大手オークションプラットフォーム・PHILLIPSが好調な2021年春シーズンの活動を報告。

東京都

伝統

芸術

イベント

文化

<小松美羽さん単独インタビュー>新作“NEXT MANDALA〜魂の故郷” に込めた大調和時代へのメッセージとは

昨年25周年を迎えた(株)デジタルガレージは“Whole Earth Catalog”で世界的に知られるStewart Brand(スチュアート・ブランド)氏と“EARTHSHOT”を宣言。〜Whole Earth Catalogから50年、これからの未来・テクノロジーを考える〜をテーマに今年で21回目となるカンファレンス、「THE NEW CONTEXT CONFERENCE」が8月11日に行われ、その様子は日本⇔米国(サンフランシスコ)同時中継にてオンラインで観客に配信された。

イベント当日、現代アーティスト小松美羽さんは高野山別格本山三宝院で制作した”NEXT MANDALA〜魂の故郷”を発表。目入れのライブペイントを行い、”大加速時代から大調和時代へ”とのメッセージを発信し、会場を祈りの空間へと導いた。

ピックアップ

ピックアップ