日本の伝統的な「藍染め」を用いた数量限定LIMITED COLLECTION INDIGO DYEモデルを販売開始。

2020.07.11

フェンダーミュージック株式会社は、日本の伝統的な「藍染め」を用いたSTRATOCASTER®とTELECASTER®の2製品を数量限定にて6月26日(金)より数量限定で販売しました。

日本製フェンダーの、最新の技術や新しいものづくりへの飽くなき挑戦を行うLIMITED COLLECTIONシリーズの2020 SPRING/SUMMERには、日本古来からの伝統的な技術であり、最古の染料と言われる「藍染め」を用いた製品が登場。

タデ藍の葉を原料とする美しい日本の美。江戸時代以来の伝統の染め・絞りの技法と国内でも10件に満たない希少な本藍甕を使用した、こだわりのある作品に仕上げました。美しい天然の藍色は、人工のものでは出せない独特の風合いとカラーを生み出します。木材の個性に応じて、天然の藍染めだからこそ楽しめる一点一点異なる藍の濃淡、表情が感じられます。

両モデルとも、自然な藍染のボディに高級感溢れるゴールドパーツのコントラストがギターとしての美しさを引き立て、ネックに採用したローストメイプル材が、時を重ねるにつれて全体的に更なる深みを増していく製品に仕上がっています。

STRATOCASTER®モデルには分離感の良いクリーン&クランチサウンドが魅力のLIPSTICK SINGLE-COIL STRAT®ピックアップを3基搭載。TELECASTER®モデルには、甘いヴィンテージトーンを奏でるVINTAGE-STYLE SINGLE-COIL TELE®ピックアップを2基搭載しています。

限定15本ずつのみの生産となるLIMITED COLLECTION INDIGO DYE各モデルは、楽器としての完成度に加え、芸術品としての優雅さをもあわせ持った、コレクターズアイテムとしての稀少性を誇ります。

MADE IN JAPAN 2020 LIMITED COLLECTION STRATOCASTER®
製品名: MADE IN JAPAN 2020 LIMITED COLLECTION STRATOCASTER®
価格: 400,000円 + 税
製造数: 15本
MADE IN JAPAN 2020 LIMITED COLLECTION TELECASTER®
製品名: MADE IN JAPAN 2020 LIMITED COLLECTION TELECASTER®
価格: 400,000円 + 税
製造数: 15本

あなたにオススメ

新着

新着

注目の記事

沖縄県

観光

文化

うちなー滞在記vol.5「琉球時代へタイムスリップ~難攻不落の秘密と祭司ノロ・後編~」

沖縄本島の人たちが「宮古島」の方言を聞いたとき、「何を言っているのかわからない」という話をよく聞きます。

その島その地域で、独自の言葉や風習が残っている。「うちなーぐち(沖縄方言)」とひとくくりには出来ない、そんなところも沖縄の魅力のひとつではないでしょうか。

しかし、このような「多様」な言葉・文化・風習が残っていられるのは何故なんでしょうか?理由は様々ありそうですが、私はうちなーんちゅ(沖縄の人たち)からこんなことを感じることがあります。

・人は人、自分は自分

・自分が大事にしているものがあるように、他の人にも大事にしていることがある

多様な文化との交流によりつちかわれた、うちなーんちゅならではの感性かもしれません。

さて、今回は世界遺産「勝連城(かつれんじょう・かつれんぐすく)跡」の後編です。勝連の繁栄と石階段の秘密、そして沖縄においての「民間信仰」について、勝連城と共に見ていきたいと思います。

ピックアップ

ピックアップ