皮革伝統工芸ブランド 文庫屋「大関」から2月の新柄 『梅花(メイホア)』リリース 財布や小物など22種のラインナップ

2021.02.17

皮革伝統工芸の製造ブランド、文庫屋「大関」は2月の新柄として梅花(メイホア)を発売しました。

和風な「梅」ではなく、17世紀後半にヨーロッパで流行した、中国趣向の美術様式「シノワズリ」をイメージしました。その昔、日本に渡ってきた「梅」は、今では桜に並び日本を象徴する花木のひとつになっています。本来ならば、花・葉・実が同時に枝に揃うことはありませんが、四季折々に「梅」が織りなす表情、生命力を、一つの意匠に込めました。

※メイホアは梅花の中国語読みです。

発売日: 2021年2月10日
販売場所: 浅草店、銀座店、ネットショップ
販売アイテム: お財布各種、小物入れ、ケース、ホルダー、全22種
価格: 6,820円(税込)~27,500円(税込)
素材: 牛革

<店舗情報>
[浅草店] 〒111-0032 東京都台東区浅草2-2-6-1F
[銀座店] 〒104-0061 東京都中央区銀座1-8-7-1F
>商品ページ

メイホア 天溝がま口

●天溝がま口:11,400円(税込)

メイホア ぐるっとファスナーの長財布

●ぐるっとファスナーの長財布:27,500円(税込)

文庫革とは

文庫革は、真っ白な牛革を使用し、独特な加工を施した工芸品です。この独特な加工というのが他の工芸品には無い風合いを作り出しています。ひとつひとつ手作業で加工されています。

まずは白革に型を押し(浮世絵柄、小紋柄、花柄、等)一筆一筆、彩色を施し、漆で古びをつける行程をへて、お財布や小物などに縫製して仕立てます。漆で古びをつける行程は『錆入れ』(さびいれ)と呼ばれ、漆の他に真菰というイネ科の植物の胞子の粉が使用されています。この『錆入れ』は、文庫革の製法の秘伝となっています。

昔ながらの『錆入れ』の製法で文庫革製作をしているのは、現在日本で文庫屋「大関」ただ一軒だけです。

新着

新着

注目の記事

東京都

観光

イベント

サンシャイン60展望台 まっくらたいむ ~ゆっくりと夜景を見ながら、心落ち着く空間を~

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台では、2月19日(金)~4月4日(日)の期間、17:30以降の展望台内の照明などを落として真っ暗(まっくら)にすることで心を落ち着かせ、東京のキレイな夜景の中にまるで自分が溶け込んだような夜景観賞体験ができる「まっくらたいむ~ゆっくりと夜景を見ながら、心落ち着く空間を~」を実施いたします。

長野県

観光

長野県の名勝 天龍峡が史上初のライトアップ

天龍峡温泉観光協会は、2021年2月5日(金)~28日(日)の期間、天竜奥三河国定公園内の天龍峡第二公園にて、天龍峡史上初のライトアップイベント「天龍峡ナイトミュージアム」を開催中です。本イベントでは、国定公園であり国の名勝である天龍峡を博物館に見立て、天龍峡の動植物や地形、歴史や文化を、美しいライトアップ演出やスタンプラリーを通して紹介しています。そして2月15日(月)、コロナ禍でご来場が難しい方々にも本イベントを楽しんでいただけるよう、イベント特設サイトにてスペシャルムービーを公開いたしました。

滋賀県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.49 水口宿~石部宿編 碁苦楽快館とか、飛び出し坊やコレクションとか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

鈴鹿峠を越えて滋賀県に入ると、ほかの土地とは明らかに違う部分があります。それは滋賀県東近江発祥の「飛び出し坊や」。この旧東海道を歩いているだけでもめちゃくちゃたくさんの飛び出し坊やがいたので、今回はそのコレクションを紹介しましょう。

京都府

観光

【星のや京都】1日1組限定。春の風情をひとり占め 「さくらテラス」期間限定でオープン

都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2021年3月25日~4月10日の桜の時期に、1日1組限定で満開のしだれ桜をひとり占めできる「さくらテラス」をオープンします。さくらテラスは朝日に輝く桜や夕暮れの幻想的な光に浮かぶ桜など、時間帯によってさまざまな表情を見せる桜を一日中楽しめる空間です。桜の下で食事を味わったり抹茶を点てたりと、喧騒から離れてくつろぎながら、嵐山の春の風情を静かに愛でることができるテラスです。

ピックアップ

ピックアップ