埼玉県

イベント

ドライブインシアター、アリオ上尾で開催! ~ステージトラックを利用したモバイル型野外シネマ~

2020.08.23

埼玉県上尾市にある「アリオ上尾店(株式会社イトーヨーカ堂)」にて、車の中から映画を楽しむ、ドライブインシアターが2020年7月23日、24日に開催されました。(23日は諸事情により映画は中止)

●ソーシャルディスタンスを保つ
●マスクや消毒を徹底する
●密を避け、野外で行う

企業側としてはそれでも尚、万が一の万が一を考えた場合、野外に個室を作り出し、人との接触がほぼゼロに等しいドライブインシアターしか最早打つ手がありません。
まさに催事担当者の頭を悩ませる難しく新しい時代の到来と言えます。
しかしながら、始まりはこうしてコロナウイルスに対してのリスクヘッジではあったものの、実態は古き良き文化を復活させるトリガーとなっています。

ドライブインシアターについて

ドライブインシアターは1950~60年代に米国でブームとなり、日本では90年代に流行しました。
今50代以上の世代にはとても懐かしい景色であり、青春時代の淡い思い出を蘇らせるきっかけになっています。

今回参加した車両は約50台。参加者からの声には「懐かしい!」という声と同数、若い世代からは「新しい!」という声が上がました。

「お母さんとお父さんはね、よくこうやって車で野外の映画を観に行ったものよ。懐かしいわ。ね、お父さん。」

今春高校生になった娘に対してそんな会話が車内で交わされていると思うと、何とも暖かく素敵な時間と空間でした。

「野外×個室」で感染のリスクは限りなくゼロに等しい

オリンピックも延期となり、スポーツやエンターテイメントの火は消えかかりつつある2020。
しかし、「野外×個室」「懐かしい×新しい」のドライブインシアターでwithコロナ時代でもエンターテイメントの希望の灯となり、どうにか絶やさずに済みそうです。
顧客満足度に、話題性に、思い出に、今だからこそ必要とされるドライブインシアターを、この街にも1度は呼んでみたい。
もちろんベースとして、野外で思いきりイベントやレジャーを楽しめる日が1日でも早く訪れる事を願っています。

イベントのプロデュースについて

本イベントのプロデュースは、キッチンカー専用のポータルサイト(キッチンカーズジャパン)の運営、キッチンカー制作、野外イベント「Nuts Party」等を手がけるprove LiFE.LLC(合同会社プルーブライフ)。STAGE TRUCK SNUFKiN(ステージトラックスナフキン)を所有している事から、ドライブインシアター開催には欠かせないスクリーン設置のための「足場」を軽量にする事に成功。
モバイル型でのドライブインシアターが可能となり、費用もより身近になりました。
音響や照明等の設備はもちろん、空間演出に最適なパラソル、椅子テーブル、ハンモックなどのレンタルもオプションで取り揃えています。

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ