大阪府

食べ物

水を使用しない「ミルク氷」に、 マスカルポーネのチーズフォームを乗せた 「ふわふわ口溶け!チーズフォームかき氷」を夏季限定で販売開始!

2020.09.06

大阪の天王寺公園エントランスエリア内にある「SORAIRO KITCHEN(ソライロキッチン)天王寺 inてんしば」で8月25日(火)、4種のチーズフォームかき氷を夏季限定で販売致します。

水は一切使わずに使う水分は牛乳のみ。それぞれのフレーバーで味を加えた自家製の「ミルク氷」。口に入れた瞬間、溢れるミルク感に“ふわっ”となめらかなくちどけは、新食感なかき氷です!
削った氷の上には、それぞれのフレーバーの味に合わせて仕上げた、マスカルポーネのチーズフォーム。北海道産のあっさりなめらかなマスカルポーネに、ほんの少しチェダーチーズパウダーを加えることで、コクもプラス。

暑すぎる真夏日が続く今だからこそ、ぜひお楽しみいただきたいかき氷です。

【メニュー】
■宇治抹茶「チーズフォーム氷」
宇治抹茶を使うことで、ビターで芳醇な抹茶の香りをお楽しみいただけます。抹茶を使ったチーズフォームで仕上げはさらに濃厚に。大人女子には、おすすめのかき氷です。
価格:1,200円(税込み)

宇治抹茶「チーズフォーム氷」

■ヘーゼルチョコ「チーズフォーム氷」
イタリア産ヘーゼルナッツとチョコのクリームで仕上げた氷は、ほんのり香ばしく。チーズフォームとの組み合わせは、濃厚なチョコもどこかサッパリ。甘ったるすぎないから、男性でも食べれる食べやすさ。
価格:1,200円(税込み)

ヘーゼルチョコ「チーズフォーム氷」

■シチリアレモネード「チーズフォーム氷」
こちらは牛乳ではなく、シチリアレモン氷を使用。サッパリとした氷に、瀬戸内レモンと北海道産マスカルポーネのさっぱりしたクリームを合わせました。レモンの爽やかさは、暑い夏の日にピッタリです。
価格:1,200円(税込み)

シチリアレモネード「チーズフォーム氷」

■トリプルマンゴー「チーズフォーム氷」
マンゴーソースをたっぷり使用して作ったミルク氷。その上にのせたチーズフォームにも、マンゴーピュレをたっぷりと使用。仕上げに、生のマンゴーを上にトッピング。マンゴー好きにはたまらない逸品。
価格:1,300円(税込み)

トリプルマンゴー「チーズフォーム氷」

SORAIRO KITCHEN(ソライロキッチン)天王寺 inてんしば

住所: 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町5-55
アクセス: JR 天王寺駅 徒歩3分
営業時間: 11:00~22:00
定休日: 12月31日
平均予算: ランチ1,300円/ディナー 3,000円
席数: 店内106席 テラス66席

新着

新着

注目の記事

京都府

お花見

星のや京都 雅な屋形舟「翡翠(ひすい)」を貸し切り水上のお花見「奥嵐山の花見舟」開催

都府・嵐山にある全室リバービューの旅館「星のや京都」は、2021年3月25日~4月10日の期間、「奥嵐山の花見舟」を開催します。星のや京都専用の雅な屋形舟「翡翠」を貸し切り、大堰川(おおいがわ)の上から奥嵐山の歴史ある桜と風景を愛で、和菓子とロゼスパークリングワインを味わうお花見です。京都の職人技の粋(すい)をあつめた雅な屋形舟「翡翠」で、平安絵巻さながらの優雅な時間を過ごすことができます。

--

食べ物

ルビーチョコレートを使った新商品「ショコラバウムクーヘン(ルビー)」も登場!ISHIYAの恋するチョコレート『バレンタイン・コレクション2021』

白い恋人のチョコレートをベースにした商品「恋するチョコレート」の2021年バレンタイン・コレクションを1月13日(水)から、ISHIYA直営店、オンラインショップ、関東、中部、関西エリアのバレンタイン特設催事にて販売しています。

--

観光

客室内で完成・完結、お持ち帰りできる地域色豊かな体験~「界のご当地おこもりグッズ」提供開始

全国に展開する星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」は、2021年1月12日より、全施設で「界のご当地おこもりグッズ」の提供を開始しました。感染拡防止を万全にしながら、それでもワクワク感や新鮮な発見がある旅を楽しんでいただきたい、そんな思いから地域の伝統工芸品や文化にちなんだプログラムを、客室でご自身だけで完成・完結できる体験を用意します。

三重県

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.43 桑名宿~四日市宿編 恐怖のギロチン工場とか間違えないで萬古焼とか

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

三重県の桑名から四日市へと向かったのは爽やかなある年のGW時期。本来であればここは比較的単調な区間なのですが、突如現れたのは恐怖のギロチン工場。その正体やいかに。

ピックアップ

ピックアップ