コロナに負けない!岩手県の老舗酒蔵「世嬉の一酒造」が ノンアルの新商品を開発!「こはるコーラ」

2021.01.17

岩手県一関市にある老舗酒蔵 世嬉の一酒造株式会社は、酒造では珍しい、ノンアルコール飲料 クラフトコーラ「こはるコーラ」を2021年1月18日(月)に新発売いたします。

コロナ禍で清酒、クラフトビールの飲食店への出荷が落ち、当社が展開する郷土料理レストランも昨対比50%を切る状態で大打撃を受ける中、新しい商品開発で活路を見出し、クラフトコーラ「こはるコーラ」の発売に至りました。

>詳細はこちら

クラフトコーラ「こはるコーラ」とは

名前にあるように、地コーラ(炭酸飲料)です。クラフトコーラ「こはるコーラ」は当社で醸造する手造りのクラフトマンシップのある地場産飲料です。

クラフトコーラの開発経緯

当社の地ビールブランド「いわて蔵ビール」において、震災後の2009年から地場産麦芽でビールづくりの研究を行っておりました。その過程で清涼飲料水も開発しようと2010年ビール醸造技術を応用して実は地コーラの研究は行っておりました。

商品開発はある程度完成し、展示会などで評判もよかったのですが、コーラの開発の途中から既存商品である地ビールがクラフトビールブームもあり、ビール醸造(既存商品の生産)することで手一杯になり一時中断しました。

2020年コロナウイルスにより緊急事態宣言が発令、全国の飲食店への出荷も止まり、工場の余力ができました。特に、夜の飲食店へのアルコール需要が減り、当社も大変な時期を迎えました。時間と工場の余力もあることから、2020年4月頃から商品開発を再開させ、「こはるコーラ」が完成いたしました。

アルコールだけでなくノンアルコールを醸造することで、ビアバーや居酒屋だけではなく、新たな販路を獲得することで家業を守っていこうと考えております。

「こはるコーラ」の特徴

こはるコーラは、自然原料だけを使用し、また砂糖も一切使用せず醸造した炭酸飲料です。

こはるコーラの主原料は地元で育つ「小春二条大麦」です。小春二条大麦を糖化し、甘みをだします。これはビール醸造や水あめを作る過程と一緒になります。
また、こはるコーラには様々な香辛料を使用します、ナツメグ、コリアンダー、ショウガなど、これもビール醸造の手法を活用しています。

結果として、砂糖や香料を一切使用せず、天然素材だけを使用した炭酸飲料になります。
老舗酒屋が対象としていなかったお子様にも安心してご提供できる商品です。

「こはるコーラ」のデザイン

こはるコーラのデザインは東北らしさ、地元を代表する地コーラになるために、こけしをイメージしています。味は1種類ですが、こけしの顔6種類、同ラベル6種類あるので、組み合わせは36通りなります。

コロナ禍でストレスの多いご時世ですが、味だけでなく見た目からもどこかほっとする飲料になってほしいとこのデザインにしました。

販売前に、第7回 新東北みやげものコンテストで“お取り寄せ特別賞”受賞!

「新東北みやげものコンテスト」はバイヤーや消費者の皆様に向けた商品PRと販路開拓を支援するためのコンテストです。第7回となる今回は史上最多273商品の応募がありました。

その中で、審査によって受賞54商品を選定され、さらにその中から「こはるコーラ」が“お取り寄せ特別賞”を受賞し、各方面からも注目を浴びております。
>新東北みやげものコンテストオンライン展示会

こはるコーラの販売戦略

自社のネット販売や自然食品のスーパー、宅配会社、オーガニックカフェ、インテリアショップなどに販売予定。また、当社がお付き合いのできなかった、高速道路のサービスエリア、道の駅などノンアルコールだと販売できるところで販売していこうと考えております。

こはるコーラ

容量: 330ml
価格: 450円(税別)/495円(税込)
原材料: 麦芽、りんご果汁、レモン果汁、コリアンダー、ナツメグ、ショウガ
保存方法: 常温保存
賞味期限: 6か月
製造会社: 世嬉の一酒造株式会社(〒021-0885 岩手県一関市田村町5-42)
TEL: 0191-21-1144

>販売サイト
>世嬉の一酒造ホームページ

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ