どらやきメーカー茜丸の創業80周年記念商品第2弾! 洋風どらやき「YODORA」を1/14にインターネット限定発売

2021.01.30

創業80周年になる老舗の餡(あん)とどらやきメーカーである株式会社茜丸は、創業80周年記念商品第2弾として洋風どらやき「YODORA」(ラズベリー・抹茶・マンゴー・あんみつ・ブルーベリー)を2021年1月14日インターネット限定で発売しました。

茜丸は長年にわたり「茜丸五色どらやき」を始めとしたどらやきを製造販売しており、累計5,000万個販売しています。発売後30年になり、発売当初30歳だったお客様でも現在では60歳となり、顧客層の高齢化など、食品メーカーの取り巻く経営環境は厳しいものがある一方で、どらやきはギフトの定番でもあり、次世代の柱になる新たなコンセプトの「どらやき」の開発が課題になっていました。
そこで、以下をテーマに商品開発を進めました。

1. 和の商品であるどらやきを洋風のフレーバーと併せる
2. 茜丸五色どらやきの思いを継承し、5種のフレーバー展開とする
3. コロナ時代に適応し、インターネット限定の販売とする
4. 見た目に美しい色味を表現する。

一つ一つ表情の違う、個性豊かな“味”を楽しんでいただくために、フレーバーの要になる「果汁などの材料」と「バタークリーム」の配合を何度も何度も繰り返し研究し、風味と色のベストマッチを探し出しました。たとえば、matchaは抹茶粉を8%配合し、よくある抹茶風味のお菓子よりしっかりと抹茶の苦味と風味を感じられるフレーバーに仕上がっています。口の中に広がる名前やカラーに負けない、本格的な香りや味を是非、楽しんでください。

<YODORAの個性豊かなフレーバー>
mango/マンゴー

マンゴー

マンゴーの果汁をたっぷり練りこんだバタークリームにドライマンゴーを加え、さらにマンゴー感をプラス。チョコチップやカシューナッツの食感がアクセントに。

raspberry/ラズベリー

ラズベリー

ラズベリー風味のバタークリームに、ドライラズベリー、ブルーベリーを加えた爽やかな酸味をプラス。ドライイチジクとアーモンドが楽しい食感を演出します。

blueberry/ブルーベリー

ブルーベリー

ブルーベリー風味のバタークリームに、ドライラズベリー、ドライクランベリー、レーズンをプラス。隠し味のブルーチーズが、クリームの甘味やベリー類の酸味を引き立てます。

matcha/抹茶

抹茶

抹茶粉8%配合したバタークリームに、ラムレーズンを配合し、カシューナッツもフィリングに。抹茶の確かな苦味の中にレーズンの酸味のアクセントが病みつきになります。

anmitsu/あんみつ

あんみつ

あんこ入りのバタークリームにパイナップルとみかんの存在感ある組み合わせ。求肥のもちっとした食感が楽しく、まさにあんみつをぎゅっと凝縮した仕上がりです。

・冷凍発送
・賞味期限:製造日より冷凍1ヶ月、解凍後要冷蔵3日
・冷蔵庫で3時間ほど解凍してからお召し上がりください。
・アレルゲン物質:卵/小麦/乳成分(全フレーバー)、大豆(mango、blueberry、matcha、anmitsu)、アーモンド(raspberry、blueberry)、オレンジ(mango、matcha)、ごま(matcha)

■販売場所
>楽天市場
>本店

■販売価格
・1箱5個入り(マンゴー、ラズベリー、ブルーベリー、抹茶、あんみつ各1個)
標準価格  :3,500円(税・送料込み)
先行販売価格:3,000円(税・送料込み)

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ