茨城県の新星パティスリー「KUU洋菓子店」がグランドオープン  濃厚なのに驚きの軽さの “ガトーショコラ”が大評判

2021.02.15

茨城県石岡市で1880年創業の老舗呉服店、株式会社マエノは経営理念である「しあわせで心豊かな笑顔のシーンを提供する」に基づき、食べた人をしあわせにするお菓子を提供する「KUU洋菓子店」を2021年1月21日にグランドオープンしました。

プレオープンから大好評

日頃お世話になっている地元石岡市の皆さんを招待して、1月16日にプレオープンを実施。開店からひっきりなしにお客様が来てくださり、予定数のケーキが午前中からどんどんなくなってしまいました。追加で作って並べても、15時にはショーケースが空っぽに。皆さんの期待を感じて、嬉しいプレオープンとなりました。

甘くないだけじゃない、KUU洋菓子店のケーキ

KUU洋菓子店の美味しさの秘密は、粉と砂糖をギリギリまで減らして作っていること。自慢のガトーショコラはグルテンフリー。小麦粉を使っていません。
「シンプルなものほど違いが出る。食材本来の風味を引き立たせることで砂糖を減らし、甘味料などは使わずに安心安全で体にやさしいお菓子を提供しよう」という考えで作っています。粉や砂糖を減らすとお菓子のバランスが崩れがちですが、パティシエがケーキ1つごとに製法や材料の配合を試行錯誤して選び抜き、香り高く風味豊かな味を作り上げています。美味しさと体へのやさしさを両立させた、思わずもう1つと手を伸ばしたくなるケーキです。

試食で評判が広がった、グルテンフリーのガトーショコラ

最初、ショーケースの中でなかなか売れなかったのがガトーショコラです。スリムなガトーは、パウンドケーキほど馴染みがありません。しかし、実はお店イチオシの自信作。
一般的に濃厚なガトーショコラは、美味しいけど重たいという印象があります。ですが、KUUのガトーは小麦粉を使用しないグルテンフリー。メレンゲで生地を作っているため、口に入れたらスーッとなくなってしまう軽さ。濃厚なのにすっと消えてしまう驚きがあり、その美味しさは「食べてもらえたらわかるはず」という思いがありました。実際に試食で出しましたら、オススメした多くのお客様が購入を即決。「ガトーショコラは絶対買ったほうがいい」と薦めていただける商品になり、オープン1週間で4人に1人が購入していくほどの人気商品となりました。甘さも控えめ、コーヒーやお酒にもよく合います。バレンタインのプレゼントや、自分のご褒美スイーツにもオススメです。

ガトーショコラ(抹茶・チョコ)

ガトーショコラ
・抹茶・・・・1,600円(税別)
・チョコ・・・1,500円(税別)

小麦粉不使用のため、グルテンフリー。地元小美玉(おみたま)産の新鮮な卵を使用。
チョコレートは、アリバ産(エクアドル)。抹茶は、宇治抹茶を使用。

KUU洋菓子店

所在地: 〒315-0001 茨城県石岡市石岡2643-5
TEL: 0299-23-0236
アクセス: [車]石岡小美玉スマートインターより5分、千代田石岡インターより10分
[電車]常磐線「石岡駅」より徒歩約20分

新着

新着

注目の記事

愛知県

観光

ディープなローカルツアー “「三河里旅」×「とよた宿割」”で お得にマイカーで巡る御朱印旅

地域で暮らし地域を深く知るガイドが三河の山里でしか体験できない唯一無二の旅を提案する「三河里旅」のローカルツアー。そんな三河里旅より、とよた宿割を利用することで食事や宿泊・休憩が等が半額になる日帰りツアーが登場。2日間限定のお得なツアーをお見逃しなく。

沖縄県

観光

「ウィンドサーフィンデビューステイ」プランが登場【リゾナーレ小浜島】

周囲に高い山や建造物など障害物がない小浜島は、どの方位からも風が吹き、風を操って楽しむウィンドサーフィンの聖地と称されています。
日本最南端の八重山諸島に位置する離島のビーチリゾート「星野リゾート リゾナーレ小浜島」に、2021年12月1日~2022年2月28日の期間、マンタ柄のセイルでウィンドサーフィンに挑戦するプラン「ウィンドサーフィンデビューステイ」が登場します。

沖縄県

伝統

観光

文化

うちなー滞在記vol.11「三山時代にタイムスリップ~護佐丸の築城と松並木~」

沖縄に移り住んで早一年が経とうとしています。一年前に吹いていた風、冬へ向かう空気の冷たさが思い出されます。

「うちなー(沖縄)でやっていけるだろうか」

「うちなーんちゅ(沖縄の人たち)と私は何が違うのだろう」

当初、そんな不安と好奇心とを抱きながら生活していました。しかし、様々な人と接するうち、不安は徐々に解消されていきました。

「うちなーには様々な国籍を持つ人たち、本土(沖縄以外の日本)の人たちが暮らしている」ことは心強さを与えてくれました。

「うちなーには様々な異文化との交流の歴史があった」ことを知れたのも、大きな理由の一つです。

そして、風習や言葉の違いは “違い” として尊重し、残そうとしているうちなー文化に触れているうち、「違うことは当たり前」「違っていて良い」と思えるようになりました。

さて、今回は時をさかのぼること600年。三山時代に築城されたといわれる沖縄本島中部・読谷村(よみたんそん)の世界遺産「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」をご紹介します。

ピックアップ

ピックアップ