【星野リゾート】行き場を失う生乳のフードロス問題への取り組み ~リゾナーレ那須でミルクジャムの製造を開始・提供予定~

2020.06.01

日本の伝統や文化を活かしたおもてなしを追求し、国内外に42施設を運営する星野リゾートは、新たな「食」への取り組みとして、「星野リゾート リゾナーレ那須」(栃木県・那須町)でミルクジャムの製造を開始しました。生乳の生産量は、4月から6月にかけてピークを迎える中、昨今の新型コロナウイルス感染症による影響で、学校給食や外食産業における牛乳および乳製品の消費量の低下とフードロスが問題視されています。今回は、「森林ノ牧場」で今後生じる可能性がある牛乳のフードロスを防ぐべく、星野リゾートが「ミルクジャム」として製品化し、行き場を失う生乳の廃棄の減少を目指します。あわせて、安心して旅をすることができる時期に備えて提供の準備を進めています。

実施背景

新型コロナウイルス感染症が拡大し、全国の学校給食や外食産業における牛乳および乳製品の消費量の低下が生じています。生乳生産のピークでもある4月から6月にかけて、乳業メーカーの乳製品の製造能力を超えてしまい、行き場を失った生乳を廃棄せざるを得ない状況に陥るおそれがあります。(農林水産省:国内の牛乳・乳製品の需給状況)。
生乳生産は、乳牛の病気を防ぐため毎日搾乳し続ける必要があり、生産量を短期的にコントロールすることができません。そんな中、農林水産省は、日本の牛乳を救う「プラスワンプロジェクト」を2020年4月21日よりスタートしました。当リゾートでも、この状況化における危機回避に賛同し、協力したいという思いから、本活動を開始させました。栃木県・那須町で運営する日本初のアグリツーリズモリゾート「星野リゾート リゾナーレ那須」では、地域の生産活動を軸とした滞在の提案をしています。
今回は、リゾナーレ那須が位置する那須町の牧場「森林ノ牧場」で、今後生じるかもしれない牛乳のフードロスを防ぐために、搾乳した牛乳を乳製品へと加工し、行き場を失う生乳の廃棄の減少をさせたいと考えています。

搾乳した牛乳を「ミルクジャム」へ

今回、牛乳を活用する方法としてあがったのは、「ミルクジャム」の製品化です。使用する牛乳は、ジャージー牛。ジャージー牛の牛乳は、香り・味が良いことが特徴のため、この特徴を生かした製品化を目指します。また、搾乳した牛乳を加工することで、長期保存することができ、さまざまな用途で活用することができます。昨今のコロナウイルス感染症の状況からも、すぐに当リゾート内での消費を目指す訳ではなく、安心して旅をすることができる時期に備えて準備を進めています。

星野リゾート リゾナーレ那須

本取り組みの舞台となる「星野リゾート リゾナーレ那須」は、2019年11月に開業した日本初のアグリツーリズモリゾートです。アグリツーリズモとは、イタリア語のアグリクルトゥーラ(農業)×ツーリズモ(観光)の造語。生産活動を軸に、アクティビティや食事などのリゾートでの体験を通して、那須の大自然に触れながら滞在を満喫することができます。施設内の農園「アグリガーデン」では、年間約180種類の野菜やハーブを育てるほか、田んぼでは米も育てます。

(日本初のアグリツーリズモリゾート 「星野リゾート リゾナーレ那須」)

浜田統之(はまだのりゆき)

本取り組みのリーダーを務めるのは「浜田統之」です。フランス料理で培った経験を活かした手法で、那須で搾乳された牛乳をミルクジャムへと昇華させます。

■プロフィール

1975年、鳥取県生まれ。18歳からイタリア料理の世界で腕を磨き、24歳でフランス料理に転身。2013年、ボキューズ・ドール国際料理コンクールフランス大会本選で世界第3位となり銅メダル獲得。2016年、星のや東京料理長。2017年、ボキューズ・ドール国際料理コンクール30周年記念ガラディナーで、約1,500名の世界の食通を前に魚料理を提供した経験をもつ。

那須の自然と人とジャージー牛の牧場「森林ノ牧場」

栃木県・那須町にある森林ノ牧場は、リゾナーレ那須と、朝食の牛乳の出荷・提供を行っているという提携関係にあります。当牧場では、日本の乳牛の0.6%しか飼育されていない希少な牛ジャージー種を飼育し、放牧で飼育することで、四季によって風味が異なる牛乳の生産をしています。
また、搾乳された牛乳は、「低温殺菌」で自社にて加工し、より搾りたての生乳に近い風味を保った牛乳の生産にこだわりをもっています。昨今のコロナウイルス感染症の影響を受け、自身でも乳製品の加工などを行いながら、当牧場も搾乳した生乳の廃棄を検討しなくてはならない状況にありました。できることを考えている中、星野リゾートからの取り組みの提案に賛同し、ミルクジャム製作のための牛乳を新たに出荷いただくこととなりました。

本取り組みリーダーの浜田、リゾナーレ那須の総支配人松田が、4月某日森林ノ牧場へ訪問し、代表の山川氏へ牛の特徴、牛乳の品質についてお話を伺いました。その後、今後の取り組みに関しての議論を行いました。



同日、リゾナーレ那須内の農園「アグリガーデン」で、使用できそうなハーブを収穫し、ミルクジャムの試作をいたしました。

今後の展開(予定)

製造したミルクジャムは、皆さまが安心して旅を楽しめる時期に向け、当リゾート内の施設およびレストランにて提供する方法を検討し、実施を目指します。
また、星野リゾートは、これまでに「旅」を形作る上で欠かせない要素として、その土地ならではの食材や食文化の提供を大切に考えてきました。今回の取り組みを皮切りに、星野リゾートでは、「もったいないプロジェクト」を立ち上げます。今後は、リゾナーレ那須のみならず、様々な食材で発生することが懸念されるフードロス問題へ取り組んでいきたいと考えています。

星野リゾート
ラグジュアリーブランド「星のや」、温泉旅館「界」、リゾートホテル「リゾナーレ」、都市観光ホテル「OMO」、ルーズなホテル「BEB」の5ブランドを中心に、国内外で42施設を運営。
>星野リゾート公式サイト

星野リゾート リゾナーレ那須
2019年11月に開業した日本初の「アグリツーリズモリゾート」。那須岳の山裾に位置する広大な大自然の中で、地域の生産活動に触れる体験を軸に、コースやビュッフェで楽しむ食事、四季の自然を遊ぶアクティビティ、快適な客室で過ごす時間を満喫することができます。
>星野リゾート リゾナーレ那須

森林ノ牧場
栃木県・那須町にある那須の自然と人とジャージー牛の牧場。濃厚でコクのあるジャージー牛乳本来の甘さと、さらっとした後味の搾りたてに近い風味の牛乳、チーズやバターの製造を行っています。リゾナーレ那須の朝食で人気の森林ノ牛乳をはじめとする乳製品も通販で販売中。
>森林ノ牧場

新着

新着

注目の記事

神奈川県

買い物

食べ物

老舗和菓子屋がサブスク!? 名物ゴーフレット『鎌倉半月』が定期的にたっぷり届きます

鎌倉の老舗和菓子屋「鎌倉五郎本店」がサブスクリプションを開始いたします!『鎌倉半月』は、お菓子の通販サイト「パクとモグ」で16年連続ご注文数第1位を獲得した大人気スイーツ。地元・鎌倉では「半月さん」と呼ばれたりするほど愛されている代表銘菓です。その『鎌倉半月』から、定期的に届く『鎌倉半月たっぷり定期便』が誕生しました。
「鎌倉五郎本店」のシンボルである月うさぎが、みなさまのご自宅に鎌倉スイーツをお届けします。一般販売の受付は3月25日(木)よりオンラインショップで開始。みんながハマるこの味を是非サブスクでお楽しみください。

静岡県

飲食店

まるで銭湯!? 熱海温泉がテーマの“チーズスイーツ”専門店が初登場! チーズファクトリー「熱海ミルチーズ」3/20(土・祝)オープン

株式会社フジノネは、「熱海温泉」と「お風呂」をテーマにチーズとお風呂の定番『牛乳』を使用した本格チーズスイーツをお楽しみいただけるチーズケーキファクトリー「熱海ミルチーズ」を2021年3月20日(土・祝)10時よりグランドオープンしました。
当店は、熱海スイーツブームの先駆けとも言われる「熱海プリン」がプロデュースしており、熱海ならではのレトロ可愛い“新感覚チーズケーキ”を多数お届けします。

神奈川県

観光

横浜・石川町のゲストハウス「ヨコハマホステルヴィレッジ」の屋上プライベートガーデンがグランピングテントを設置した『BEANSTALK(ビーンストーク)』としてリニューアル

国内外のバックパッカー向けのゲストハウス「ヨコハマホステルヴィレッジ」の屋上が、遠出をせずに身近で気軽に非日常体験を味わえる都市型グランピング空間「BEANSTALK(ビーンストーク)」してリニューアル。通常のゲストハウスの宿泊プランとセットで販売開始。

京都府

伝統

観光

文化

【東海道五十三次ふらっと-flat-完歩】Vol.53 大津~三条大橋 後編 そしてゴールの三条大橋へ!涙の完結編!

『東海道五十三次ふらっと-flat-完歩』とは…
ふとしたきっかけで東海道を歩き、その魅力に目覚めた筆者が、旧東海道に沿って、五十三次、約500㎞をテキトーに歩き、永い歳月をかけてついに完歩してしまった感動巨編!(ただし全米は泣かない)。

時間がある時にぶらっと出かけて、気の向くままに歩くシステム。よって歩く順番もランダム。名所旧跡を語るより、街道沿いの人々や風俗(変な意味ではない・・・と思う)、B級スポットなどを、ときどき妄想も入れつつ紹介し、いつか現代の十返舎一九と呼ばれたい。

いよいよ東海道ふらっと完歩涙のゴール!テキトーに細切れに、都合2年間かけて京都三条大橋に到着しました。始めた頃は本当に完歩するか半信半疑だったけど、こうしてコンプリートできたってことは、それだけ旧東海道が魅力的だったんだなと思います。日本人なら一度は東海道ふらっと完歩、やるべきだと思います(笑)

東京都

買い物

食べ物

今年はおうちで春を楽しもう! 東武百貨店で“イエナカお花見”を楽しめる商品

東武百貨店 池袋本店では桜の開花を目前に控えたいま、お花見を楽しむ商品を充実させており、2021年3月18日(木)より食品フロアで開催している「SAKURAふぇす」では、春らしい東武限定品のお弁当やオードブル、スイーツを販売します。その他、桜をイメージした食器や、桜の盆栽など、イエナカお花見を演出するアイテムを展開しています。
昨年に続き本年も、コロナ禍で外でのお花見を楽しむことが難しい状況が続いています。そこで当店では、「イエナカお花見」で春の訪れを感じてもらえる商品展開に注力しています。

ピックアップ

ピックアップ